最新ネタバレ75話!Dr.STONE(ドクターストーン)考察!史上最短の戦争!「奇跡の洞窟」制圧までの“軌跡”

スポンサーリンク

羽京の条件付き協力。

偽リリアンによる内部工作。

大樹・杠の合流と、着々と戦力を整える科学王国。

彼我戦力で劣る千空たちの作戦は、ショーン・エイカー20秒の心理トリックを利用した電撃戦。

果たして「奇跡の洞窟」制圧なるか?

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ74話!Dr.STONE大樹たちがついに合流!電撃戦開始!

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)第75話のネタバレ

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

さてDr.STONE(ドクターストーン)の第75話タイトルは“Z=75 COUNT DOWN 20”です。

破裂板による火炎弾(火薬は入っていませんが)が帝国陣地に向かう迫力の1コマ。

ここから00:19の表示。

今週はまさに秒数との闘いです。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

突き進め!俺たちのスチームゴリラ号!

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

残り時間00:18。

発射から2秒で着弾。

そして激しい爆発音!

一発きりの必殺技「こけおどし火炎弾」です。

内部構造を見ると“リューさん”が登場。

久しぶりのご登場なので一応彼女(?)の説明しておきます。

可愛い顔していますが擬人化されたその正体は“硫酸”!

触っただけでも人の皮膚が溶ける劇薬の危険物です。

その硫酸と鉄の化学反応で発生した水素を利用しての爆発でしょう。

威嚇射撃にしては十分すぎます。

 

残り時間00:17。

ついに出撃するスチームゴリラ号!!

トラップだらけは100億%承知の上。

千空「無視!!突撃!!」

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

“ヤベー!!!”と驚くクロムやゲンも何のその。

残り00:16秒。

NASAの月面探査車も使うエアレスタイヤ。

竹製とはいえ同じ原理で不整地の罠や悪路をものともせず強引に進みます。

いいぞUSA!USA!

懸命にハンドル操作をするゲン。

残り00:15秒。

戦車の出現とトラップ無視で突貫してくるスチームゴリラ号に驚く兵士たち。

よく見るとゴリラの眼が窓になっています。

直進により数秒とはいえ時間の節約。

残り00:14秒。

次は白兵戦!

奇襲に敵は混乱気味。

コハク「混乱した雑兵は雑な攻撃をする」

金狼「『殺さず』無茶な注文だがルールはルールだ」

ここからは金狼とコハクたちが中心に切り込みます。

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

残り00:13秒。

敵の猛攻は大樹が守る!

帝国軍の打撃武器は主に石を加工したものです。

これではカーボン製の盾には効果なく、逆に武器が壊されていきます。

とはいえ大樹自身にも攻撃はヒットします。

「なんちゅうタフさ・・・」頭にコブができても負けません。

大樹「心配するなー!!攻撃は先頭で俺が全て受け止める」

カッコいい。

その一方で「人を殴るのは悪いことだー!!!」

敵からすれば戦闘中に何を言っているのだ~、ですな。

残り00:12秒。

コハク無双のように見えますが、敵の長槍は尖り石と竹を組み合わせたもの。

日本刀を所持する王国軍の武器スペックにはやはり差があります。

残り00:11秒。

ついスチームゴリラ号が擱座!

意気上がる帝国軍。

しかし千空には奥の手がまだありました。

 

秘密兵器登場

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

残り00:10秒です。

それを手にするマグマ。

なにやらドでかい中華鍋?パラボナアンテナ?

王国軍が急いで耳栓をします。

千空「喰らいやがれ 音響兵器ショックキャノンだ・・・!!!」

残り00:09秒。

音爆弾の破裂音が半球状の鋼板に反射して敵に直撃!

次のページに図説がありますが、音爆弾は61話で使用した“爆鳴気”でしょう。

あ、これは鼓膜が破れるわ。

音の反射は、山頂などで“ヤッホー”と叫ぶと山にあたった声が返ってくる「やまびこ」などがありますね。

続けてショックキャノン第2射!

残り00:08秒。

凄まじい爆発音を聴いて気絶する帝国軍兵士たち。

頭に星がグルグル回る描写が何とも古典的。

残り00:07秒。

洞窟の奇襲を受けた司の秘書?が報告に行こうとします。

なぜそこにいる?というのはこの際置いといて。

しかし羽京が弓で足止め。

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

そしてニッキーが「させないよ」と背後からのくすぐり攻撃。

これで司への報告は途絶えてしまいます。

残り00:06秒。

帝国軍の反撃で持っていた音爆弾が破損。

洞窟の中からも敵が押し寄せてきます。

さすがにコハクも守り切れないか?

唯一ピンチらしい場面です。

残り00:05秒。

「音 爆弾・・・」

大樹が何か閃いたか、力を込めて千空とクロムの前に立ちます。

その意図を理解した二人は必死に反射板を持ち上げる。

残り00:04秒。

おおおおー!!!

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

大樹が音爆弾の代わりに叫ぶ!

残り00:03秒。

その音の反響は凄まじく、残りの番兵たちを吹き飛ばします。

1.5ページ使った大迫力の1コマ。

残り00:02秒。

自らも被弾したにもかかわらず両腕をクロスして踏ん張る大樹。

このタフネスぶり。

二人がかりで反射板を抑えていた千空とクロムも驚いています。

吹き飛ばされた兵士たちの後ろには硝酸を溜めた器が。

しかし、フラフラしながらも倒れず無事のようでした。

喜びのスクラムを組む、千空・クロム・大樹。

 

そして洞窟制圧へ

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

残り00:01秒。

ニッキーの背後には寝返った帝国の仲間たちも参上しています。

“奇跡の洞窟完全制圧 ジャスト20秒”

残り時間は0!

そして死者数も0!

司の兵たちは降参または捕虜になったようです。

勝どきを上げる科学王国軍。

完・全・勝・利ッ!!!!

 

 Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ75話のまとめ

稲垣理一郎「ドクターストーン」75話より引用

いや~面白い!

話のテンポが早いので今週は最後まで一気読み。

短い時間をマンガで表現する場合の、時間表示(この場合は20秒までのカウントダウン)と少ない台詞による疾走感が上手くマッチしていたように思えます。

そして、まさかの秘策が音響兵器。

『ドラえもん』のジャイアンも驚く「ぼえ~」。

最後は千空とクロム、そして大樹の3人による「連係プレー」というのがまたアツい!

クロムと大樹は初めて合って間もないのに意思疎通ができている様に感じました。

 

さて次回の予想。

確かに洞窟は科学王国が制圧しました。

しかし、これは千空たちが一方的に決めた勝利条件にすぎません。

そのため、納得しない司や残党兵が今度は逆に攻めてくる可能性はあります。

従って、これ以上戦いを続けないためには、トップである司に敗北を認識させる必要があります。

  1. 死ぬまで徹底抗戦
  2. 偽リリアンによる離反を見て戦意喪失
  3. 捕虜引き取りを条件による降伏
  4. 千空が即興で火薬を作るなど力による屈服

などのパターンが考えられます。

奇襲にあったら逃げろと予め指示した司の性格からすると、仲間思いのところがあるので3という気もします。

もし、かつての毒ガス殺人の真犯人が氷月と分かった場合

⑤.氷月が司の背後からブスリと刺して裏切り

この戦争の最初で最後の犠牲者が司だった、というエンドもあり得ます。

次回あるだろう千空と司の会話。

その内容次第でどのルートを物語が進むか要注目です。

次回の話はこちら⇒最新ネタバレ『Dr.STONE』76話!人智を超えた最後の闘いが始まる!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です