最新ネタバレ『鬼滅の刃』171-172話!考察!変化する身体・変化する刀

スポンサーリンク

悲鳴嶼が上弦の壱と対峙しているとき、無一郎は身体を貫く刀を抜いて、出血死するかもしれないと思いながら、戦いに戻ろうとします。

途中で玄弥に会い、斬られた胴体を直すために上弦の壱の髪を渡し、玄弥がそれを口にします。

悲鳴嶼が痣を発現させ、上弦の壱に今日中に死ぬと予想され、肉体と技が滅びてしまうので鬼にならないかと勧められる。

そこに痣を発現させた実弥も参戦し、高速の連携で上弦の壱に戦いを挑む。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』171話!のネタバレ

それでは『鬼滅の刃』171話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

鬼化が進む玄弥

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

戦いに復帰するために上弦の一部を喰らう玄弥だが、息が荒く、血がドクンドクンと巡っている。

誰かの言葉にならない声も聞こえる。

切れていた胴が繋がった。

凄まじい回復速度。

髪の毛を喰っただけで、こうなるなんて、これが上弦の壱の血の濃さなのか。

血の巡る速度が上がる、気分がいい…。

もう一つあるあの上弦の折れた刀の刃先、あれを喰えればもっと強くなれるのに。と考えていたら、また声が、頭の芯に響く…。

黒死牟、柱を何人倒した?まだ此方には来させるな。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

これは無惨の声なのか…

鬼化が急速に進んで、無惨の声まで聞こえる…

俺の身体…どうなっていくんだ…と戸惑う玄弥

 

二人の技で!?

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

その頃上弦の壱は悲鳴嶼と実弥と戦っていた。

そして戦いながら二人の力を正確に分析している。

おそらくこの二人が柱の中でも実力上位。

特にこの男、悲鳴嶼は屈指の肉体を持つ剣士だ。

盲目であるにもかかわらず、よく考えられた武器を使っている。

鎖を振り鳴らす音の反響で、空間や動きをきわめて正確に把握している。

信じられないが、まぎれもない事実。

 

それならば、まず先にこの男の方から、と実弥の方へ向かう。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

「武器破壊」

刀は側面から叩けば、容易く折れる上弦の壱は実弥の刀を狙います。

すると実弥は瞬時に反応して、刃を立てて押し返し、上弦の壱の刀を床にドンと叩きつけました。

上弦の壱は実弥の反射速度が上がっている。

痣を出したからと言って、普通ならば戦闘不可能な致命傷を負わされたものが、傷を負う前以上にさらに動きの速さや精度を上げてくるとはと実弥の動きに驚いています。

上弦の壱は、また髪も切られてしまいます。

 

今度は悲鳴嶼が上弦の壱の懐に攻め込んでいく。

悲鳴嶼の振り下ろした斧で、上弦の壱の左耳が切断された。

その隙を狙い、悲鳴嶼と実弥の合体技が放たれる。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

「塵旋風・削ぎ!!」

「風の呼吸・漆ノ型 勁風・天狗風」

「岩の呼吸・壱ノ型 蛇紋岩・双極」

二人の技が次々と炸裂く、上弦の壱は反撃することができず、着物も切れてしまう。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

「まだだっ!!畳み掛けろ!!」

「頸を 頸を斬るまでは」と声をかけあう。

 

スポンサーリンク

刀の形態変化

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

「そうだその通りだ」と上弦の壱が言った途端、実弥と悲鳴嶼は斬撃を受ける。

二人の体から血が吹きだす。

上弦の壱の体は遠くにいる。

(馬鹿な…一体なにをされた、この間合いで攻撃が届くだと!?何をした奴は、何を)

悲鳴嶼は動揺を隠しきれない。

 

その時上弦の壱が姿を見せたが、着物は切れてしまっているが、体には傷一つついていない。

そして刀も…刃の中心付近に、新たな刃が伸びて、槍か鎌のようなものが2つ枝のように生えていた。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

「着物を裂かれた程度では、赤子でも死なぬ」

貴様ら二人を討ち果たしてしまえば、残りは容易く済みそうだ…

 

『鬼滅の刃』ネタバレ171-172話のまとめ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

玄弥が上弦の壱の髪を食べた途端、息が激しくなったり、短時間のうちに胴が繋がったり、無惨の声のまでも聞こえるようになってしまいました。

上弦の壱に話しかけている声が聞こえているようなので、髪の毛を食べたことで上弦の壱に同化しているというか、周波数のようなものが合っているのでしょうか。

もしこのまま刀を喰らってしまったら玄弥はどうなってしまうのでしょう。

とんでもなくパワーアップしてしまうと思いますが、心も体もバランスを崩してしまうのではないかと心配です。

悲鳴嶼と実弥が痣を発現させて戦い始めました。

二人の合体技まで繰り出しました。

上弦の壱の耳を斬ったあたりで、いけるかなと思いましたがやはりそう簡単に勝てる相手ではありません。

しかし刀の形まで変わるとは思いませんでした。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」171話より引用

無一郎の出番もありませんでしたが、たぶん強くなっている玄弥と戦闘に加わって欲しいと思います。

玄弥が上弦の壱と同調したりしないといいのですが…。

もう苦しんでいる姿はみたくないと思います。

次回の展開がどうなるのか目が離せません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です