最新ネタバレ『鬼滅の刃』177-178話!考察!ついに語られる黒死牟の過去。双子の弟、縁壱との関係は?

スポンサーリンク

人を妬まない人間は運がいいだけ、神々の寵愛を一身に受けた者に出会ったことがないだけ。

黒死牟の前にはいつも、太陽のように鮮烈で圧倒的存在感を放つ縁壱がいました。

今回は『鬼滅の刃』177話の内容を、そんな黒死牟の回想を中心にお届けします。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』177話!のネタバレ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

それでは『鬼滅の刃』177話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

不吉とされた双子

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

黒死牟が生まれた時代、双子は不吉とされていました。

縁壱には生まれつき不気味な痣があったこともあり、生まれてすぐに父は弟を殺そうとします。

しかし母が烈火のごとく怒り狂って抵抗したため縁壱は殺されず、十歳になったら出家して寺に入るということになりました。

黒死牟と縁壱。

二人は部屋も着物も教育も、大きく差をつけて育てられました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

そのせいか縁壱は母離れができず、いつも母親の左脇にぴたりとくっついていました。

そんな縁壱を黒死牟は子供ながらに可哀想だと思っています。

縁壱に与えられた三畳の小さな部屋に、黒死牟は父の目を盗んで遊びに行っていました。

自分の持ち物をあげると父に気づかれるため、自作の笛を縁壱に渡したりしますが、それまで縁壱は笑うこともしゃべることもしなかったため周囲には耳が聞こえないのだと思われていました。

 

縁壱の非凡な才能

そうではなかったことが判明したのは七歳の頃です。

黒死牟が庭で剣の練習のため素振りをしていると音もなく近づいてきて、いきなりこう言います。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

「兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?」

 

初めて口を利いたと思えば流暢に話しかけられ、自分も同じく侍になると言って笑った縁壱。

十歳になったら寺へ追いやられ僧侶となるというのに。

そんな縁壱を黒死牟は気味が悪いと感じました。

その日以降縁壱は、黒死牟の稽古中に自分も教えて欲しいとうろちょろするようになります。

ある日、父親の輩下であった剣の指南役が、戯れに袋竹刀を持たせました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

竹刀の持ち方と構え方を軽く口頭で伝えただけだったのに、なんと縁壱は瞬きする間に四発叩き込んで指南役を失神させてしまいます。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

どんなに打ち込んでも黒死牟が一本を取れなかった相手を、縁壱はあっさりと倒してしまいました。

 

スポンサーリンク

剣に興味のない縁壱と、剣の力をつけたい黒死牟

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

しかしそれ以降縁壱は侍になりたいと言わなくなりました。

縁壱にとって人を打ち付ける感触は耐え難く不快なものだったのです。

黒死牟は何としても縁壱の強さの理由を知りたいと、食い下がって話を聞きます。

縁壱は、打ち込んでくる前に相手の肺が大きく動くから骨の向きや筋肉の収縮、血の流れをよく見るといいと言いました。

縁壱は生まれつき生き物の体が透けて見えていたのです。

そしてそれに即応することのできる、並外れた身体能力も兼ね備えていました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

今まで可哀想だとあわれんでいた相手は、実は自分より遥かに優れた才能の持ち主だったのです。

しかし縁壱は剣の話をするのは好きではなさそうでした。

それより兄とすごろくや凧揚げをしたいと言います。

縁壱にとって、人を傷つけるための剣というのはもはや興味の対象ではなかったのでした。

努力をすればするだけ剣の力をつけていた黒死牟でしたが、生まれながらの天才である縁壱の前ではその進歩は微々たるもので、ゆっくりとしか進めない亀の歩みと同じことでした。

 

母の死と縁壱の出家

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

縁壱が父の輩下を倒した一件以来、二人の立場は逆転しようとしていました。

家を継ぐのは自分ではなく縁壱となる。

自分はあの三畳の部屋に押し込まれ、十歳になったら寺へやられるだろう。

侍になる夢はかなわない・・・

そう考えていたある夜ふけ、縁壱が部屋の前にやってきて母親が亡くなったことを伝えます。

と同時に、これから寺へ立つので別れの挨拶に来たと言いました。

母の具合が悪かったことを知らなかった黒死牟は驚きます。

縁壱は、以前黒死牟が渡した笛を出し、この笛を兄上だと思いどれだけ離れていても挫けず精進します、と微笑み旅立って行きました。

外れた音しか鳴らないがらくたの笛を大切そうに布にくるんで懐にしまっていた縁壱を、何がそれほどうれしいのかわからないと、またも気味が悪いと思う黒死牟。

そして後日、黒死牟は亡くなった母の日記を読んで知ったのです。

縁壱は自分が黒死牟の変わりに跡継ぎに据えられることに気づき、予定より早く家を出ることにしたのでした。

縁壱は母の病も、死期もわかっていたようでした。

母は何年も前から左半身が不自由で苦しんでいたのです。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

縁壱は母離れができなくてしがみついていたのではなく、不自由だった左半身を支えていたのでした。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

「私はその時

嫉妬で全身が灼けつく音を聞いた

縁壱という天才を心の底から憎悪した」

 

あまりの嫉妬と憎悪に、日記を読みながら鼻血がしたたり落ちる黒死牟。

次回へ続きます。

 

『鬼滅の刃』ネタバレ177-178話のまとめ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

母の日記には、ほかには何が書いてあったのでしょう。

母親からすると、同じように愛情はあっても、身分も地位も約束された黒死牟よりも縁壱のほうが気がかりだったのかもしれません。

縁壱のことばかり日記に書いてあったのだとしたら…

才能だけでなく母親の愛情までも得ていたことに、子供だった黒死牟はより激しい嫉妬を覚えたのでしょうか。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

黒死牟は縁壱の笑顔が気味が悪いと思っていました。

黒死牟には縁壱の笑みが得体の知れないものに感じられたようです。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」177話より引用

一方の縁壱は黒死牟からの笛を大切にしていますので、兄を慕っているようです。

そして僧侶となったはずの縁壱は何故再び剣を持つようになったのか。

次回以降でこれらの点が明らかになってくると思います。

修復しようのない溝ができた二人の関係ですが、今回はその原点が見えたような気がします。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です