最新ネタバレ『約束のネバーランド』143-144話!考察!ムジカ達との再会!ソンジュ、刺客を圧倒!!

スポンサーリンク

前回、意見が対立した仲間を最初の食用人類として鬼に差し出した、ラートリー家の祖先・ユリウス。

彼は世界を2つに分ける代償として、仲間を犠牲にした事実からけして逃れられない、2種族間の調停役を「読めない文字」から命じられてしまいました。

一方それから約1000年後、「読めない文字」と相対するエマは、全食用児で人間の世界に、そしてそれを最後に世界間の行き来を不可能にしてほしいという望みを口にします!

 

続く今回、望みの代償に呆然とするエマ。

そんな中、場面はドン達のムジカ捜索に移ります。

ドン達はついにムジカとソンジュとの再会を果たすも、その裏でハヤト達のムジカ殺害計画もまた着々と進み……!?

ということで、ムジカ達との再会やハヤト達の暗躍の行方に注目して、143話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』143話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

それでは『約束のネバーランド』143話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

“ごほうび”にエマ呆然

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

全食用児で人間の世界に行きたい、その後両世界の行き来を不可能にしてほしい。

そう「読めない文字」に願い出たエマ。

それを聞き入れ、代償を要求する「読めない文字」。

その“ごほうび”とは、エマの……?

告げられたエマは目を見開き、呆然とします。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

沈黙の後、思わず漏れる声。

「え」

前回のユリウスの場合や、「読めない文字」の大切なものがいいとの言葉から、代償が生易しくないのは明らか。

さらに、代償は断れないというルールもあります。

エマの呆然自失の表情も相まって内容がかなり気になりますが、ここで場面は転換していきます!

 

ムジカの足跡発見!?

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

一方、ドン・ギルダ・アイシェ・ハヤトの一行はムジカ捜索を続けていました。

ドン達とアイシェが互いの本心を話し、手がかりの馬の足跡を見つけてから3日。

ドンとギルダは、ハヤトの暗躍を知らずに足跡の情報を共有。

足跡の新しさからムジカ達が近いこと、予想以上に早く辿り着けそうなことに気持ちが高まります。

ただ、ノーマン達がアイシェの仇のため、アイシェが人語を話せることはハヤトには黙っている状態。

そんな中続く捜索、ハヤトが新たに見つけた足跡はハズレ。

ムジカ達は身を隠すのが巧く、3日前の足跡以降手がかりは途絶えていました。

 

しかし直後、アイシェの犬が何かに気づき吠えます!

それは一見足跡には見えない、消したと思われる痕跡。

その形や大きさ、歩幅などを分析するギルダ。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

そしてドンがムジカの足跡だと確信します!

アイシェも何かを察知、ギルダも頷きます。

今朝か昨日の夜についたと思われる足跡、アイシェが察知したのは残り香だったようです。

ついに逢えると、ドン達は足跡が続く方向へ向かいます!

全員で協力しての捜索の間もハヤトの元気なノリは変わりませんが、その裏に殺害計画を隠しているわけで複雑です。

意外と隠し事がうまいというか、元々のキャラのせいもあってか全く怪しまれておらず、計画には適任だったようです。

そのハヤトにアイシェのことがバレていないのは、ドン達にとってはプラスになりそうですね。

 

スポンサーリンク

邪血殺害計画!

一転、足跡発見を喜ぶドン達を冷ややかに見下ろすハヤト。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

「邪血見つけた 見つけましたよボス…!」

それまでの元気なノリとのギャップもあり、ハヤトの顔が怖すぎます。

そこから場面はハヤトの回想へ。

ハヤトはヴィンセントからあるものを受け取ります。

ハヤトに対し、邪血を見つけたらまずジン達と連絡をとるように言うヴィンセント。

ドン達に怪しまれないようその場を離れず、邪血に気づかれないよう印も上げず連絡するために。

ハヤトに渡されたものは、ボタンを押すだけでジンに現在地を伝える発信器でした!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

邪血殺害計画
  1. 邪血の近くに迫ったら、ハヤトが一定間隔おきにボタンを押し居場所を知らせる
  2. ハヤトの導きでジン達が静かに回り込み、邪血を包囲
  3. ラムダの力で邪血を葬る

ハヤトはこの計画通り、ムジカ達の所へ向かうドン達を追いながら、誰にも悟られないよう着々と、ジンとアダムに似たラムダの兵達を導いていきます!

ノーマン立案のこの計画。

ドン達だけでなく、アイシェやその犬達にも気づかれていません。

ハヤトは内心でドン達に騙すような真似をと謝りつつも、全食用児の未来のため、ボスの命令だと、邪血殺害の意思を強くします!

大体の計画が明かされましたが、まだまだ未知数の強さを持つだろうソンジュに対しては、これで十分なのか疑問です。

ノーマンがソンジュの力量を予測しきれていないのか、それともまた別の策があるのか、果たして……?

 

ムジカ達との再会

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

馬に水をやりながら、ソンジュにあなたも休んだら?

と問いかけるムジカ。

ついに再登場となりました。

やはり再登場のソンジュ、俺はいい、そろそろ、と言いかけたところで、何者かの気配に気づきます。

ある木の裏に呼びかけ、いるのはわかっている、出て来いと告げるソンジュ。

ザッ、と、両手を上げて木の裏から出てきたのはドンとギルダでした!

やや恐る恐る言われた久しぶり、の言葉に、ムジカも2人だと気づきます。

ムジカ達に駆け寄るドンとギルダ。

ギルダは思わずムジカに抱きつきます。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

「会いたかった…会いたかったぁ…!!」

「元気だった?大きくなったわね二人共 どうしたの?」

とムジカ。

久々の再会に感激しつつ、ギルダは経緯を説明しようとします。

鬼なので当たり前ですが、以前と全く変わらない可愛い姿でのムジカ再登場でした!

一方成長したドンとギルダへの言葉は、親戚のお姉ちゃんっぽくもあって微笑ましいです。

しかし、つかの間和んだ空気ですが、直後には一変することに!

 

奇襲にソンジュ応戦!?

ギルダが話し始めようとした時、ハヤトが動きます!

邪血の姿を捉えたら発信器のボタンを続けて3度押す、それがジンとの取り決めでした。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

ハヤトが3連続でボタンを押します。

直後聞こえた物音にアイシェが素早く反応、警告なのか、鬼語で何かを叫びます!

咄嗟にフードを被るムジカ。

次の瞬間、ムジカ達はジンとラムダの兵達によって包囲されていました!

樹上から狙いをつけるジン達、アイシェを刃物で拘束するハヤト。

ジンは驚愕するドン達に謝り、言い放ちます!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

「邪血の鬼は俺達が始末します」

しかしさらに次の瞬間、ジンの背後にはすでにソンジュの姿が!!

その桁外れの身体能力に、ムジカ以外の面々は驚きを隠せません。

何だこいつ、と混乱するジンの首元にソンジュの刃が突き付けられます。

余裕の笑みと共に放たれた言葉。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

「始末する?誰が?誰を?」

刺客であるジン達を圧倒したソンジュの発言で、143話の内容はここまでとなりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ143-144話のまとめ

告げられた代償に呆然とするエマ、ムジカ捜索の裏で進む邪血殺害計画、ドン達とムジカの再会、そしてジンとラムダの兵達による奇襲とソンジュの応戦。

音もなく一瞬で木の上にいる敵の背後をとれる、ソンジュの桁外れの身体能力が際立っていました!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」143話より引用

最後の台詞はジン達に絶望感を与えたんじゃないでしょうか。

戦闘となった場合、ソンジュがさらなる実力を見せ圧倒するのか、ジン達が善戦するのか注目です。

また、ハヤトに拘束されてしまっていますが、今回ムジカ達に鬼語で警告してくれた様子だったアイシェにも、何か動きはあるでしょうか。

アイシェならハヤトを振り払うこともできるのではと思います。

さらには、かなり気になるところで場面転換してしまった、「読めない文字」からエマへの“約束”の代償とは何なのか?

という問題も。

注目点が多く、どちらの視点も次の展開から目が離せないですね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です