スポンサーリンク

最新ネタバレ『終末のワルキューレ』67-68話!考察!人類最高の天才科学者と動く蠅の王

スポンサーリンク

アジチカ×梅村真也×フクイタクミ「終末のワルキューレ」67話より引用

ラグナロクの第7回戦の結果は、大きな波紋を起こしました。

特に神々達は、ハデスの敗北と人類代表のリードを許してしまう事に衝撃を受けます

それを快く思わない神々達は、静かに怒りを燃やして行きます。

勝利を得た人類代表の始皇帝は、戦乙女のアルヴィトと共にその代償として肉体に大きなダメージを負ってしまいました。

ブリュンヒルデとゲルの前に、アダマンティンが襲来。

その攻撃を止めたのは、何と神代表のベルゼブブだったのです

ベルゼブブは、ブリュンヒルデ達を助けましたが、人類への激しい憎悪を見せつけて行きます。

その最中、療養中の釈迦は、人類代表の坂田金時と遭遇。

彼は、金時にラグナロクを揺るがすジークフリートを調査して欲しいと依頼します

ブリュンヒルデと大きな関わりがあるジークフリートが、どんな影響をもたらすのか気になります。

そして、第8回戦に出場する闘士達が誰になるのか楽しみです。

それでは、今回も終末のワルキューレ67話について思う存分語って行きましょう。

 

スポンサーリンク

『終末のワルキューレ』67話!のネタバレ 

それでは『終末のワルキューレ』67話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

ブリュンヒルデ、とある人類代表の部屋へと向かう

戦乙女のブリュンヒルデは、大激怒して叫んでいました。

ラグナロクの第6回戦を戦った釈迦が、病室から勝手に抜け出した事が許せなかったのです

妹のゲルは、釈迦が心配だとフォローします。

それでもブリュンヒルデの怒りは、いつまでも収まりません。

ゲルは、話題を変えてブリュンヒルデのご機嫌を取ろうと画策。

神代表のベルゼブブが感情を露わにした事について、素直に驚いたと言いました

ブリュンヒルデは、瞬時に冷静になります。

彼女は、ゲルに神々にとって第7回戦の冥王ハデスの敗北が受け入れがたい事実だったと教えました。

ゲルは、考え込んでいる内にブリュンヒルデの背中に激突。

ブリュンヒルデ達の前には、厳重な扉があったのです

ゲルは、この部屋は何かとブリュンヒルデに質問します。

ブリュンヒルデは、次の第8回戦に出場する闘士の部屋だと告げます。

ブリュンヒルデは、前に進んで行きます。

すると扉の上からレーザーが彼女の目に照射されます。

光は、ブリュンヒルデの網膜に触れて読み込んで行きます

しばらくすると、OPENの文字が光り鍵が開いて行ったのです。

 

いやー、冒頭から大爆笑でした。

クールなブリュンヒルデが、感情を剥き出しにして怒り狂っている姿が最高

美しい美貌が台無しでした。

本当に釈迦が自由過ぎますが、憎めません。

そんなブリュンヒルデとゲルは、ある部屋に到着。

その中には、第8回戦に参戦する人類代表が居たのです。

金融機関の様なセキュリティの高い扉が、現代風です。

ブリュンヒルデの網膜認証で、厳重な鍵が解除

一体、どんな闘士が姿を見せてくれるのか非常に興味深いです。

 

スポンサーリンク

ブリュンヒルデが紹介する魔法使い

ゲルは、ブリュンヒルデと共に部屋の中へと進んで行きます。

彼女は、近代的な雰囲気の通路を見て誰の控室なのかと質問。

すると、ブリュンヒルデは、呪文を唱えながら体を回転させて飛び跳ねました。

そして、ここにいる闘士は、人類史上ただ1人の魔法使いだと答えたのです

ゲルは、その言葉の意味が全く理解できません。

すると、突然、真っ暗な場所に踏み入れます。

ゲルは、驚いて叫び声を上げてしまいました。

そこには、無数の書類が散乱し、多くの人々が床に倒れていたのです

ブリュンヒルデは、ゲルに心配いらないと言い放ちます。

彼女は、ここにいる者達が疲れ果てて眠っているだけだとも教えました。

室内の天井や壁には、無数の方程式が描かれていました

ゲルは、改めてブリュンヒルデにここが何なのかと問い詰めて行きます。

すると、何かを黒板に書く音が聞こえてきます。

そこには、1人の男性が黙々と記入を続けています。

その者は、美しいと呼称連発。

完全なる物理法則は、この世界で最もかけがえないと呟いていたのです

ブリュンヒルデは、男性を見て相変わらずだと話しかけます。

そして、彼をテスラと呼んだのです。

その人物は、世界的に画期的な発明をした科学者ニコラ・テスラだったのです

 

遂にラグナロク第8回戦に出場する闘士ニコラ・テスラが姿を見せました。

学者風の者達が、疲れ果てて部屋で眠る中、黙々と計算を続けています。

とても個性的で癖のあるキャラクターに感じます

ブリュンヒルデも、彼を魔法使い呼ばわりする所もポイントです。

踊りながらドヤ顔で決める彼女には笑えます。

ブリュンヒルデとニコラ・テスラのやり取りから目が離せません。

 

スポンサーリンク

科学を愛する二コラ・テスラ、戦乙女ゲンドゥルと対面する

ゲルは、自分の目の前にいる男ニコラ・テスラを見て驚きを隠せません。

彼女は、彼が交流電気発生装置や蛍光灯等現代に実用されている科学技術を発明。

生前に、数々の偉大な業績を残した天才科学者だと知っていたのです

マッド・サイエンティストとも呼ばれ、未だに謎が多いミステリアスな人物でした。

ブリュンヒルデは、ゲルにニコラ・テスラの発明が素晴らしいと絶賛。

それを称賛した人類は、彼の研究を魔法だと発言したと笑顔でゲルに教えます

すると、計算をしていたニコラ・テスラは、その言葉に反応。

手を止めて、その言葉が嫌いだと言い放ったのです。

そして、ブリュンヒルデ達に向かって言います。

自分が使うのは魔法でなく科学だと、自信に満ち溢れていたのです

ブリュンヒルデは、淡々とニコラ・テスラと会話を再開。

長年続けていた例の研究は、完成したのかと問い質します。

ニコラは、自分の頭を指差し、既に頭脳の中で完成していると回答。

しかし、必要なのは、自分の理論を具現化できる素材が用意さえできれば問題ないと言い放ったのです

それを聞いたブリュンヒルデは、笑いながら話が早いと言います。

そして、その場でとある者の名前を叫びます。

彼女は、ゲンドゥルと呼ぶと気品ある1人の女性が姿を見せました。

それは、戦乙女の9女ゲンドゥルだったのです

ゲンドゥルは、ブリュンヒルデに先刻よりここにいたと話しかけてきます。

ゲルは、彼女の存在が感じられず驚いていました。

すると、ニコラ・テスラは、静かにゲンドゥルの近くへとやって来ます。

彼は、彼女の前に立ちじっと見つめ始めます。

 

これが、ニコラ・テスラとゲンドゥルの運命的な出会いだったのです。

ニコラ・テスラ、見た目は若くてイケメンで素敵なキャラクターです。

でも、変わり者という雰囲気が漂い過ぎています。

ブリュンヒルデは、彼の功績と人類の生活を発展させた発明を魔法だと評価

彼は、それを嫌い自分が起こした事は科学だと言い張る程です。

その過剰な自信は、ゲルをも納得させる程です。

ただ、ニコラは、長年続けていた研究が頭の中で完成していたが実現には至りません。

それは、自分の理論を表現する素材が無かったからだったのです。

そこに、戦乙女のゲンドゥル登場。

物静かでとても美しく清楚で、また今まで登場した戦乙女と違う感じがします

ニコラ・テスラは、彼女に興味を抱いて向かい合います。

彼らの出会いが、とても印象的に描かれています。

熱く痺れる運命的な対面です。

 

スポンサーリンク

ニコラ・テスラ、神器錬成

ニコラ・テスラは、戦乙女のゲンドゥルに興味を抱きます。

彼女をじろじろ見まわして、顔や身体に遠慮なく触れて行きます

ゲルは、ニコラの行動が失礼だと激怒。

ニコラは、突然、真顔になりゲンドゥルに話します。

その身を自分に捧げてくれないかと言い出したのです

ゲルは、とんでもない発言に驚愕します。

すると、ゲンドゥルは、勿論だと答えたのです。

彼女は、ニコラの手に触れて力強く握ります。

そして、喜んでこの身を捧げると笑顔を見せました

それを聞いたニコラは、答えが出たと笑います。

直感は知識を超越し、それを実現できるゲンドゥルの様な存在を待っていたと言います。

その瞬間、2人の間にある言葉が発せられます。

それは、全ては科学の為にという内容

突然、ニコラとゲンドゥルに大きな電流が発生します。

それは、強烈な神器錬成が開始されたのです

ブリュンヒルデは、ゲルにゲンドゥルの事を語り始めます。

彼女は、その名に宿る力が魔力を持つものだと教えて行きます

部屋中に強力な電流が隅々まで行き渡り、次第にニコラ・テスラの全身が変化。

そして、大きな落雷が落ちます。

すると、ずっと床で寝ていた学者や科学者達が異変に気づき起き上がります。

それは、ガリレオ・ガリレイやアルベルト・アインシュタイン等の有名な者達だったのです

彼らは、目の前で起きた奇跡を喜びます。

特にトーマス・エジソンは、もう認めるしかないと脱帽していました。

そして、ニコラ・テスラを本物の天才だと言い放ったのです

ニコラを取り巻いていた煙が、次第に消えていきます。

彼は、想像して創造する事。

それは、人々が神と呼ぶものを自分としては物理法則と呼ぶと告げます。

姿を見せたニコラ・テスラは、計器等を装備した機械の鎧を身に纏っていました。

それは、神器錬成である超人・自動機械β(スーパー・オートマトン・ベータ)でした

部屋にいたブリュンヒルデ達は、ニコラの変貌に驚く事しか出来ません。

ニコラは、化学が神を超える番だと喜んでいました。

彼は、拳を合わせて電流を発生させていきます。

 

ニコラ・テスラの直球的なゲンドゥルの口説き方が、とても面白いです。

本人にとっては、真面目で自分の理論を可能にさせる為には、彼女が必要でした。

それを笑顔で喜び、受け入れるゲンドゥルも素敵すぎます。

ニコラとゲンドゥルの相性が、非常に抜群です

神器錬成のテロップが、今までと違い非常に新鮮。

魔力を持つものとしての意味を持つゲンドゥルは、ニコラを超人自動機械βに変化させました。

パワードアーマーっぽくて、個人的にかっこいいと思いました。

ニコラの神超え発言が、熱くて痺れます。

そんなニコラの対戦相手、誰になるのでしょう。

とても面白い展開に、話が進んで行きそうな気がします。

 

スポンサーリンク

蠢動する蠅の王

その頃、ヘルメスは、自分の一室で熱心にバイオリンで演奏

本棚には、ラグナロクの戦いで敗れて行ったヘラクレスやポセイドン、アダム等の神・人類代表の闘士の名前入りの本が積まれていました。

ヘルメスは、汗を流して曲を弾きながら、楽譜に記入していきます

そして、最後のページを書き終えて一息つきます。

そんなヘルメスを拍手する者が居ました。

それは、神代表の1人であるベルゼブブだったのです。

彼は、ヘルメスの曲が非常に良いと絶賛

それは、死んだハデスへの鎮魂歌なのかと質問します。

ヘルメスは、その通りだと回答。

自分が死者達に出来る精一杯の手向けだと言い、本を収納します

ハデスの名前が書かれた本は、零福や雷電為右衛門と同じ棚に並べられました。

ヘルメスは、ベルゼブブに自分の部屋に来たのは何か用があるのかと聞いて行きます。

ベルゼブブは、ヘルメスにゼウスに伝えて欲しい事があると発言

彼は、手に髑髏を持っていました。

ボタンを押すと、それは杖に変化します。

ベルゼブブは、それを突いて椅子から立ち上がりました。

次のラグナロク第8試合は、自分が出ると告げたのです

 

ヘルメスのバイオリン演奏が熱かったです。

一生懸命で、死者達の為に曲作りをする一面が見られたのが意外でした。

自分が出来る事は、これだけだと言う光景がもうイケメン過ぎます。

そんな彼の部屋には、ベルゼブブが居ました。

ヘルメスの曲を素直に褒める姿が見られて、レア過ぎます。

そんなベルゼブブは、ヘルメスに何と第8回戦に出場すると宣言。

ニコラ・テスラとのとんでもないカードが実現しました。

ただ、ベルゼブブの無表情での決意がとても不気味すぎます

科学の力で物理法則を実現する二コラ・テスラと、冥界でとんでもない者を生み出すベルゼブブの研究は、互いに反目し合うものです。

ベルゼブブの本当の実力も、未だ未知数。

今までのラグナロクの戦いが霞む様な展開を見せてくれそうな予感がしてなりません。

 

スポンサーリンク

『終末のワルキューレ』ネタバレ67-68話のまとめ

ブリュンヒルデの冒頭の怒りっぷりは、非常に笑えました。

釈迦に激怒して、感情を露わにする彼女が見られるのは貴重過ぎます。

そんなブリュンヒルデとゲルが向かったのは、第8回戦に出場する闘士が待機している部屋でした。

そこには、人類世界の発展に貢献した科学者ニコラ・テスラが登場

癖がありますが、自信家で研究熱心で熱いキャラクターだと感じました。

彼が戦乙女のゲンドゥルと出会う光景が楽しいです。

ニコラが、自分の理論感性の為に彼女を説得するのが真っ直ぐ過ぎて嫌いではありません

それを受け入れるゲンドゥルも、変わった戦乙女。

でも、お互い純粋で相性が最高過ぎると伝わってきました。

彼らの神器錬成が、もうカッコ良すぎです。

アジチカ×梅村真也×フクイタクミ「終末のワルキューレ」67話より引用

超人自動機械βが、パワードアーマーの様で痺れます

ニコラが神を超えようと証明する決意した所は、強い自信と覚悟が見られました。

そして、対戦相手が決まりました。

何とベルゼブブだったとは、衝撃的です

前回も登場していて、何となくと言う雰囲気はありました。

でもラスボス感もあり、まだ後かなと個人的には思ってましたが、ここでの参戦とは驚きです。

ベルゼブブとニコラの研究対決が見られるかと想像すると、ワクワクしてきます。

ただ、ベルゼブブの真の力は未だ解明されていません

ニコラを上回るとんでもない能力を秘めている可能性も高いです。

波旬を誕生させたりする力は、異質過ぎます。

彼が出場した本当の目的も知りたいです

ニコラもゲンドゥルとの神器錬成で、奇跡を起こす展開も見てみたい気がします。

第8回戦は、今までと違い過酷でハードな展開が待ち受けている様な気がしてなりません。

ニコラとベルゼブブの熱く激しい戦いを、一刻も早く見てみたいです。

それでは、また次回の終末のワルキューレでお会いしましょう。

 

この記事の関連記事はこちらですわ⇩

⇒『終末のワルキューレ』69話!光と闇の第8回戦、開幕!・・

⇒『終末のワルキューレ』68話!ベルゼブブ、悲しき暗黒の過去・・

⇒『終末のワルキューレ』66話!神々の怒りと釈迦の依頼・・

⇒『終末のワルキューレ』65話!偉大なる王達の結末・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA