最新ネタバレ『鬼滅の刃』178-179話!考察!どんなにあがいても手が届かなかった弟、縁壱。

スポンサーリンク

お前のような者は生まれてさえ来ないで欲しい。

お前が存在していると、この世の理が狂ってしまう・・・

神に愛された存在であるかのような縁壱の双子の兄であったことが、黒死牟の人生を狂わせたのでしょうか。

今回は『鬼滅の刃』178話の内容を、前回から引き続き黒死牟の回想を中心にお届けします。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』178話!のネタバレ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

それでは『鬼滅の刃』178話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

姿を消した縁壱

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

母の死後家を出て行った縁壱。

父親が縁壱を連れ戻すために寺へ使いをやりましたが、縁壱はそこへは来ていませんでした。

どこかで人さらいに遭ったか、崖崩れか熊に襲われたか・・・

理由はわかりませんでしたが忽然と姿を消してしまったのです。

黒死牟=厳勝の願いはかなったかに見えました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

それから十年あまり平穏な日々が続きます。

厳勝は結婚し、子供も生まれてのどかな日々を送っていました。

しかしある日縁壱との再会の時がやってきます。

 

鬼狩りとなっていた縁壱と再会!

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

厳勝は野営していた所を鬼に襲われてしまいます。

行動を共にしていた数人の家来も殺され、厳勝も殺されかけていた時、突然縁壱が現れて鬼を斬り伏せたのでした。

十年ぶりに出会った縁壱は、幼いころとは比べ物にならないほど剣が上達していたのです。

人間ではない鬼でさえもたやすく倒してしまうほど極められた剣技。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

厳勝は縁壱を見た瞬間から再び嫉妬と憎しみで一杯になります。

一方で縁壱は、自分の到着が遅れたために家来が殺されてしまったことを厳勝に詫びます。

縁壱は強いだけでなく、非の打ち所がない人格者となっていたのでした。

 

家も家族も捨てて鬼狩りとなった厳勝

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

厳勝はどうしてもその強さと剣技を自分のものにしたいと思いました。

そしてとうとう家も家族も捨て、縁壱と同じ鬼狩りとなったのです。

縁壱は自分が習得している剣技や呼吸を誰にでも教えていましたが、誰もその技を縁壱と同じようにはできないのでした。

縁壱はそれぞれの人が得意であること、できることに合わせて呼吸法を変えて指導しました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

そうして日の呼吸の派生の呼吸が次々とできあがっていったのです。

痣者も増え、鬼狩りの戦力は高まってゆきました。

 

日の呼吸の派生の呼吸とは、炎・水・風・岩・雷のことですね。

鬼狩りの戦力自体は高まっていきましたが、厳勝自身はそんなことよりも日の呼吸を習得して縁壱に追いつきたい気持ちで一杯だったようです。

 

スポンサーリンク

日の呼吸が習得できない・・・

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

厳勝にも間もなく縁壱そっくりの痣が発現しました。

しかし結局日の呼吸を使えるようにはなれなかったのです。

使えるようになったのは、後に月の呼吸と名付けただたの派生でした。

もっと鍛錬を重ねればいつか縁壱に追いつけるのだろうか・・・

口惜しい思いをしていた頃、痣者がばたばたと死に始めます。

痣は寿命の前借りに過ぎなかったのでした。

自分も間もなく死ぬだろう、自分には未来がなく鍛錬する時間も残されていない。

そう思っていた時、無惨に出会うのです。

無惨は言いました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

「鬼となれば無限の刻を生きられる

お前は技を極めたい

私は呼吸とやらを使える剣士を鬼にしてみたい」

 

厳勝が心底願っていた道は、鬼となることで拓かれたのです。

こうして厳勝は黒死牟という鬼になり無限の時を生きることを選んだのでした。

 

スポンサーリンク

鬼になっても縁壱に勝てなかった

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

しかし、数十年後、老人の姿となった縁壱に再び出会います。

他の痣者は皆若くして死んでしまったというのに、一人生きていた縁壱。

理(ことわり)さえ超越した存在であることを見せつけた上、最後は寿命によって死亡し、黒死牟から勝ち逃げしました。

誰も、無惨でさえも勝つことができなかった縁壱。

誰一人として縁壱に傷をつけることすら叶わなかったのです。

黒死牟は憎さのあまり死んでしまった縁壱の体を怒りに任せて切り刻みました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

すると、縁壱の懐から黒死牟が昔渡した自作の笛が出てきたのです。

縁壱は生涯の間、肌身離さずその笛を持っていたようでした。

その笛を見て涙する黒死牟。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

「もうやめろ

私はお前が嫌いだ」

 

顔を見ただけで吐き気がし、声を聞くだけで腹が立ってこめかみがきしむほど憎んでいるというのに、今でも鮮明に記憶しているたった一人の肉親は縁壱なのでした。

父や母の顔、妻や子供たちの顔も思い出せない中で、縁壱だけが鮮明なのです。

 

黒死牟の哀しい最期

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

縁壱の周りにいる人間はみな、唯一無二の太陽のような存在に焦がれて手を伸ばすけれど決して追いつくことができない。

家も、家族も、人間であることも捨てたというのに何も手に入れることができなかった。

縁壱は、道を極めた者が行きつく場所は同じだと言ったけれど、黒死牟はたどりつくことができなかったと感じています。

日の呼吸の型を知る剣士も、縁壱の死後無惨と黒死牟で徹底的に殺しつくしました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

しかしここで炭治郎の姿が浮かびあがります。

日の呼吸が炭治郎に受け継がれていることを知っている黒死牟。

なぜお前の呼吸は残っている、と問います。

自分はなぜ何も残せない、なぜ自分と縁壱はこれほど違うのか。

自分は一体何の為に生まれてきたのだ・・・

黒死牟の体はどんどん崩れていきました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

そして、最後に彼の着物と共に残ったのは、縁壱が持っていたあの笛です。

次回へ続きます。

 

『鬼滅の刃』ネタバレ178-179話のまとめ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

黒死牟は人間である厳勝という名前だった頃から何一つ縁壱に勝てず、追いつくことさえできないと感じながら死んでいきました。

鍛錬して編み出した月の呼吸さえ「だたの派生」としています。

黒死牟は縁壱を憎い憎いと思っていましたが、本当に憎いだけだったのでしょうか?

憎しみや嫉妬を抱えながらもその後ろをずっと追い続けていたのです。

それはまた、歪んだ愛情でもあったのではないでしょうか?

天才である縁壱が天才であるがゆえの孤独を感じていたのだとすれば、同じところに到達しようとしている兄・厳勝は、大切な存在だったように思います。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」178話より引用

自分は何も残せないと思いながら死んでいった黒死牟ですが、最後に残った笛が縁壱との間の絆のようにも見えて切ないです。

そして、炭治郎の家で日の呼吸がなぜ神楽として伝わったのか今回で明らかになったように思います!

剣技として継承すると無惨と黒死牟に見つかってしまうため、神楽という形でカモフラージュしていたのですね。

次回、地獄へと向かう黒死牟の前に現れるのは縁壱でしょうか。

それとも捨てた家族でしょうか。

黒死牟は許し難い鬼ではありますが、最後は何らかの形で救いを見つけて欲しいと思います!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です