最新ネタバレ『鬼滅の刃』196-197話!ついに禰豆子の記憶が戻る!!珠世の薬の四つめの効果とは

スポンサーリンク

前回は、炭治郎のもとを目指す禰豆子。

道すがら人間に戻る薬が効き始め、それとともにさまざまな記憶がよみがえってきたのです。

一方無惨は鬼殺隊をつぶすことをあきらめ、分裂して逃亡しようとしますが、珠世の薬の効果がここでもあらわれて・・・。

今回は『鬼滅の刃』196話の内容を、記憶を取り戻した禰豆子と逃亡をはかる無惨を中心にお届けします。

 

スポンサーリンク

『鬼滅の刃』196話!のネタバレ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

それでは『鬼滅の刃』196話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

無惨に襲われた夜

禰豆子が炭治郎のところにたどり着くまで、あと少し。

人間に戻る薬が効いているようです。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

牙が消え、爪も元に戻りかけています。

それと共に、失われていた記憶も一気によみがえってきたのでした。

 

家族と楽しく暮らしていた日々。

夜中に突然訪れ、家族を次々に襲った無惨。

無惨がこのとき発した言葉を禰豆子は思い出します。

 

「この程度の血の注入で死ぬとは

太陽を克服する鬼など そうそう作れたものではないな」

 

怒りの表情の禰豆子。

しかし次に、家族の惨状を目の当たりにして泣き崩れる炭治郎を思い出します。

禰豆子の目にも涙が・・

 

私は 竈門禰豆子!!

それから、鬼殺隊の人々の顔が次々に浮かんできます。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

嬉しそうに花を渡してくれる善逸、どんぐりをくれた伊之助。

お館様、柱たち、そして蝶屋敷のみんな。

 

無限列車では炎柱の煉獄杏寿郎と共に戦いました。

遊郭では、上弦の陸である堕姫・妓夫太郎を倒すため、音柱の宇髄天元らが一緒でした。

 

鍛冶の里では、里の人たちをはじめ、不死川玄弥や霞柱の時透無一郎と一緒でした。

 

そして・・・

鬼殺隊の制服を着た炭治郎がこちらに手を差し伸べています。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

炭治郎は、優しい笑顔で「禰豆子」と呼びかけました。

 

それを思い出したとたん、心臓が大きく脈を打ち、頭を抱えて倒れそうになる禰豆子。

 

そして、ついに・・

「私は 竈門禰豆子!!」

 

両目とも、人間の瞳に戻ったのです。

涙があふれました。

これまでのすべての記憶を取り戻したようです。

鬼に家族を殺されたことも・・

 

分裂して逃亡を試みる無惨

場面は炭治郎たちと無惨の戦いに戻ります。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

炭治郎はただただ、一秒、一秒をかせぐため必死でしのいでいます。

 

一方無惨は、体力の衰えとともに人間の命の気配を感じ取っていました。

一旦倒した柱たちですが、炭治郎の登場でとどめを刺し切れていなかったのです。

愈史郎や隠の応急手当を受けたのち、戻ってくることを予測しています。

 

夜明けまであと三十五分。

これ以上ここに留まって危険をおかす必要はないと判断した無惨は、分裂して逃げることを試みます。

炭治郎はそれを感じて、蛇柱の伊黒にも伝えました!!

どう阻止するか!?

しかし、分裂のため一旦ふくらんだ無惨の体はすぐにしぼんでしまったのです。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

分裂できない。

 

スポンサーリンク

分裂できない!!四つ目の薬の効果

なんと、無惨の体は分裂できなくなっていました。

珠世の薬のようです。

無惨は、薬の効果は三つだったことに気づき再び怒りに震えます。

 

三つの効果とは、

・人間返り

・老化

・分裂阻害

ですね。

ところが、ここで、無惨の頭の中で珠世が驚きの言葉を発します。

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

「薬は四つですよ」

何と・・・三つの薬で弱ったところにもう一つ、効き始める薬があったのです。

それは、細胞破壊。

 

無惨は吐血します。

 

「お前の大嫌いな死がすぐ其処まで来たぞ」

怨念を込めた珠世が、煽り顔で無惨の背後からささやくのでした。

 

次号に続きます。

 

『鬼滅の刃』ネタバレ196-197話のまとめ

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

禰豆子がついに、ついに人間に戻りました!!

炭治郎にも早く教えてあげたい・・・

 

そして、禰豆子の記憶の鬼殺隊の人たちは、皆笑顔でした。

鬼である禰豆子を認めて受け入れてくれていたのですね。

 

しかし人間に戻ってしまったことで、逆に気がかりなことも。

鬼だった頃は戦力になった禰豆子ですが、炭治郎たちが戦っている現場に人間の状態で向かうのは、怪我などを考えると危険です。

かといって鬼のまま向かっても無惨に吸収されてしまいそうなので、どちらにしても危険ですね。

 

禰豆子の血鬼術は、鬼の毒を分解できる作用があるのですが、ここで人間に戻ってしまっては炭治郎の体を完全に治すことができなくなってしまうのではないか?

という心配もあります。

 

愈史郎が今治療で使っている血清があれば大丈夫でしょうか。

血清はもともと、禰豆子の血液を採取し研究した結果、完成したものだと思われますし。

 

父親である炭十郎は、禰豆子にどんな役割を期待して、向かわせたのでしょうか・・・

吾峠呼世晴「鬼滅の刃」196話より引用

そして、柱たちの消息も少しわかってきました。

無惨が止めを刺せなかったため、皆生きているようです!!

そしてまた戦いに参加してくるとも。

 

全員重傷であることには変わりないので、無惨がこのまま珠世の薬で自滅してくれればいいのにと思います。

が、このまま弱って死んでしまうという展開はなさそうですので、油断は禁物ですね。

 

禰豆子や柱たち、炭治郎がこれからどう関わっていくのか、予想がつきませんが、もう誰も傷ついて欲しくない・・

そして、炭治郎と、人間に戻った禰豆子が早く再会できることを祈っています!!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です