最新ネタバレ『鬼滅の刃』195-196話!無惨が逃亡を図る!!そしてついに禰豆子到着

スポンサーリンク

無惨の体に昔の古傷が現れました。

それは昔、縁壱に付けられた傷だったのです。

多くの犠牲を出しながら少しずつ無惨を弱体化してきた鬼殺隊ですが、ついにここまで追い詰めました。

そしてこの状況下で、炭治郎を助けるために駆けつけた禰豆子。

今回は『鬼滅の刃』195話の内容を、逃亡を図った無惨と追いかける炭治郎たち、そして禰豆子到着を中心にお届けします。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』195話!のネタバレ

それでは『鬼滅の刃』195話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

無惨が忘れられない、縁壱の記憶

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

表紙は手当を受けて横たわる恋柱の甘露寺蜜璃です。

とりあえず応急処置が終わったようですね。

すぐそばに猫の茶々丸もいますが、血清らしきものをくわえて甘露寺の顔をのぞきこんでいるのが可愛いです。

 

物語は無惨の記憶から始まりました。

縁壱と遭遇したときのことです。

「あの男は初め 弱く見えた」

 

縁壱には覇気も闘気も憎しみも、殺意もなかったのだそうです。

そんな男に自分が直後に頸をはねられ、体を切り刻まれるとは。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

さらに、その傷は何百年もの間無惨の肉や細胞を灼き続けたのでした。

そんなことは例え神や仏でも予想できなかったはずだ。

本当の化け物は自分ではない、あの男なのだ。

 

無惨にとっても縁壱は唯一無二の、今でも恐怖を覚える存在なのですね。

その縁壱に付けられた古傷が、体の表面に現れたのです。

炭治郎はそれを見逃しません。

 

スポンサーリンク

残り時間四十分で無惨が逃げた!!

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

傷を隠せなくなっているということは、無惨が確実に弱っている証拠。

みんなで繋いだ一秒が、ついに無惨をここまで追い詰めた・・・

炭治郎は再び、最期まで戦い抜くことを誓います。

 

そして両目が見えないまま戦い続けている蛇柱の伊黒の状態を案じ、何か良い方法はないかと考えます。

そして、愈史郎の目の札のことを思い出しました!

あれを拾って伊黒と鏑丸に渡せば鏑丸の視覚を伊黒が共有できるのではないか?

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

「夜明ケマデ四十分!!」

鴉が叫びます。

鴉の目にも涙が・・・この辛い戦いを見守る鴉も苦しいですよね。

 

残り時間を聞いた無惨はこのあと驚きの行動に出ます。

なんと・・走って逃げだしました!!

びっくり仰天の炭治郎。

 

スポンサーリンク

追いかける伊黒と炭治郎

必死で追いかける炭治郎ですが、逃げ足が速くどんどん遠ざかっていきます。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

逃げながら、仲間の亡骸を踏みつけにしていく無惨。

これに炭治郎は激しい怒りを覚えます。

落ちていた仲間の刀を拾い、無惨に向かって手当たり次第に投げつけました!!

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

体に当たりはしませんが、それらを薙ぎ払うために無惨の逃げ足が少し鈍ったところへ、追いついた伊黒が背後から攻撃して赫刀で頸を貫通!!

再び二人で無惨に攻撃をしかけます。

 

炭治郎はここで伊黒に愈史郎の札を渡そうとしますが、無惨の攻撃を避けながらの手渡しは難しく、なかなか渡すことができません。

ついに札が炭治郎の手から落ちてしまいますが、鏑丸が炭治郎の意図を読み取ったのかパクリと札に食いつきました。

そして、伊黒は鏑丸の目を通して視覚を得ることができたのです。

二人は常に無惨を挟みこみながら立ち回って逃げられないように攻撃を続けます。

 

スポンサーリンク

ついに禰豆子の姿が・・・

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

そして無惨は、ついに息切れが。

不老不死、疲労を感じることのない鬼の元凶である無惨の体にも体力の限界が近づいてきたのです。

もう少しで本当に倒せるかも・・・!!

 

再び画面は変わり、ついに禰豆子の姿が。

街中からまだ距離はありますが、目視できる近くまで来ているようです。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

そして・・・目が、右目の瞳の部分が人間に戻っています!!

炭治郎とよく似た瞳です。

これはやはり、人間に戻る薬が効き始めているのでしょうか?

 

次号に続きます。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』ネタバレ195-196話のまとめ

今回も見逃せない場面がたくさんありました。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

札を渡してもらい、炭治郎へ感謝の言葉を述べる伊黒。

それを聞いてちょっと驚き顔の炭治郎ですが、胸が熱くなるシーンでした。

この札、どういう仕組みなのでしょうか?

札をつけている者は自分の姿を隠すことができ、さらには視覚も共有できるようになる。

札を付けた伊黒は自分の両目が怪我のため見えないため鏑丸と視覚を共有できるようになった、ということだと思いますが・・・

動物と人間でも共有できるとはすごい札ですね。

 

前回から引き続き共闘している伊黒と炭治郎ですが、二人の距離が心理的にも縮まって息もぴったり合っているように感じます。

伊黒が炭治郎に、無惨を二人で挟み込むようにして攻撃しろと指示を出していましたが、そういえば柱たちが怪我で離脱する前、無惨を攻撃していた時も無惨を挟み込む形で攻撃をしていました。

特に合図をし合っていたわけではないのにそういう態勢で戦っていた柱たちはやっぱりすごいなと思います。

善逸、伊ノ助も含め、そちらの怪我の状況も早く知りたいですね。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」195話より引用

そして逃亡を始めた無惨。

自分が危なくなったら逃げるだろうとは思っていましたが、本当に逃げ始めました。

無惨は生きることだけに固執している生命体であるため、意地も誇りもありません。

自分の命が脅かされれば何の躊躇もなく逃亡するのですね。

ここで逃げてはカッコ悪いとか思わないとは・・・

そういうプライドがないからここまで生き延びたというのもあると思いますが・・・

 

そして、ラストの場面での禰豆子の登場。

これは何を意味するのでしょうか?

 

このまま禰豆子が無惨の前に姿を現すと、確実に喰われてしまうでしょう。

炭十郎の声で目覚め、駆けつけた禰豆子。

父親である炭十郎は、まさか無惨に喰われるために禰豆子をここに呼び寄せたわけではないと思うので、彼女には何らかの大きな役割があるのだと思います。

もちろんそれは兄である炭治郎を助けるためではあるのですが、それ以外にも何か大きな影響力があるような気がしてなりません。

 

彼女の血鬼術である「爆血」は、鬼の毒を無効化する作用があるので炭治郎たちの体に入った無惨の毒も消せるのかもしれないとは思います。

でも人間に戻りかけた状態で、それがどこまでできるのかは未知数です。

 

そして人間に戻りかけている禰豆子を見た炭治郎は何を思うのでしょうか?

次回もまた見逃せない展開になりそうですね!!

 

この記事の関連記事はこちらです⇩

⇒『鬼滅の刃』196話!ついに禰豆子の記憶が戻る!!珠世の・・

⇒『鬼滅の刃』194話!伊黒が復活!!炭治郎を救い、鏑丸と・・

⇒『鬼滅の刃』197話!伊ノ助と善逸が復活!!そして柱たち・・

⇒『鬼滅の刃』198話!ついに夜明けが!!無惨は最後のあが・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です