最新ネタバレ298話!ハイキュー!考察!ツッキーと忠の涙腺崩壊のコンビネーション!

さて、音駒戦が始まり、現在第一1ゲームの8対10で烏野高校がリード中。

これから烏野高校のサービスエース王である山口忠のサーブが始まります。

 

山口忠のサーブは、影山と違って威力はないがかなり曲がるし、揺れる。

予想もつかないサーブに翻弄された対戦相手は少なくないです。

 

目立たないキャラの印象を持つ人もいるかもしれないが、山口は相当の努力家で、ここぞとばかりに決めてくれるサービスエースは頼りがいの何者でもありません。

 

さて、音駒戦では、どんなサーブを見せてくれるのでしょうか。

 

今回はハイキュー298話の内容を山口の話題を中心に届けます。

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!298話のネタバレ

それではハイキュー!!298話の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

山口のサーブはよく曲がるし、まるでナックルボール!

烏野高校のローテーション
  • 山口(サーブ)
  • 田中
  • 影山
  • 澤村
  • 東峰
  • 月島
音駒高校のローテーション
  • 山本
  • 灰羽(夜久)
  • 弧爪
  • 黒尾
  • 福永

現在2点差でリードしている烏野高校。

10対8の状況で山口のサーブが回ってきました。

 

さて、どんなサーブを打つのでしょうか。

第1ゲームが始まって、烏野高校のサービスエースはまだ0本。

エース影山も序盤の段階とはいえ、サービスエースをとれていません。

というか、影山は音駒高校との対戦でサービスエースをとれたことが一度もありません。

 

それだけ、音駒高校の守備は安定感抜群ということ。

ハイキュー298話より引用

笛がなり、山口のジャンプサーブが始まります。

ゆるやかな軌道に乗って、音駒高校の山本にボールが向かっていきます。

「オーライ」と山本がタイミングを見計らってレシーブを心掛けるのも「くん」っとナックルのように曲がるサーブにレシーブが追いつきません。

手元で伸びて、ぐにゃっとも伸びるサーブはまさに魔球!

ボールは山本の右手に当たりはしましたが、コート上の後ろに反れて、まさかのサービスエースがここで出ました!

 

本日1本目のサービスエースに烏野陣営や応援団も大盛り上がり!

先にサービスエースを決められた影山に「メラッ」と火がついたシーンもおもしろいです。

(くそ~、先に決められた!)

ハイキュー298話より引用

超負けず嫌いの影山の性格がチラッと出てましたね。

そして、音駒高校の1回目のTO(タイムアウト)に入ります。

現在、烏野高校が3点リードの11対8になります。

 

「忠大きくなって~」と烏野OBの滝ノ上祐輔と嶋田誠からは、「まあね」とまるでわが子を誇らしげに思うかのような一面もいいシーンでしたね。

 

槍と盾の最強コンビ!

ハイキュー298話より引用

そして、さらに山口忠のサーブは続きます。

しかし、2本目はさすがの音駒メンバー。

すぐに対応して拾います。

あっさりと海が拾ってナイスレシーブとなり、きれいにセッターに返ってきます。

そして、弧爪が黒尾の頭上を越えて、レストの福永にトスを上げます。

 

そして、福永のアタック!!!

しかし

ハイキュー298話より引用

これをツッキーが見事にブロック!

ブロックをするまでに間に、黒尾や梟谷学園のエース木兎との回想シーンが流れ、ツッキーのブロックが弱々しいと馬鹿にされていたシーンが振り返られます。

黒尾からの「(タダ)ノブカツくん」は、ツッキーがまだバレーに本腰を入れられずに成長も見られていなかった頃を思い出しますね。

詳しくはアニメ2期8話か10巻88話にバッチリ書いています。

 

その馬鹿にされていたころを完全に跳ね返すかのような、見事なブロック!

このブロックは音駒高校の黒尾から宮城県のインターハイ予選前の合同合宿中に教えてもらったキルブロックでしたね!

懐かしいです。

完全にアタックの勢いをシャットアウトするためのキルブロックが炸裂!

目の前の対戦相手である黒尾から過去に教わった黒尾直伝のキルブロックがこの烏野VS音駒戦の全国大会で見られるのも、とても感動します。

 

まさにツッキーと忠の織りなす技と技の組み合わせ。

忠と槍としてのサーブとツッキーのブロックとしての盾が融合した最強のコンビ技が炸裂。

まさに “サーブ(槍)“&”ブロック(盾)“

ツッキーも山口忠も二人ともかっこ良すぎです!

会場もライバル校陣営も大盛り上がりです!

そして、猫又監督や、鳥飼一繁 元監督もです!

そして、ツッキーと山口忠が小学生の頃~烏野高校に入部したての頃、合宿のシーンなどの回想が始まります。

 

スポンサーリンク

(バレーボールが)極、たまに面白いです。

https://twitter.com/yetailyaya/status/985761953124573184

かっこ悪・・・。

ツッキーはその言葉を言い捨てながら、山口を公園に置いていくシーンが出てきます。

いじめっこから山口を救ったシーンでしたね。(10巻88話、アニメ2期8話)

 

そうです。ツッキーと忠は、小学校からの付き合いなのです。

 

中学校のときに一緒につるんでいたシーン、烏野高校のバレー部で試合に出ているシーン、そして他のライバルとの合同合宿のシーンと回想が出てきます。

そして、ツッキーのバレーに対して、いくら頑張っても上には上がいる。

そんな状況でどんな原動力でバレーに打ち込めるっていうんだと山口に吐き捨てたあとの、

山口から

「そんなもん、プライド以外に何がいるんだ!?」

といって、ツッキーが山口の檄に

「まさか、こんな日がくるとは」

と山口のおかげでバレーに目覚めたツッキーの回想シーンが流れます。

セリフは298話には流れていませんが、実際の10巻88話では、そのようなシーンになっています。

 

ずっと昔から一緒だった、山口とツッキーがこうやって全国の大舞台で共に同じコートでライバルと戦っているのです。

 

二人のハイタッチは、あの時からバレーに目覚めたツッキーと、それを引き出した山口との強く深い友情の絆を感じますし、最高にかっこいい、鳥肌もののシーンでした。

 

そして音駒高校の黒尾から

「最近のバレーはどうだい」

と聞かれ、月島はこれまでに合宿で黒尾と木兎と一緒にブロック練習をした頃を回想します。

下手くそだったブロックを黒尾からテクニックを伝授され、木兎からはバレーの楽しさを教えてもらっていましたね。

そんな回想シーンが流れたあとに、

ハイキュー298話より引用

のツッキーの一言が、心の底からバレーを楽しめるようになったことを表しているセリフだったことはいうまでもありません。

ツッキーからまさかこんなセリフが出てくるとはツッキーの初登場シーンを振り返ると誰が予想できたでしょうか。

もう烏野高校VS音駒高校は、因縁の対決だけでなく、これまでのハイキューの歴史を振り返る最高の対戦にもなっていますね。

 

ハイキュー!!ネタバレ298話を読んだ人の感想や口コミは?

ハイキュー298話より引用

https://twitter.com/tasooomt6/status/985886225960599552

https://twitter.com/la_smsn/status/985821246381162496

いや~神回との声も出てくるくらい最高の298話でした。

やはりハイキュー!!読者にとってツッキーの著しい心の成長、バレーボールへの情熱と忠の熱いコンビネーションが見れた泣ける1話になりましたね。

 

ハイキュー!!ネタバレ298話のまとめ

ハイキュー298話より引用

山口忠の烏野高校の今試合初のサービスエースから始まり、そしてツッキーの見事なキルブロック、そして「極、たまに 面白いです」のツッキーのセリフ。

昔を回想するシーンも多く、忠とツッキーのこれまでのバレーボールへの葛藤や成長を振り返ることのできた最高の298話でした。

 

対戦相手の音駒高校メンバーのその成長ぶりに下を巻いていましたね。

まだ音駒戦は始まったばかりです。

歴史に残る烏野高校VS音駒高校の闘いはどこまで続くのでしょうか。

ただ、ずっと続いてほしい気持ちもします。

泣けるし、感動するし、熱いし、懐かしいしの4拍子揃った対戦をずっと見ていたい気持ちとどっちが勝つのかがとても気になる念願の対戦でもあります。

 

次はどんなエピソードが出てくるのか。

待ち遠しいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください