最新ネタバレ『約束のネバーランド』124-125話!考察!ミネルヴァ勢力・シスロとバーバラが本格登場!そしてノーマンは鬼との同盟!?

スポンサーリンク

前回、鬼を殺したくないエマの迷いや、ムジカ達のような“例外”の鬼の可能性を話し、全てをノーマンに相談すると決めたエマとレイ。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『約束のネバーランド』123-124話!考察!エマとレイの話し合い!ソンジュとムジカは人型を保てる“例外”!?

訪れたミネルヴァ(ノーマン)の部屋で先客と遭遇、半ば強引に一緒にお茶することに。

 

そして今回、ノーマンの話題で盛り上がるエマ達とミネルヴァ勢力の仲間・シスロ、バーバラ、ヴィンセントの3人。

しかし鬼の話題から和やかな雰囲気は一変!!

さらに計画を早めるノーマンは、駒にしようと鬼と同盟を結ぶ!?

ということで、新キャラ達との茶会とその後の急展開に注目して、『約ネバ』124話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』124話!のネタバレ

それでは『約束のネバーランド』124話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

異様な圧!?シスロとバーバラ

ゴゴゴゴ……と強烈な圧を放っての自己紹介。

クロスの形の刈り上げにピアスの男がシスロ、肉を持つ女の子がバーバラ、そして落ち着いてお茶を出してくれる眼鏡のヴィンセント。

シスロとバーバラの尋常じゃない圧に引き気味のエマとレイ。

そこでいきなりの

「俺達も脱走者だかんな!」

からの、農園潰してる俺達の方がすげぇアピール。

謎の圧の理由はエマ達への対抗心だったようです。

ヴィンセントのアドバイスで、レイがスゲーっすパネーっすと流れるように適当に肯定。

レイの軽すぎるノリにビビるエマ、それで満足げなシスロ達にも驚愕。

 

適当なことを言いつつ冷静に状況観察するレイは、バーバラにノーマンと同じラムダ7214のマークを確認。

そして農園を潰しているという発言から、3人もザジやアダムのように特殊能力を持つ“イレギュラー”と推測。

ボス不在時のボスの部屋で偉そうな彼らを、ミネルヴァ勢力の上層部だと当たりをつけます。

エマ達より年上だと思われるシスロとバーバラ。

圧を放つ表情が面白すぎる、子どもっぽさが際立つ初対面になりました!

 

ノーマン大好き!!で盛り上がる茶会

クリスとドミニクの治療をしてくれたヴィンセントにお礼を言うエマ。

ボスからも聞いた、よくなるといいなと謝辞を受けるヴィンセント。

ボスという言葉に再び圧を強め、あいつの話を聞かせろとエマ達に接近してくるシスロとバーバラ。

「“ボス”だよ ミネルヴァ!ジェイムズ!」

「お前ら的に呼べば…ノッ…“ノーマン”の話!」

なぜかかなり照れた様子で言う2人に何かを察し、固まるエマ達。

すかさずヴィンセントが、2人がボスのことを大好きだと暴露します!

「君達がボスの昔の仲間だからソワソワが止まらないのだ 私もね☆」

「お前もか!!」

というエマ達の内心全力のツッコミ。

乙女のように照れるシスロ達と、ヴィンセントの私もね☆のインパクトがすごいです。

117話では、ザジもボスの命令しか聞かないと言っていましたし、ミネルヴァ勢力が想像以上のボス大好き集団だと明らかになりました!

117話はこちら⇒最新ネタバレ『約束のネバーランド』!驚異の戦闘力!?ミネルヴァの腹心・ザジが鬼を圧倒

 

「だって気になるだろー!!?」

と頭を抱えながら騒ぎ出すシスロ。

アジトの子ども達から昨日のボスは別人だったと聞かされた、どんなだったのか気になると言います。

照れかくしか、かなりの勢いでテーブルに身を乗り出し、エマ達に迫ってくるシスロとバーバラ。

エマは今も昔も変わらないと思うと言いつつ、ノーマンのことを話し始めます。

優しさや頭の良さ、いつもフワっとニコニコ笑っていたこと。

エマの回想には春のほほえみでロイヤルストレートフラッシュを披露するノーマンの姿が。

その言葉にシスロ達は全然ちげぇと大爆笑。

衝撃を受けたエマが今のノーマンのことを聞くと、キリッ、冬、帝王と3人からの答えが。

帝王で思わずブファッとお茶をふき出すレイ。

場の空気はますます和み、5人は、ノーマンは特におねしょはしてなかったとか、風邪を治そうとしてこんなことがあったとか、昔話で盛り上がっていきます!

時は過ぎ、最終的になぜか泣いているヴィンセント。

いい話だったらしいですが、泣いているのはヴィンセント1人。

意外と感情豊かな人物みたいです。

 

スポンサーリンク

シスロが語るノーマンとのこれまで

話は今のノーマンに移っていきます。

ニコニコはしていないけれど仲間思いで、食用児を救うため献身的に尽くしていると。

力の使い道にも気づかせてくれたと言うシスロ。

それはラムダで得た特殊能力。

ノーマン、ヴィンセント、ザジ、シスロ、バーバラの5人は、ラムダ7214で出会った同志。

シスロとバーバラはグッドウィル=リッジ、ヴィンセントはグローリー=ベルと、3人は別々の出身ながら、同じようにラムダの実験で力を得たといいます。

シスロが語る、地獄と言うにも生温いラムダでの毎日。

120話でも触れられていましたが、大勢の食用児達が犠牲となったというラムダではやはり、まさに人体実験が行われていたようです。

物より酷い扱い、というシスロの強烈な言葉。

 

「ボスが来なけりゃ俺も生きてなかった 12のガキが神に見えたよ」

それ以来、ボスが立てた策を同志4人で実行、これまで潰した農園は全て5人で解放してきたといいます。

たった5人で!?

と驚きを隠せないエマ達。

シスロはボスの策と自分達の力に絶対の自信を持ち、安心しろとエマ達に言います。

シスロ達のノーマン好きの背景には、命を救われたことからの心酔や、共に死線を潜り抜けてきた信頼があることを覗わせます。

それにしても本当に5人だけで農園を潰してきたとは……イレギュラー達の戦闘力、底知れませんね。

 

バーバラ激昂!鬼の話から空気一変!!

「ああ楽しみだなぁ 早く奴らを皆殺しにしてぇ」

続いたシスロの言葉に、凍り付くエマの表情。

シスロは鬼を殺すたびにスカッとすると言い、バーバラも同意します。

「ああアタシも ブッ殺して奴らの肉を食うとムカムカが消える」

レイがまさか、と聞くと、持っていた肉が襲った量産農園の職員だと明かすバーバラ。

バーバラが茶会の間にも食べ、ほとんど骨だけになっていた肉は、やはり鬼のものでした。

食用児ばっかムカつく、と、バーバラはこびりついたラムダでの苦痛と、鬼やラートリー家への激しい憎悪を語ります。

その言葉で、固まっていたエマの表情が歪んだ時。

突然テーブルの上に立ち上がり、エマを見下ろすバーバラ。

「何その顔 まさかあんた鬼に同情してる?」

エマの浮かない表情から鬼を殺したくないという本心を見透かし、怒りを爆発させます!

さらにノーマンに相談しようとしていたことまで見透かすバーバラ。

落とした鬼の骨ごとテーブルを踏みつけ、メキメキと破壊していきます!

より声を荒らげたバーバラを止めたのは、異様な迫力のシスロの声でした。

ラムダでの仕打ちを受けたイレギュラー達の、鬼に対する憎しみはすさまじいですね。

鬼への復讐心が計画の大きな原動力になっているようです。

争わない選択肢を探したいというエマの考えとは真逆で、この後どうなってしまうのかかなり気になります!

 

ノーマン、鬼と同盟!?開始された作戦

バーバラが舌打ちと同時に力を抜くと、どの道遅いとヴィンセントが話し始めます。

ノーマンが計画を早め作戦を開始したこと、追っても間に合わず、戻るころには手遅れであること。

ノーマンが何をしているのか問いかけるレイに、駒の一つに会いに行っている、とヴィンセント。

 

一方その頃、手紙を送った相手である“彼ら”と接触するノーマン。

手紙は受け取ったと応じる“彼ら”の傍らには、配達役なのか、ミネルヴァの象徴でもあるフクロウ。

「正式にあなた方と同盟を結びに来た 共にこの世界を破壊しましょう」

ノーマンが語りかけたのはなんと鬼達でした!

手紙の相手が知性鬼だと明らかになったところで、124話の内容はここまでになりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ124-125話のまとめ

現在のノーマンの腹心・シスロ、バーバラ、ヴィンセントとエマ達との茶会。

前半がノーマンの昔話で和やかに進んだ分、後半、シスロやバーバラの鬼への憎悪が際立っていました!

根本的な考えの違いを知ってしまったエマは今後どうするんでしょうか?

 

一方、ノーマンが進める計画も、知性鬼と同盟という急展開。

彼らはどんな立場の鬼達なのか、同盟は成立するのか?

ノーマンが戻るころには手遅れとはどういうことなのか?

ますます謎が深まっていきます。

次の展開からも目が離せません!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です