最新ネタバレ『約束のネバーランド』137-138話!考察!意識で時間を巻き戻す!辿り着いたのは巨大な立方体の中!!

スポンサーリンク

前回、“七つの壁”を目指し、無秩序な迷路に翻弄されるエマとレイは、壁の正体は時空という物理的限界だという仮説に到達します。

しかし、迷路の果ての砂漠でエマはパズルのピースのように消失、レイも老人となって力尽きてしまい……!?

 

そして今回、小さな姿で復活したエマが気づいた、この迷路が全て潜在意識の投影だということ。

意識が介入できるこの世界では、想像次第で時間を止めて巻き戻すこともできる。

それに気づいた2人はようやく迷路ではない、この場所の“正しい姿”に辿り着きます!

ということで、ついに“七つの壁”と思われる場所に到達する、その過程に注目して、137話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』137話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」137話より引用

それでは『約束のネバーランド』137話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

意識が介入できる世界

全てに絶望し、老人となって砂漠に倒れ込むレイ。

エマやノーマン、そして自分のことすら誰か忘れかけた、その時。

タンスから勢いよくちびエマが復活、レイに呼びかけます!

「私わかったかも!!」

しかしレイ、

「あんだって??」

と既にヨボヨボ。

衝撃を受けたエマ、すかさず引っぱたきます!

「しっかりしておじいちゃん!」

エマの一撃でレイは元の姿に戻りますが、ヨボヨボ姿とおじいちゃん呼びが面白すぎました!

というかレイ、

「あんだって??」

って……前回より明らかに老けちゃってます。

 

とにかく、レイが我に返ったところで、エマは気づいたことを伝えます。

「“七つの壁”は時空でここはめちゃくちゃで鍵はアタマなんだよ」

レイの頭上にはハテナマーク。

確かに読者にとっても、エマのこの一言だけでは意味不明です。

レイの反応を受け、順番に説明を始めるエマ。

時空がめちゃくちゃで不安定なこの場所は、全てエマ達が知る光景で繋がっている。

つまりこの迷路は意識的にも無意識的にも、私達の意識とリンクしている、と。

そこでレイもハッとします。

「つまり意識が介入してる そして意識が介入できるんだよこの場所は!」

要は脳みそ次第、この場所でなら、思い描けば時空も越えられるんだと、必死に言い募るエマ。

まだ信じられない様子のレイは根拠を聞きますが、エマはないと即答。

それでも即座に、さっきちょっとできたと言います。

赤ちゃんに戻るほど小さくなったのは、時間を巻き戻すと強く意識し、止まらなくなったからだと。

そして、レイはなぜおじいちゃんになったり元に戻ったりしたのか?

その引き金はレイの意識だったのではないかと。

思い当たったレイも考えます。

今いる目新しい砂漠、しかしそれも、ミネルヴァのペンの伝承にある10里もの広い場所や、砂のある場所を探していたから。

さらには小さくなったり老いたりする度に、荷物も服も変わっていた。

全てはエマ達の潜在意識の投影。

ずっと迷っていたのは、自分達が混乱してこの場所を正しく認識できていなかったから、とエマ。

きっと時間を止めて巻き戻すことで、この場所の正しい姿が現れる。

それこそが「壁が現れる」ということなんだとエマは言います。

そしてまだ驚いているレイの手を握り、信じて想像して、と促します。

「さあレイちょっくら時間を止めて巻き戻そう」

全ては想像次第という、本当に何でもありな迷路の攻略法が明らかになりました!

確かにレイも考えたように、全てが見知った場所や探していた場所だったり、小さくなったエマ達はグレイス=フィールド時代の服装になっていたりと、意識が反映されている要素はいくつもありました。

そもそも133話のハウスで、分断されたレイの前だけにママが現れたところから伏線だったのかもしれません。

レイが我に返ったことで、その絶望を反映していた鬼のような影もすっかり消えたようです。

 

スポンサーリンク

時間を止めて巻き戻す

全て自分の意識次第、考え方一つで世界が変わる。

エマらしい言葉に、思わず笑うレイ。

「お前本当頭おかしいぞ」

そう言うレイの姿も、いつの間にかエマ同様小さくなっていました。

試す価値はあると、目を閉じるエマ。

実際に今の姿だった、不可能だと考えたこともなかった、小さな頃の感覚を思い出すように。

2人は手を取り合ったまま、心の底から何の疑いもなく、時間を止めて巻き戻せると信じます。

すると動いていた風車は止まり、風景は昼の砂漠から夜の森へと変化し、ついに、エマ達はこの場所の“正しい姿”へと辿り着くことになります!

この風景の変化、ミネルヴァのペンの伝承の、

「砂の間で矢が止まり」

「日が東へ沈むとき」

に対応しているようにも見えます。

やはりこれが正しいルートに間違いなさそうです!

 

気づけばそこは立方体の中!?

そして、気づけばエマ達は、元の姿で広い空間に立っていました。

それは一辺10里の立方体の内部のようでした。

本当に意識が空間に干渉していることに、改めて驚くレイ。

高次元世界やら量子やら、何やら難しそうなことをブツブツ思考します。

やがて何か思いついたのか、「読めない文字」についてエマに何か言いかけますが、その前に何かを発見。

それは宙に浮かぶ、白い枠のようなものに入った、黒い球体のようなもの。

「いや…これ…“穴”だ…」

ついに“七つの壁”か!?

と思われる場所に辿り着きましたね!

そこにあった謎の黒い穴は、間違いなく次回以降の鍵となってきそうです。

それにしても、レイがその思考力で伝承から“七つの壁”=時空という仮説を導き出し、エマが柔軟な発想でそれを越える方法に気づくという、お互いを補い合う絶妙なコンビネーションでの迷路攻略。

今後もこの2人なら、と思わせてくれる展開でした。

というか、信じる力がものをいう世界なら、エマ最強では?

とも思いますね。

 

ノーマン、進軍開始!

一方、現実世界、ミネルヴァ勢力のアジト。

連続した銃声が響きます。

的の中心付近を射抜いたのは、オリバー、ザック、ナイジェルの撃った弾でした。

その腕前を褒めるシスロとバーバラ。

ヴィンセントも、さすが猟場からの脱走者、それ以外の子ども達も見事な訓練を受けていると、彼らを戦力に数えます。

なぁボス、というヴィンセントからの呼びかけに、あくまで彼らは後方支援だと答え、ギーラン達の動向について尋ねるノーマン。

全て計画通りと応じるヴィンセントに、ノーマンはさらに質問を重ねます。

「アレの用意は?使えそうか?」

ヴィンセントはこれにも恐らく間に合うと肯定。

そして、馬やアダムに似た屈強そうなメンバーが揃う中、ザジやバーバラを始め精鋭を従え、ノーマンがいよいよ王・貴族打倒に動き出します!

「では我々も動こう」

「目指すは王都 進軍する!」

ノーマンが準備させているアレというのもかなり気になりますが、アダムに似たメンバーがたくさんいたことにも驚かされました。

彼らもアダム同様、ラムダ出身で特別な身体能力を持っているとすると、相当な戦力ですね。

ということで、ノーマンが着実に計画を進めていることが分かる王都への出発シーンで、137話の内容はここまでとなりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ137-138話のまとめ

空間に意識が介入できるというエマの気づき、強く信じ、時間を止めて巻き戻すことで辿り着いた立方体の内部、開始されたノーマンの進軍。

時間を巻き戻す過程の風景の変化が印象的で、お互いを補い合い、同調できるエマとレイの絆の強さも感じられた137話でした!

 

ついに“七つの壁”と思われる立方体の内部に辿り着きましたが、ノーマンは早くも王都への進軍を始めてしまいました。

たとえ時空を超越した空間とはいえ、急ぐに越したことはなさそうです。

まずは、立方体の中で見つけた黒い穴は何なのか?

レイもまた何か予測していたようですし、いよいよ「読めない文字」にも近付いていく展開で、次回もますます気になります!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です