最新ネタバレ『約束のネバーランド』133-134話!考察!ハウスの中の奇妙な世界!“七つの壁”に導く声!

スポンサーリンク

前回、五摂家との会談を経て、賊徒討伐のため出兵を命じた鬼の女王レグラヴァリマ。

しかしそれは全てノーマンの計画通りの動き。

兵力の分断に成功したノーマンは、8日後のティファリで王・五摂家を殺す、と腹心達に宣言しました!

一方、“七つの壁”に向け扉の先に進んだエマとレイは、そこでなぜかグレイス=フィールドハウスを発見!

 

そして今回、ハウスの中に足を踏み入れるエマ達。

そこでは、

「あそぼ」

の声と共に次々と不可解なことが。

その声の主は、鬼の頂点「読めない文字」!?

ということで、ハウスの中でエマ達を襲う奇妙な現象と、「読めない文字」の声に注目して、133話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』133話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

それでは『約束のネバーランド』133話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

床のドアで分断される2

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

扉の先に進んだエマとレイの前に建つ、グレイス=フィールドハウス。

入ってきたはずの扉は跡形もなく消えていて、引き返すことはできない。

2人は戸惑いながらも、進むしかないとハウスの中に入ります。

そしてエマとレイの目に飛び込んできた、思い出通りの懐かしいハウスの内部。

「確かにハウスだ…本物の?いやでも何か妙だ」

何かに違和感を覚えるレイ。

エマは何も音がしないことに気づき、レイも同意します。

誰もいないのか?

確かめようとしたその時、階上からキャハハハハッという声が。

弾かれたように驚くエマとレイ。

しばらくすると、階段からトントンと何かが落ちてきます。

一見ボールに見えるその物体。

しかしそれには何者かの目玉が!!

さらに、目玉の

「あそぼ」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

の声と共に足下にドアが出現、エマが落ちてしまいます!

「エマ!!」

ドアはすぐに閉まり、2人は離ればなれに!

 

エマはドアから2階のどこかに飛ばされてしまったようです。

レイは2階から聞こえるエマの声を追います!

普通に見えたハウスの内部ですが、目玉の登場で一気に不気味な展開となってしまいました。

謎の声と、いきなり出現して別の場所に飛ばすドア、このハウス、明らかにただの建物ではなさそうです!

 

現れたママ!?レイは小さくなる!?

階段を上りエマを探すレイ。

その時、突如空間がグニャリと歪み、レイに呼びかける声がします。

「ママ…?」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

そこに立っていたのはママ・イザベラと子ども達!?

その背後の空間は奇妙に曲がっています。

おかえり、と困惑するレイをフワッと抱きしめるママ。

レイはすぐに違和感を覚え、距離を取ります。

「誰だお前」

さらに、あそぼ、あそぼ、とレイにまとわりつく子ども達。

コニー、ハオ、セディ……出荷されていったはずの弟、妹達に見えるその姿。

やはりすぐに違う、と気づくレイ。

「誰だお前達」

子ども達に化けたものが白目をむいた、次の瞬間。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

レイがなんと小さな子どもの姿に!!

戸惑うレイ。

 

ママのような何かがおいで、と子ども達に呼びかけます。

すると、あそぼ、とどこからともなく現れる子ども達。

恐怖に歪んでいく小さなレイの表情。

「さあみんなで楽しく遊びましょう」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

そして、ママと子ども達は突如骸骨に変貌、小さなレイに迫ってきます!

ちっちゃくなったレイが可愛い!

ですが、そんなこと言っていられないほど、展開は完全にホラーです。

生死が明らかになっていないママはともかく、現れる子ども達がみんな出荷され死んだはずの子だということが、この場所が現実世界ではないことを象徴しているようです。

また、コミックス5巻37話で分かったように、レイはママが実際に産んだ子ども。

そんなレイの前だけに、ママの姿をした何者かが現れるというのも意味深です。

舞台がハウスということも踏まえると、エマ達の意識が反映された空間なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

変な廊下を壊して合流!

一方、レイと分断されたエマは変な廊下で奮闘していました。

それはどのドアから入っても再び同じ廊下に出てしまう、奇妙な空間。

床や天井にまでドアがあります。

レイも今こうなっているのかもしれない。

必死にレイを呼び、はぐれちゃダメだ、と合流を目指すエマ。

壁を激しく銃撃、壊して廊下からの脱出を試みます。

銃声は小さくなったレイにも届きました。

エマは銃で開けた穴を足で蹴り拡げ、そこから脱出します!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

このシーンのエマ、かなり男前です。

そしてその先の空間は、重力を無視し、まるで階段やドアが浮かんでいるかのようです。

そこでエマとレイは合流。

しかし、レイは足場が崩れ、エマは出てきた穴が消え、落下してしまいます。

あちこちのドアや額縁から落下するエマ達を見つめ、あそぼ、あそぼ、と繰り返す骸骨やおもちゃ達。

エマは顔が引きつるのを抑えられません。

 

そして、ボスッ、ボスッ、と、エマ達は無数のおもちゃのぬいぐるみと共に激しく着地。

ぷはッとぬいぐるみの山から顔を上げるエマ、その姿はレイ同様小さくなっていました!

「なんで!?」

「知らねぇよ!!てかお前こそ」

とお互いの姿を見ながら慌てる2人。

かと思えば、次の瞬間にはいつの間にか元の姿に。

「何なんだ ここは一体何なんだ」

自分の大きさすら定まらない世界に、レイはますます困惑を深めていきます。

普段は冷静なレイですが、だからこそ、こういう常識が通じない状況は苦手なのかもしれません。

 

「読めない文字」の声

そして今度はぬいぐるみ達が、あそぼ、あそぼ、とエマ達に迫ってきます。

舌打ちし、苛立つレイ。

しかしエマは何かに気づいたように、ぬいぐるみに問いかけます。

「あなた…あの時の「読めない文字」だよね?」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

甦る、クヴィティダラの遺跡で聞いた、鬼の頂点である「読めない文字」の言葉。

「ちゃんとおいでよ つぎはいりぐちから」

「そしたらあそぼ」

これまでの、あそぼ、と繰り返す声の主は、やはり「読めない文字」だったんでしょうか。

ちゃんと“入口”から来た、“約束”を結び直したい、と呼びかけるエマ。

この空間はなんなのか?

あなたは今どこにいるのか?

続くエマの問いかけに、「読めない文字」の声が響きます。

ぼくはずっとななつのかべのさきにいる、と。

「みつけてごらん ぼくを…」

「ななつのかべはこのなかにある」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」133話より引用

声が導いたのは、床にあった丸い入口。

2人が中を覗くと、そこには梯子が下へ続いていました。

様々な標識が雑多に貼られ、果物や缶詰が並ぶ狭い空間。

どことなくですが、シェルターを連想させるようでもあります。

「読めない文字」の声がさらなる探索を予感させたところで、133話の内容はここまでとなりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ133-134話のまとめ

謎のハウス内での分断、突如現れ骸骨と化したママと子ども達、歪む空間と小さくなったエマとレイ、そして「読めない文字」の導きの言葉。

あそぼ、の言葉で始まる不気味でホラー的な展開、奇妙な雰囲気が印象的でした!

また、そんなことを言っている場合ではなかったものの、小さくなったエマ達の可愛さにも注目の133話でした。

 

次の展開としては、やはり丸い入口の下へ降りていくことになるだろうと思います。

しかし今回の常識を超えた状況からすると、次に何が待っているのか想像もつきません。

ただ、それでも、

「ななつのかべはこのなかにある」

という言葉から、着実に目的地へ近付いているのは確かです!

いよいよ“七つの壁”に迫っていく展開で、続きも楽しみです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です