最新ネタバレ『約束のネバーランド』112話!考察!野良鬼出現!アンドリューの凄惨な死!!

スポンサーリンク

前回、シェルター爆破を生き延びたアンドリューの追撃を受けたエマたち。

仲間を殺され、ドミニクとアリシアは人質にされてしまいます。

 

そして今回、銃声をきっかけに状況は展開。

さらに鬼の登場で逆襲から一転、アンドリューは凄惨な最期を迎えることに……!!

ということで、アンドリューの死に注目して112話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』112話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

それでは『約束のネバーランド』112話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

二人の遺志を継ぐオリバーの銃撃!!

死んでいったユウゴたちを馬鹿にし、発狂したように笑うアンドリュー。

怒りに顔を歪め、銃を構えるエマ。

直後に響いた銃声。

アンドリューの手や肩を正確に射抜いたそれは、オリバーの銃撃でした!

「今だ!!」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

人質を助けるため動き出すエマとザック。

撃たれたアンドリューは一瞬遅れてようやく状況を把握します。

「関節の破壊?正確に?あいつか!!」

なおもアンドリューに銃口を向け続けるオリバー。

心中にはユウゴとルーカスに銃の扱いを教わった思い出が甦ります。

「俺達をナメるなよ!!」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

二人がオリバーの中に生き続けていることがはっきり伝わってくる、熱い展開でした!!

 

凄惨な死!野良鬼に食われるアンドリュー!!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

舌打ちするアンドリュー。

アリシアを無事保護するザック。

足を撃たれ動けないドミニクにはアンドリューが迫ります!

「踏み殺してやるぁ!!!」

 

その瞬間、銃を構えるレイはユウゴの言葉を思い出します。

「子供が背負う必要はねぇ」

手を汚すなというその言葉。

それでもレイはユウゴに謝り、アンドリューの頭に銃口を向けます!

「背負う覚悟はもうできている!!」

レイが人を殺す覚悟を決めたその時。

 

「死ねェ!!ブタ共!!食用生物がァッ!!」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

叫んだアンドリューの背後には、突如現れた野良鬼が……!!

巨大な口を開け、アンドリューを襲います!

アンドリューは壮絶な悲鳴と共に頭から丸呑みに!!

その隙にその場から逃げるエマたち。

後には血だまりとアンドリューの眼鏡だけが残されました。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

さんざん食用児を罵倒した末の、鬼に食われるというアンドリューの皮肉な最期。

あっという間だっただけに、丸呑みにされた姿がかなり衝撃的なシーンとなりました!!

一方、野良鬼の出現があと一歩遅ければ、止めを刺していたのはレイだったはず。

今回は免れましたが、いつかは敵を手にかけることになるんでしょうか?

人間と戦うことになった時エマたちがどうするのかは、今後も大きなポイントになりそうですね。

 

追悼の涙 ユウゴとルーカスの最期を知る仲間たち

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

仲間の遺体に布をかけて弔い、みんなで集まるエマたち。

全員に、命をかけて仲間を守ったユウゴとルーカスの最期が伝えられます。

二人との思い出を回想するジリアン。

二人がもういないことを実感し、大声で泣き叫びます。

ジリアンに触発され、次々に泣き始める仲間たち。

「いいよ今だけは泣こう」

ジリアンを抱き締め、涙を零しながら言うポーラ。

号泣はさらに大きくなっていきました。

 

普段クールなポーラまでが涙を堪え切れない様子。

仲間たちの悲しみの深さが伝わってきます。

俯き、歯を食いしばるエマの表情も印象的でした。

ユウゴたちの遺志を継いでみんなを引っ張る立場から、涙は流さないと覚悟を決めているようでもありますね。

 

スポンサーリンク

フクロウ型偵察カメラ発見!地下迷路放棄!?

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

一方、一人で森を歩くレイは何かを発見、矢で狙います。

ドサっと仲間の前に落としたのは、フクロウ型のカメラでした。

追撃するアンドリューにエマたちの居場所がバレていたこと、シェルター襲撃時に敵がカメラの死角を衝いて近付いてきたこと。

その理由がこのカメラだと指摘するレイ。

「もっと早く気づくべきだった」

「思えばこいつはずっと近くにいた尾行されていたんだ…!」

 

103話や107話などで度々登場していた怪しげなフクロウは、やはりラートリー家の偵察でした!

そしてこれによって安全と思われた吸血樹の地下迷路も危険に。

レイは、カメラが一つとは限らない上、この場所もラートリー家にバレているかもしれないと、地下迷路の放棄を提案します。

確かに羽の模様が違っているように見えるフクロウがいることもあり、レイの懸念は正しそうです。

でもここを出てどこに?

戸惑う仲間たち。

そこでエマは、新しい手がかりを伝えるためオリバーを呼びます。

 

新たな手がかりの元へ!みんなに呼びかけるエマ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

エマに促され、ルーカスが最後に受けたミネルヴァを名乗る電話の内容をみんなに話すオリバー。

ミネルヴァが生きているのか、支援者の生き残りなのか?

味方であるとしても、ミネルヴァが暗号で伝えた場所に辿り着くためには危険を伴う旅が必要です。

様々な憶測が飛び交う中、あがる不安の声。

ユウゴとルーカスという頼りになる大人や、一年以上暮らして安全な家となっていたシェルターを失ったことは、やはりエマたちにとってかなりのダメージになっているようです。

 

安息の生活はないのか、という声に、ないときっぱり答えるエマ。

その直後、やはりきっぱりと、力強く言います。

「だからそれを手に入れるために私達は戦っているんだ!」

フィルに助けに行くと約束した二年まで後二ヵ月、それまでに世界を変えよう、ユウゴたちの分まで成し遂げようとみんなを鼓舞します。

そのためにもミネルヴァの呼びかけに応じよう、と。

「行こう全員で!この呼びかけの場所へ…!」

エマの言葉で、不安げだったみんなの表情がハッとしたものへ、さらに決意に満ちたものへと変わっていくのが分かるシーンでした。

ユウゴたちの死を乗り越えて、エマはさらに頼もしくなっていきそうです。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

一方、放送がシェルターに届いたかどうかを気にする、ミネルヴァを名乗る人物の後ろ姿。

応じる眼鏡の人物や舞台の幕の様な背景。

自称ミネルヴァにジェイムズと呼びかける眼鏡の人物。

ジェイムズの横顔の印象は元祖ミネルヴァに似ているように見えます。

ウィリアム・ミネルヴァとはやはり別人か?

姿が似ていることから考えると、血縁のラートリー家の人間なのか?

彼の正体がますます気になるところで、112話の内容はここまでとなりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ112話のまとめ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」112話より引用

野良鬼によるアンドリューの死、偵察カメラの発見で濃厚になった地下迷路の放棄、新たな手がかりであるミネルヴァの動き。

アンドリューの死の衝撃や、ユウゴとルーカスの死を実感したみんなの涙、新展開への予感が印象的な112話でした!

 

次回、おそらくミネルヴァを名乗るジェイムズが示した暗号の場所へ向けて旅立つことになると思います。

ジェイムズの正体にも迫っていくだろう次の展開にますます期待したいですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です