最新ネタバレ『ワンピース(ONEPIECE)』920話!Ver2考察!20年前に起きた悲劇…!カイドウの住む鬼ヶ島へ討入り!

スポンサーリンク

おでん城に着き、錦えもん、サンジたちと合流したルフィ。

しかしそこで耳にしたのは、錦えもんたちが20年前からやって来たという衝撃の事実!

また、ワノ国の町の雰囲気や、過去なども少しずつ明らかになって来ました。

果たしてルフィたちはワノ国を救うことが出来るのでしょうか。

920話のネタバレスタートです!

 

スポンサーリンク

ワンピース(ONEPIECE』920話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

それでは『ワンピース(ONEPIECE)』920話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

おでんが創り上げたワノ国

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

衝撃の事実を知った麦わらの一味。

おでん城の本当の名前は「九里城」ですが、九里の人々は、おでんのことが心底好きで慕っていたため、おでん城と呼んでいました。

錦えもんはおでんのことを破天荒なお方と言い、楽しそうに話し始めます。

当時のワノ国の将軍「光月スキヤキ」の息子でありながらも自由人だったおでんは、暴力事件を繰り返し、花の都を追放されてしまいました。

その後、おでんは各郷から追放された罪人や浪人たちが徒党を組み、毎日血がながれる、ワノ国の「無法地帯」と呼ばれていた「九里」へ足を運びます。

将軍家さえもさじを投げるほどの凶悪な土地へおでんは行き、悪党たちの中でも最も危険な男と言われていた「アシュラ童子」と大ゲンカをして打ち取り、ならず者たちをまとめ上げたというのです。

この事実には流石にナミやルフィも驚いた顔を隠せません。

 

おでんは悪党たちに、働くことを覚えさせ、街を築き、皆の為に「桃源農園」を作りました。

笑いの絶えない活気ある”郷”を作り、それがスキヤキに認められ、おでんは「九里大名」の地位を20歳の時に与えられるという偉業を成し遂げました。

そんなおでんの口癖は「窮屈でござる!」という言葉だったと言います。

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

すると、シーンはゾロへ移り、迷子なゾロは船着場を見つけ、乗り込みに向かいました。

その後、九里のとある海岸にいるイヌアラシ公爵のシーンに移り、イヌアラシは1人「おでん様にはワノ国はちと狭すぎたのだ…」と呟きます。

そして、懐かしさに浸る中、イヌアラシはおでんとの出会いを思い返し涙します。

流れ着いたネコマムシとイヌアラシを他の者はただ恐れるばかりだったけれども、おでんはそうではなく、「異形を恐れるのは己の無知ゆえ!!」と、2人をいじめてた者たちを叱っています。

イヌアラシは涙を流しながら「彼こそ我らの恩人…!!彼こそ英雄…!!彼こそ主だった…!!」と言い、シーンはまた移ります。

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

錦えもんがおでんのことをものすごく楽しそうに話しており、彼の人間の良さが伺えますよね。

また、花の都を追放されるなどおでんの破天荒さも伺えました。

さらに今回の新情報としては、おでんの父親であり、錦えもんが生きていた時代の将軍の名前が「光月スキヤキ」ということですよね。

今回もユーモア溢れる名前ですね!!

 

ゾロが映ったのは半ページ分くらいでしたが、船に乗り込もうとしている描写があることから、今後しばらくの間はゾロの1人行動が続くかもしれませんね。

また、イヌアラシ公爵が言っていることを考えると、破天荒なところはあるものの、男気と皆をまとめ上げるカリスマ性は持ち合わせているようです。

また、彼らが言っていた待ち続けていう人というのは、おでんのことだったのかもしれませんね!

 

ルフィたちが聞いた残酷な真実

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

シーンは錦えもんが楽しそうにルフィたちにおでんの話をしているところに戻り、そこでは、セリフはないものの、ルフィが大爆笑しているコマや、サンジが驚いているコマなどが描かれており、内容がかなり気になるところです。

 

ロジャーが惚れ込んだワノ国の”侍”というセリフが書かれた後に出て来たコマは、サンジの怒り溢れる顔、ナミが涙しながら「なにその話…!!ひどい」と言うコマ、そして絶望した表情でルフィが「で おでんはどうなったんだよ」と怒っているコマでした。

セリフのない部分で何が話されていたのかはわかりませんが、かなり衝撃的なことだったのでしょう。

錦えもんの空白のセリフの後、ルフィは憤怒した様子で「何だとォー!冗談じゃねェ!汚ねェぞオロチー!」と言っています。

それを遮るようにして錦えもんは、「その 壮絶なるおでん様の死は 20年前の昔話だが…」「我らにとっては ほんの数ヶ月前の出来事」と泣きながらいいました。

また、モモ、お菊、そして話を聞いていたキャロット、チョッパー、ブルックもまた涙していました。

 

20年前、何があって、錦えもんが何を話していたのかは明らかになっていませんが、かなり衝撃的な出来事であったことが伺えますよね。

きっと明かされるのはかなり後になりそうですよね…。

 

スポンサーリンク

トキトキの能力者、トキ様

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

壮絶な状況にあったことを聞き、サンジはその状況でよく助かったな、と言うと、錦えもんは、周りに味方は1人もおらず、無我夢中で逃走したと言います。

さらに、イガミ合うネコマムシとイヌアラシがオロチの手の者に捕まり、2人の命は諦めたと言い、驚く麦わらの一味ですが、そのまま話を続けます。

錦えもんは、誰が死のうと誰かがおでん城にたどり着き、次に狙われる白にいるモモの助を助けなくてばと思い、急いで向かいますが、そこはすでにカイドウの手が回り、城は燃えていたと言います。

城内にいたのは、モモの助とその妹の日和、そして母のトキ。

錦えもんは、トキには噂があり、遠い過去に生まれた人だったという噂があったと言います。

錦えもんたちが城内にはいると、そこには日和を抱えたトキと、モモの助がいました。

トキは「人は決して過去には戻れないけれど… 未来へなら行けるのよ…!」と言い、トキトキ能力で錦えもんたちを20年後に飛ばしました。

トキは、「遂にたどり着いたの… 旅の終着点に」と言い、20年前に留まりました。

そして飛ばされる直前にモモの助を託された錦えもんはオロチとカイドウを打ち果たし、おでんの意思を継いでワノ国を開国させると誓います。

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

おでんの奥さんであるトキの持つ力は「トキトキ」の実と言うことが明らかになりました。

この力があったおかげで、錦えもんたちは20年後にやってくることができたのですね。

ネコマムシとイヌアラシが喧嘩していたけれど、2人の命は諦めたと言う点は謎が残りますね。

その後、彼らは逃げ切ることができたということだったのでしょうか?

 

20年後の未来で錦えもんたちが見たもの

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

トキの能力で20年後に飛ばされた錦えもんたち。

最初は困惑していますが、目の前に立つ光月家の墓を見て、本当に20年後にタイムスリップをしたのだということを理解します。

その後、町の現状を見るために歩き回るとそこには、工場や、黒鉛、口もつけられない水と支配された食料、「大名」と「郷」は滅び、「光月」が蔑まれている現状には、彼らの知るワノ国の姿はなく、一緒に戦ってくれる仲間すらもいないと思いました。

しかし、街を散策していると、「光月モモの助様に間違いはありませぬか」と、20年間待ち続けている武士たちがいました。

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

彼らは、トキの放った一言を信じ、待ち続けていたというのです。

それが、前回も登場した、20年後の光月家の復習を示す言葉。

信じきることは出来なかった武士達ですが、赤鞘九人男の遺体が一体も確認されなかったことから、もしかしたら赤鞘九人男が20年後の未来に姿を現し、オロチを討つために指揮を取ってくれるかもしれないと思いました。

そしてその時、戦う意思のある者は、足首に月の印を掘っており、どこで何をしていようとも味方であるという証拠だと言い、ここから同志を探し始めます。

 

以前出て来たトキの放った言葉の噂が、まさかこんなにも早い展開で真実となって明らかになるなんて思っていませんでした!

また、ワンピースで度々出てくる「月」

今回も何か関係があるのでしょうか?

 

カイドウの住む「鬼ヶ島」へ討入り!

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

味方がまだいるということを知った錦えもんたちは、お菊が町に残り敵側の調査を行い、錦えもん、雷ぞう、カン十郎、モモの助の4人で旅に出ることになりますが、ゾウを目指している時に雷像と離別し、ドレスローザではカン十郎と別れ、行き着いたパンクハザードで出会ったのがルフィたちだと言います。

たくさんの危機はあったものの、出会いに恵まれたため、オロチの軍勢は完全にはこの事態を信じていなく、まだ錦えもん達は亡霊扱いだと言います。

そのため、指名手配すらもされておらず、再び入国したこと気づかれていません。

このまま、”バレないこと”が大切だと錦えもんが言うと、堂々と「よしわかった!」と答えるルフィ。

錦えもんが理想とする戦力は5千人。

今の段階では、麦わらの一味、ハートの海賊団、銃士隊、侠客団、そして反乱の意思を持つ侍達です。

しかし、錦えもんが行いたいことは決して戦争ではなく、極秘の内に情報を集め、計画的に「大将」の首を取ること。

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

そして、2週間後の”火祭りの夜”カイドウの住む、「鬼ヶ島」へ討入りを決行することを断言して、920話は終了。

 

パンクハザードでのルフィ達との出会いは、色々な苦難の途中だったのということがわかりました。

バレないこと、が大切である今回の戦いですが、果たしてルフィは作戦通り動くことができるのでしょうか。

今までの戦いを見る限り、かなり難しそうですよね。

 

『ワンピース(ONEPIECE)』ネタバレ920話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」920話より引用

鬼ヶ島という言葉が出て来て、いよいよ桃太郎的な展開になって来た920話。

果たして、四皇との戦いはどうなるのでしょうか!

衝撃的な展開が毎週繰り広げられるワンピースですが、来週は休載のようです。

1週間空いてしまいますが、その間にしっかりと内容の確認をしたいところですよね!

921話に期待です!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください