スポンサーリンク

最新ネタバレ『呪術廻戦』203-204話!張相の覚悟

スポンサーリンク

芥見下々「呪術廻戦」203話より引用

羂索がアメリカ大統領との「保護」を契約した時、天元は九十九と「星漿体」について踏み込んだ話をしています。

何故、天元は同化を拒否したのかでしたが、天元は拒否した訳ではないと言い、こうなる事は予想できたと言います。

この答えに九十九が激怒している時、何者かが結界内に侵入してきます。

その侵入者はなんとアメリカで契約をしていた羂索でした。

そして、その羂索の前に立ちはだかるのが因縁を持った張相です。

羂索は張相に天元は何処だと居場所を聞き出そうとしますが、当たり前のように張相は答えません。

羂索は「終わりの可能性」について映像を見せながら張相に説明し始めたのです。

羂索は自身の探求を交え説明していき、天元と非術師の同化はかなり面白いと言います。

そして、本当に面白いのか検証したくなったと説明します。

この話を聞いた張相は身勝手極まりない羂索に、怒りを見せます。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』203話!のネタバレ 

それでは『呪術廻戦』203話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

作戦

羂索が結界に侵入してきた時、こたつの部屋で天元、九十九、張相の3名の内の誰が先に出るのか?について話し合っていました。

そこで名乗りを上げたのが張相です。

九十九は「死ぬぞ」と釘を刺しますが張相が引くことはありません。

そして、自身が先に出て羂索の呪霊や術式情報を引き出して九十九に繋ぐことが最善だと主張します。

その張相の主張に対し九十九は再び「死ぬぞ」と言いますが、張相に迷いはない様子です。

これには張相も命を引き換えにしても羂索を殺せればそれでいいと考えており、羂索のこれまでの行いを許せるはずはなかったのです。

 

スポンサーリンク

張相VS羂索

命をかけた張相は羂索に「穿血」を放ちますが、羂索はそれを見事にかわすと同時に呪霊を放ちます。

その後は、2人は攻防戦を続けますが、羂索は余裕を見せている様子です。

戦いの最中、張相は「悠仁に何をさせるつもりだ」と質問します。

これに対し羂索は、悠仁に具体的な役割があるわけではないと意外な事を口にします。

ですが、その言葉に続き羂索は悠仁が生きていることが元凶だと言います。

これを聞いた張相の怒りは爆発し、羂索こそが元凶で悠仁ではないことを断言します。

するとこの間に、冷静沈着な羂索は下からこっそり呪霊を這わせていました。

そして、それが張相の足をとらえると、袋叩きにした後で暴言を浴びせつけます。

更に呪力で強化した「低級呪霊」を大量に張相に差し向けました。

これにより、格の違いを見せつけられた張相は一瞬でダメージを負う無残な姿となってしまいました。

 

スポンサーリンク

張相の意地

張相と羂索の戦いを見守っている天元と九十九。

天元は思わず九十九の名を呼びますが、九十九は「まだだ」と発言します。

これは張相自身は相当なダメージを受け倒れています。

ですが、意識ははっきりとしており張相自身が自分の不甲斐なさに苛立ちを感じていたからです。

そして、また弟たちを面白くないなんて言わせないと心を震わせる張相。

「九相図兄弟ファイヤー!!!」と気合を入れて立ち上がってきました。

 

スポンサーリンク

『呪術廻戦』ネタバレ203-204話のまとめ

アメリカ大統領と契約していた羂索でしたが、何と突如として結界内に侵入してきたのです。

そして、その侵入してきた羂索の前に立ちはだかったのが張相でした。

張相は羂索が結果内に侵入してきた時に、天元、九十九、張相の3名の内の誰が行くかの作戦会議で、自身が出ると主張したのです。

それは命を落としても羂索を殺せればそれでいいという思いと、羂索の呪霊や術式情報を引き出して九十九に繋ぐことがベストだと判断したからでした。

これを聞いた九十九は張相に「死ぬぞ」と進言します。

ですが、張相の気持ちに迷いはありませんでした。

こうして、九十九に再度「死ぬぞ」と言われた張相は、覚悟を決めて羂索と対峙することになるのです。

この戦いで最初に「穿血」で攻撃したのは張相でしたが、羂索に見事に交わされると呪霊を放たれます。

そして、互いに引かない戦いの中で張相は「悠仁に何をさせるつもりだ」と聞きます。

羂索は何もさせないと意外な事を口にしますが、全ての元凶は悠仁だと断言したのです。

芥見下々「呪術廻戦」203話より引用

この羂索を聞き、「お前こそ全ての元凶だ」と張相は怒りを爆発させました。

ですが、余裕を持っていた羂索は下からこっそりと呪霊を這わせており張相を捕らえると袋叩きにしたのです。

更に強化した「低級呪霊」を差し向けたのです。

戦況を見守る天元はこの張相のピンチに九十九の名前を呼びます。

ですが、九十九は「まだだ」と言って張相を見守ります。

そう、張相はダメージを負っていながらも意識はハッキリしており、自身の不甲斐なさに苛立ちを見せていたのです。

そして、弟達を思い心震わせる張相は「九相図兄弟ファイヤー!!!」と気合で立ち上がります。

特級の強さをまざまざと見せる羂索、気合と意地で立ち上がった張相。

次週、張相が一体どんな姿を見せるのか、204話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『呪術廻戦』205話!九十九VS羂索・・

⇒『呪術廻戦』204話!最高な兄ちゃん・・

⇒『呪術廻戦』202話!11月16日0時・・

⇒『呪術廻戦』201話!保護・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA