最新ネタバレ『約束のネバーランド』170-171話!考察!イザベラの裏切りはラートリーに届くのか?!

スポンサーリンク

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「抜け出したくないですか?」

「この地獄から 運命から」

ラートリーから差し伸べられた手を、イザベラは握り返しました。

こうしてグランマになったイザベラでしたが、シスター達を集めて突然の提案をします。

「私は農園を裏切るわ」

「あなた達の中に私とともに立ち上がる者はいる?」

前任である、グランマ・サラがあっという間に出荷された姿を見て、イザベラは目が覚めたのでした。

結局、自分たちはどこまでいっても家畜に過ぎないのだ、と…。

イザベラの裏切りはラートリーに届くのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』170話!のネタバレ

それでは『約束のネバーランド』170話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

クソくらえよ!!

集められたシスター達はグランマ・イザベラの言葉に驚きを隠せません。

農園を裏切ることは、今までなら死を意味しています。

でもイザベラの言葉はシスター達に響きました。

本当はわかってる。

こんな風に競わされて、誰かを蹴落として、子供達を出荷しても…自分にあるのはどこまでも続く生き地獄だと…。

だからこそ、イザベラの言葉はシスター達を動かしました。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「この服従に未来なんてない」

イザベラの脳裏にラートリーの差し伸べた手が蘇ります。

(クソくらえよ!!)

この手を取り、グランマになってあの子達を助ける!

必ず戻ってくるあの子達を助けるために…!

イザベラはもう完全に目を覚ましていました。

そしてラートリーさえ気づかない自然さで裏切りの準備は進んでいました。

 

スポンサーリンク

逆襲の刻はくる

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「どうする? 私とともに立ち上がるなら、とびきり面白いものを見せてあげる」

グランマ・イザベラの裏切り計画を聞いたシスター達は、みんなイザベラの話にのり、銃を手に取りました。

イザベラにとってみんなでラートリーを裏切ること、これは大きな賭けだったはずです。

中には、これをチャンスと思い密告するシスターがいてもおかしくないのですから。

でも、ラートリーのやり方は腐っていました。

だからシスター達は一致団結して、農園を裏切ることを決めたのでしょうね。

そして今、手に取った銃はラートリーに向けられていました。

 

スポンサーリンク

ママと呼んでくれるのね

子供達は状況に困惑していました。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「ママ…!」

エマは恐る恐るママに近づきます。

イザベラの心はその言葉に反応します。

(“ママ”と呼んでくれるのね…)

ラートリーは想定外の裏切りに取り乱しています。

イザベラは自分もシスター達もみんな敵に回ったことを伝えました。

ギルダやドンはまだ信じられない様子です。

それはそうですよね、特にGF出身の子供達にとって、ママはずっと最強の敵の1人として刷り込まれているはずです。

イザベラはその声も拾っていました。

(ごめんね おかえり 会いたかったわ…そう言って思いきり抱きしめることができたなら…)

イザベラの心は張り裂けそうな思いを隠していました。

 

スポンサーリンク

今は…

イザベラは心の声を押し殺します。

「勘違いしないで たまたま利害が一致しただけよ」

今は、ラートリーを倒すのが先です。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「ブッ壊してやろうと思ったのよ」

イザベラとエマは目が合いました。

エマに対して、イザベラは心の中で語りかけます。

(あなたは私を憎んだままでいい 私を”ママ”なんて呼ばなくていい)

エマの目には、その瞬間、ママが食用児の1人だった子供に見えました。

周りのシスター達も、みんな子供に見えました。

 

スポンサーリンク

ありがとう、ママ!

エマはイザベラもシスター達も同じ恐怖に震える子供だと悟りました。

誰一人変わらない、ママだって恐怖から逃れるためにしていたことだったと突然理解したのかもしれません。

今なら、肩を並べて戦える!

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

「ありがとう、ママ」

エマはイザベラと並んで銃を構えました。

エマだけではなく他の子供達も同じです。

シスター達と子供達はラートリーに向けて銃を構えました。

 

スポンサーリンク

ラートリーの敗走

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

ラートリーに向けて、銃は何丁も構えられていました。

ラートリーにとって、この状況は全くの想定外だったはずです。

「僕に楯突いて…わかってんだろうな!」

しかし、みんなの表情はピクリとも動きませんでした。

みんなは命をかけていて、もう覚悟が決まっていることをラートリーも悟ったでしょう。

自分が負けることが頭をかすめたその瞬間、ラートリーは叫び出しました。

その一瞬、怯んでしまったシスターから銃を奪い、撃ちながら道を作って逃げ出したのです。

ラートリーの表情に余裕は微塵もありませんでした。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

(嘘だ!認めんぞ 僕は負けない!何か手は!)

敗走しながらも、ラートリーはこの状況を打破するための方法を探り始めていました。

子供達にとっては千載一遇のチャンス!

ラートリーを完全に倒すことはできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』ネタバレ170-171話のまとめ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」170話より引用

イザベラの裏切りはラートリーにとって大きな痛手となりました。

ちょっといい気味ですよねw

イザベラの本心は、本当は今までもずっと後悔していたんじゃないかと感じられた今回のお話、ここにきてその真実は切ないです。

許してもらうつもりもない、だからあえて謝らない…そんなイザベラの気持ちをエマはあっさり見抜いています。

エマって本当にすごい子ですよね。

だからエマもあえて「ママ」と呼んだのでしょう。

 

ラートリーは追い詰められていますが、まだ気を抜けません。

無事にGF奪還を果たせるのでしょうか?

次回の展開も目が離せませんね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です