最新ネタバレ『約束のネバーランド』180-181話!考察!約束の真実とは?エマと家族の向かう先は?!

スポンサーリンク

前回では、ついに人間の世界へと突入しましたが、そこにエマの姿はありませんでした…。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

「”ごほうび”はきみのかぞく」

エマとあのお方との約束の真実…。

ごほうびとして要求されたのはエマの1番大切なもの…「かぞく」でした。

でも食べるわけではありません。

食用児を全員人間の世界へ、それも守らなくてはいけない約束です。

「でもきみはかぞくとおわかれだ」

そしてエマは1人、見知らぬ場所に飛ばされていました。

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』180話!のネタバレ

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

それでは『約束のネバーランド』180話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

エマからかぞくをうばう方法

エマは約束が履行された後、吹雪が吹き荒れる見知らぬ場所で倒れていました。

みんなとは違う場所です。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

そこを通りかかった老人がエマを助けてくれました。

暖かい部屋に招き入れ、介抱し、事情を聞こうとしましたが…。

「お前さんどこから来た?なんであんなところに…?」

エマは一瞬言葉に詰まり、恐怖に縛られたような顔を見せました。

「わからない」

エマは記憶を全て失っていました。

 

スポンサーリンク

エマの決意

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

「これまでのきおくも このさきのつながりも なにもかも きみのせかいからかぞくをうばう」

「のぞみはかなえる そのかわりきみはにどと かぞくにはあえない」

それがごほうび(代償)でした。

エマはあのお方とその話をした時に決意していました。

それでもみんなを助けたい!

家族に囲まれて笑っている自分…その夢は叶わなくても…。

エマはどこか悲しげな笑顔を浮かべ「わかった」と答えました。

 

スポンサーリンク

おじいさんとの暮らし

名前も自分がどこから来たかも親の存在も、何を聞いてもエマは答えられません。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

エマの持ち物の中に身元が分かるものはありませんでした。

更に、おじいさんはエマの所持品の中に銃があったことも気になっていました。

それでも相手は子供です。

「寝床とメシなら用意できる いずれ思い出すかもしれん 焦らず休め」

と優しく声をかけてくれました。

「ありがとう…」

この場所は近くに村もなく電波も入らず、春になるまでどこにも助けも呼べません。

エマとおじいさんは2人だけの静かな暮らしを過ごしました。

 

スポンサーリンク

名前を呼ぶ誰か

エマがおじいさんと暮らすようになって、1ヶ月後がたちました。

「何か…思い出せたか?」

「…ううん ごめんなさい…」

それは真実とは少し違います。

エマは、誰かが名前を呼んでいることに気づいています。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

「エマ」

その相手の顔は霞がかかっているようにはっきりとは見えないけれど、たくさんの人が”エマ”と声をかけています。

「あなたたちは誰?エマって誰?」

エマはまだ思い出すことができません。

「でもいいなぁ あったかい ここはきっと天国なんだ」

エマはその暖かい記憶に手を伸ばそうとしますが…

その瞬間、その記憶は霞の如く消えてしまうのです。

そこでいつも目が覚めてしまいます。

「またこの夢…」

…エマの強い思いが夢に現れているのでしょう。

 

スポンサーリンク

おじいさんの家族

幸せな夢から目覚めてしまったエマは、おじいさんが家の中にいないことに気づきます。

おじいさんは外にいました。

おじいさんが立ち尽くしていた場所は、壊れた家屋が広がる先です。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

数えきれない数のお墓が目の前に広がっていました。

「ワシの家族じゃよ」

おじいさんは告白しました。

かつて戦争が起き、今は自分だけが取り残されていたのです。

「辛いね…」

エマはやっとそう答えました。

「あぁ辛い…」

「だがワシがここにいて覚えている限りはワシは家族や友人と一緒にいられる」

辛くてもおじいさんが1人、この地に住むのにはそんなわけがありました。

 

スポンサーリンク

涙が出るの

「お前さんの家族も探してやれたらよかったんだが…家族がいて生きていたら会いたいだろう?」

おじいさんは1人ぼっちのエマに自分を重ねていたのかもしれません。

もう失った自分には取り戻せなくても、エマにはまだ希望があります。

「わからない…何も憶えてないから」

エマは苦しい気持ちを吐き出しました。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

「あの夢を見た次の日は心がギューっと苦しくなる」

「憶えてないのに 知らない人達なのに 目が覚めたらまた忘れてしまうのに…あったかくて恋しくて…わけもわからず涙が出るの」

エマの目から大粒の涙がこぼれ落ちました。

 

スポンサーリンク

新しい生活

エマはあの日、心のうちをさらけ出しました。

でも心のどこかでわかってもいました。

これから先も記憶もそれまでの自分も失った全てはもう戻らないということ。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

でも今はそれでいいと思えるようになりました。

新しい名前、新しい自分。

明日に向かって今日を生きていくと決めたのです。

月日が流れたからか、もうあの夢も見なくなっていました。

 

スポンサーリンク

すれ違う運命

その日、エマはおじいさんと街に買い物に来ていました。

家や人がたくさんの街にやってきて大興奮のエマ。

はしゃいでいます。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

おじいさんとエマが歩いたその後ろ…そこにはエマを探しにきたレイやゲルダの姿がありました…。

2つの点は交わることなくすれ違います。

エマとレイ達は再会を果たすことができるのでしょうか?!

そしてエマは記憶を取り戻すことができるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

『約束のネバーランド』ネタバレ180-181話のまとめ

今回のお話では、エマとあのお方との約束の真実が判明しました。

エマは嘘はついていないかもしれませんが、やっぱり自分を犠牲にしていたんですね。

あれ程、夢に見ていた新世界での家族との暮らしを奪われてでも、みんなを救いたかったのでしょう。

白井カイウ・出水ぽすか「約ネバ」180話より引用

おじいさんとお墓の前で話すシーンは、エマが滅多に見せない弱さを見せるとても貴重なシーンだと思います。

それにしても、エマはその持ち前の明るさでどこに行っても強く生きていける女の子ですね!

街に降り立ったエマとレイ達…。

今はすれ違っていますが、レイはきっとエマを見つけ出すでしょう。

記憶を奪われているエマはどんな反応を見せるのでしょうか?!

この先の展開がとても気になりますね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です