最新ネタバレ『約束のネバーランド』106話!考察!唯一の活路!ついにシェルター脱出!!

スポンサーリンク

前回、シェルターを襲撃したアンドリューの銃とガスによる攻撃、迫る包囲で絶体絶命の状況に陥ってしまったエマたち。

 

そんな中、別行動していたルーカスとロッシーの活躍が鍵となり、何とか活路を見出し、ついに脱出を決行!!

果たして……!?

 

ということで、シェルター脱出への活路と、決行の行方に注目して、『約束のネバーランド』106話の内容を紹介していきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』106話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

それでは『約束のネバーランド』106話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

絶体絶命!!迫る決断

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

敵に知られた通路、封鎖された出口。

防火戸でガスから逃れるも、見つかれば殺されるのは時間の問題。

「ここから逃げなければでもどうやって?」

苦悩するエマたち。

 

しかし、襲撃者アンドリューもすべてを想定していたわけではない様子。

アンドリューの想定外の4つの事実
  1. 60人以上という予想を超える人数が生き残っていたこと
  2. 急襲にも関わらず避難が早かったこと
  3. 七つの壁の存在を知っていたこと
  4. シェルターに武器や図面にない部屋があること

などから、支援者が隠し持っていた情報が不完全だと考えます。

アンドリューが武器の存在やすべての部屋を把握していないとすると、98話で隠し部屋に電話をかけてきたフード姿の支援者は、まだ生き残っているのでは?

という希望が出てきます!

 

一方、迫る包囲の中で打開策を探るレイは、襲撃者を殺すしか道はないという考えにたどり着いていました。

大人数で気づかれず包囲を抜けるのは不可能、たとえできたとしても追手が残る。

「家族を仲間を守るなら敵全員を殺すしかない」

ただ、敵が人間だということで、レイの苦悩は増します。

自分はともかく、エマや他の多くの仲間には人は殺せないだろう、と。

確かに、これまでエマたちが戦ってきたのはすべて、自分たちを食らおうとする鬼。

同じ人間が相手となると、相手が殺す気でかかってくるとはいえ、簡単に決心できることではないですよね。

 

「俺はともかく」と、家族のためなら手を汚せるような発言にレイらしさを感じます。

ユウゴやジリアン、ナイジェル、エマも、レイ同様、敵の防弾やガスなどの装備やこちらの人数から、それぞれ不利な状況を意識。

「一つのミスが全滅に繋がる…」

考えている間にも、刻一刻と包囲の手が迫ってきます……!

 

スポンサーリンク

ロッシー合流!包囲を崩す活路!!

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

エマとレイを呼ぶオリバー。

その後ろには、息を切らしたロッシーが。

ルーカスと共に別室にいたロッシーがここで合流。

エマたちにルーカスの無事、モニターを壊すこと、敵を1人倒したことなどを伝えます。

 

104話で、ルーカスが敵から奪った通信機を預かっていたロッシー。

⇒最新ネタバレ『約束のネバーランド』104話!シェルター脱出計画!ルーカスの奮闘!!

エマたちの所へ走りながら、アンドリューが部下に出す指示を聞いていました。

それを元に地面に地図を書き、今の敵の位置を探るエマたち。

手書きの地図はラフだったと思いますが、ここでは読者にも敵との位置関係が分かりやすいよう、ちゃんとした地図を入れてくれてます!

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

即座に北の廊下が手薄だと見抜き、

「行ける!」

と判断。

ロッシーの大手柄を褒めるレイ。

状況は殺伐としてますが、嬉しげなロッシーがほほえましいです。

そして、もはや毎回のことですが、早すぎる判断。

エマたちの頭の中がどうなってるのか気になります……。

 

とにかく、北の廊下の、前を塞ぐ唯一の敵が非常路に降りてくる前につっきれば、包囲を逃れられるという活路が見えてきました!

敵がそんな隙を見逃した理由を疑問視するオリバーに、ロッシーがルーカスの考えを伝えます。

 

敵は電話のある隠し部屋と武器庫の存在を知らないのではないか?

武器の存在と図面にない部屋。

ルーカスの予想は、アンドリューの想定外と完全に符号しています。

さらに、ルーカスからの

「モニター室を壊したらいつもの出入口を開けてくる」

という伝言。

出入口前にいる敵は任せろ、ということなのか、めちゃくちゃ頼もしいです!

「決まりだ」

ルーカスの活躍に後押しされ、エマたちは、武器庫を突っ切りいつもの出口まで駆け抜けるという、唯一の活路に踏み出していきます!!

 

スポンサーリンク

駆け抜けた先に……脱出成功!!

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

気づかれる前に……!

全力で非常路を走るエマたち。

出口の敵を制圧するルーカスを助けようと、オリバーとポーラが先に行きます。

レイが通信機から敵の動きを察知。

敵の非常路への侵入は目前に!

 

一方、ルーカスは出口の敵を背後から銃撃。

サイレンサーを使っているのか静かで、オリバー・ポーラの到着より早い鮮やかな制圧。

これで敵8人のうち2人を倒しているわけで、ルーカス大活躍ですね!

ただ、アンドリューが銃声を通信機からしっかり聞いているのが不気味です。

そして、ルーカスの活躍とみんなの疾走の結果、ついにエマたちはシェルターからの脱出に成功しました!!

 

スポンサーリンク

決死のユウゴ&ルーカス!墓場には打ってつけだ

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

脱出成功とルーカスとの再会を喜ぶ年下組。

それもつかの間、ユウゴとコンタクトを交わすルーカス。

ユウゴも同じ考えの様子で、みんなを集めて告げます。

「今の内だ逃げろ」

 

自分とルーカスは残りの襲撃者を倒してから行く、と。

なら自分たちも、というジリアンやレイたちに、先に行け、と促す2人。

ぐしゃ、とレイの頭を撫でるユウゴ。

このシーンのユウゴの切ない表情が何とも言えません。

家族のためなら、たとえ手を汚してでも、と、レイが悲壮な覚悟を決めていたことを、ユウゴは分かってたんですね。

大人に任せとけと言い、エマたちを先に逃がします。

大人組、めちゃくちゃかっこいいですね……!!

 

敵から奪った防弾服とガスマスクを装備し、アンドリューたちを待ち受けます!

「俺達の墓場には打ってつけだ」

敵はあと6人。

楽に勝てるとは思えません。

果たしてどうなってしまうのか!?

ユウゴとルーカスの戦いの行方がかなり気になるところで、106話の内容はここまでとなりました!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』ネタバレ106話のまとめ

白井カイウ・出水ぽすか「約束ネバ」106話より引用

出口を塞がれ、包囲が迫る絶体絶命の状況から、ロッシー・ルーカスの活躍を鍵に活路を見出し、ついにシェルターからの脱出に成功。

躍動感があり、ルーカスとユウゴ、大人2人の男気も際立つ106話でした!

 

アンドリュー率いる襲撃者との戦いの行方は?

果たして2人は無事に切り抜けられるのか!?

ますます目が離せない展開となっていきそうです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です