最新ネタバレ『約束のネバーランド』166-167話!考察!侵入作戦!グレイス=フィールド占拠!!

スポンサーリンク

前回、イザベラがエマ達の脱走後、グランマとなり、ピーターと協力関係となっていく過程が回想された約ネバ。

その後場面は現在に戻り、対面するイザベラとピーター。

ピーターの要請を受け、イザベラは子供達を“処理”するために動き出しました!

そんな中、エマ達のグレイス=フィールドへの侵入が始まります!

 

そして今回、3手に分かれ、人質奪還と安全確保に奔走するエマ達。

鮮やかな手際で子供達を助けていきますが、ピーターは、出口は全て塞いだと余裕を見せます。

退路を絶たれたかに見える状況の中、エマ達がとった手段とは……!?

ということで、エマ達の侵入作戦に注目して、166話の内容をお届けしていきます!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』166話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

それでは『約束のネバーランド』166話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

カウントダウン

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

突如停電したグレイス=フィールドに、侵入者を告げる警報が鳴り響きます。

場所は地下7階の動力室。

ピーター始め、イザベラや鬼達もエマ達の侵入を察知。

問題ない、とある鬼が言います。

20秒で全階が予備電源に切り替わる。

5、3、2、1とカウントダウンが始まります!

 

人質奪還計画

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

時間は少し戻り、3日前、11月10日。

エマ達は森に潜伏し、ミネルヴァのペンでグレイス=フィールドの見取り図を広げ、計画を練っていました。

まるで蟻塚のように広がるグレイス=フィールド内部。

人質にされたみんなはどこにいるのか?

問うシスロに、恐らくここだ、とレイが地下2階の第2備品庫を指差します。

だろうな、ここならあの人数を最小警備で閉じ込めておけるとヴィンセントも同意。

極力、シスター達の人目にもつかない、とノーマンも同意見のようです。

スムーズに意見が一致していますが、よく見取り図を見ただけで監禁場所を特定できるな、と思います。

フルスコアと同じ結論に辿り着けるヴィンセントも、かなり頭が良さそうです。

そして話は進み、グレイス=フィールドの警備へ。

エマが鬼の職員が30〜40匹常駐していると言います。

でもそれはミネルヴァさんが生きてた頃の話だろ、と言うナイジェル。

すかさずノーマンが、スミーの情報でも似たような話だった、妥当な数だろうと言います。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

ただし、グレイス=フィールドでは鬼の約半数が盗難抑止の警備兵、さらには100人以上のシスター達がいる。

貴族ほどではないにしろ腕利き揃いの鬼達と、人間職員のシスターを合わせれば跳ね上がるその人数。

加えてラートリー家と王兵2000。

エマ達はどう攻略していくんでしょうか?

 

時間は少し進み、今朝、11月13日。

王兵がグレイス=フィールドに到着します。

偵察から、やっぱり連中は王兵を農園の外に配置してる、とシスロ。

シスロ、いくらラムダの力が桁外れとはいえ、怪我を負っているはずですが大丈夫なんでしょうか。

このまま侵入にも参加していたら驚きです。

ともあれ、2000の王兵は入りきらない以上、外を固めるだろうとエマ達も予想していました。

予定通り作戦決行、このまま3手に分かれて侵入する、とノーマン。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

「侵入後まずすべきは人質の奪還と安全確保 すみやかに地下2階第2備品庫を目指す」

そしてフルスコア3人、オリバーやザック・ジリアン・ドン・ギルダ達、ヴィンセントやナイジェル達の3手に分かれ、いよいよ侵入が始まりました!

 

上からの奇襲!

時間は再び現在に戻ります。

エマ達の侵入を察知したピーターは余裕の態度を崩しません。

それでいい、奴らが来る場所は判っていると。

ピーターも、エマ達が第2備品庫にアタリをつけることは予想済み。

「お手並拝見といこうじゃないか」

そして落ちた電源が予備に切り替わるカウントダウン。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

しかし第2備品庫では、それが0になるよりも一瞬早く、ジリアンやザックが鬼達の上から奇襲を狙っていました!

鬼達より早くそれに気付いたヴァイオレットが目を見開きます!

遅れて気付き、叫ぶ鬼。

「そこだ――!!」

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

次の瞬間、ザックが自分達に注目した鬼達目がけ、閃光を炸裂させます!

暗闇からの突然の光に鬼達が目を回している間に、みんなを誘導し逃げるジリアン。

追うべく体勢を立て直しかけた鬼達に、今度はオリバーが容赦なく銃撃を浴びせていきます!

モニター室の鬼が慌てて第2備品庫に呼びかけるも、応答はなし。

部屋の外の警備は、ドンやギルダ、アイシェ達が制圧したようです。

鬼側は、脱走者とは思えない鮮やかな手際に驚きを隠せません。

それにしても、ザックとジリアンの奇襲、どこから飛んだの!?

とツッコミたくなりますが、細かいことは置いても、かなりかっこよかったです。

背景にうっすら見えている階段、その上から飛んだんでしょうか。

 

スポンサーリンク

ギリギリの救出

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

みんなを誘導するジリアンに、アンナが泣きながら待って、と叫びます。

「ナット達が……!」

前回イザベラが選べと言っていた、最初に“処理”される10人。

選ばれてしまったナット達は、既にある一室に連れてこられていました。

窓から見守るイザベラと鬼達。

イザベラがすぐ終わるわと微笑みます。

室内には薬を噴霧するためと思われる設備、見守る鬼の手にはグプナのための吸血植物・ヴィダ。

どうすることもできない状況の中、突如銃撃の音が響き、固い扉が蹴破られます!

それはエマ・ノーマン・レイの助けでした!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

みんなこっちへ、と叫ぶエマ。

そして次の瞬間、窓越しにイザベラとフルスコア3人が再会します!

「ママ…!!」

冷たい表情から一転、笑みを浮かべるイザベラを、3人は眼光鋭く見つめ返しました。

3人にとってはイザベラが生きていたことも驚きでしょうが、また立ち塞がるのか、という気持ちもあると思います。

3人の闘志に満ちた表情が印象的です。

 

グレイス=フィールド占拠!!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

エマ達も、ナット達を誘導し走っていきます。

追おうとする鬼達ですが、グレイス=フィールドの一室で高みの見物を決め込むピーターは、必要ないと言います。

既に出口は全て塞いだ、敷地外の2000の兵はそのためのもの。

そもそもたやすく侵入できたのではなく、我々がさせたのだと。

子供達も敵が来る、出口も塞がれちゃってどう逃げるの、と不安そうです。

ピーターが不敵に笑い、言います。

「どの道逃げられん」

しかしそんな中、エマ達がとった手段はピーターや鬼達の意表をつくものでした!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

みんなを内部に誘導した後、ガシャンという音と共に閉められた、鋼鉄製のような頑丈な扉。

まだ縛られたままの子供達や、追手の鬼達も驚きます。

予想外の事態を、鬼達はピーターを始めとする上司達に報告します。

奴らは在庫保管室にたてこもりました、と。

驚くピーター達。

エマは、退路が塞がれることは分かっていた、そもそも逃げるつもりなんてない、と言います!

「今からグレイス=フィールド農園を占拠する!!」

エマの力強い宣言で、166話の内容はここまでとなりました!

 

『約束のネバーランド』ネタバレ166-167話のまとめ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」166話より引用

エマ達全員での侵入計画、ジリアンやザックの奇襲、ギリギリでのナット達の救出、そして在庫保管室へのたてこもり。

エマ達の手際の鮮やかさや、グレイス=フィールド占拠という予想外の手段が印象的でした!

ここまでの侵入計画は、ほぼエマ達の想定通りに進んでいるようですが、ピーターがアンナを脅してエマ達の情報を聞き出していたのが不気味です。

加えて、いつまで占拠を続けられるのか、食事や排泄などはどうするのかといった問題も気になります。

占拠という手段を選んだエマ達に勝算はあるのか?

今後の展開に注目です。

最終決戦、次回も目が離せません!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です