最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』129-130話!追い詰められた千空!切り札は氷月!!

スポンサーリンク

島ごと石化計画のため、宝島の全島民をペルセウスに一時避難させるイバラでしたが、千空は「アホほどありがたい大チャンス」だとこれを千載一遇のチャンスと捉えます。

石化した党首像を運んできて、イバラの悪事を白日の元に晒すつもりなのです。

大樹やソユーズたちが党首像ゲットチームとして後宮に向かいましたが、党首の石像はイバラによって既にバラバラにされていました。

懸命に修復作業に取りかかる中、ソユーズは幼いときからの全ての記憶が蘇ります。

「父さん・・・」

涙を流しながらも必ず元の姿に戻すと誓います。

一方、千空たちは暴走するマグマと合流しつつ、大樹たちが党首像をペルセウスに運んでくるまでの間、時間稼ぎのため大暴れをするつもりです。

 

スポンサーリンク

 Dr.STONE(ドクターストーン)129話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第129話『Z=129 JOKER』の要点をまとめてみます。

ようやく助けが来たと思いきやペルセウスに向かうゲンの気の毒さとは対照的に、やる気満々の千空たち大暴れチーム。

このままど真ん中に突っ込むというのです。

見開き扉絵の向こうは羽京が火の弓を放ち後宮にも煙が立ちこめているなど、あちらこちらでの乱戦模様。

千空たち大暴れチームは、たった9人で何百人といる宝島軍に如何にして闘うつもりなのでしょうか。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

ハッタリ光の槍

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

科学王国切り札の銃は未だにマグマが所持しています。

銃を製作した覚悟や千空が掲げた不殺の意図を気にすることなく、マグマはイバラをブチ殺す!と所構わず銃を乱射します。

弾はイバラに当たるはずもありませんが、跳弾に怯える宝島軍の兵士たちは妖術使いが何人いるのか不安になってきます。

アホらしいくらいのマグマのオンリーワンの強みを嘆くゲンでしたが、男気あるニッキーがマグマの脳天をボコってようやく一段落。

ようやく銃は陽の手元に戻りましたが、残りは3発分しか残っていません。

そこで千空はアルミホイルにマグネシウムを包み込んで即席の花火を作ります。

意気揚々と花火の要領で天に向かい銃を撃つ陽。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

妖術「光の槍」!

ここでゲンが得意のハッタリトークで宝島軍に話しかけます。

妖術使い50人が光で皆をやっつける。

そこかしこに外れたマグマの銃痕もあり、恐れをなした宝島軍の兵士たちは一目散に海に飛び込んでペルセウスから脱出をしていきます。

 

スポンサーリンク

モズの参戦

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

すると今度はモズがペルセウスに予想より早く強襲してきました。

今度は逃げ場も交渉も通用しません。

敵の本丸との正面衝突。

頼むよ保安官!とニッキーに檄された陽はモズを狙いましたが、この一撃をモズは躱します。

次弾のトリガーを引く一瞬の隙をモズは知っていました。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

陽は妖術使いではないと見破ったモズは、陽が二発目を打つ前に一蹴。

陽はそのまま海にペルセウスから落下していきます。

今度は一番槍の金狼がモズに立ち向かい、ニッキーも参戦しますがやはり敵いません。

ゲンは千空に切り札は無いのかと聞きますが、さすがにそんなものは無いと困ったような表情する千空。

科学王国はモズから逃げるようにペルセウスの後部に下がりながら後退をしていきます。

 

復活!司帝国ナンバー2!

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

とうとう追い詰められた千空たち。

行き止まりとなり、いよいよ逃げ場がありません。

おじちゃん感動したと言いつつも、そろそろ終わりにしようかと勝利を確信するイバラ。

しかし千空はまだ諦めてはいませんでした。

はるばるこの部屋に来たのは「追い込まれた」ではなく逆に「追い込んでいた」というのです。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

すると手に持っていた復活液を自分の真うしろにある檻に放り投げました。

その中には捕虜として収監されていた、氷月とほむら。

宝島軍は2人がいた鉄の鍵を開けることが出来ず、石化はしたものの破壊をしていなかったようです。

科学王国の切り札として石化解除した氷月。

金狼から金の槍を託されて遂に蘇ります!

次回はセンターカラーです。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ129-130話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」129話より引用

かつての宿敵である氷月が、最後の切り札として味方感を漂わせながらドンッと登場したラスト。

しかし、一度は司に重傷を負わせて、千空すら意に沿わなければ躊躇いなく殺そうとした男が、果たして千空のお願いを素直に聞くとは思えません。

これで千空の味方になれば「ジャンプ」お得意のパターンですが、万が一イバラと手を組んだならば間違いなくゲームオーバーです。

そういう意味では今回のタイトルにあるように、まさしくジョーカーでしょう。

コハクを指標にした場合、科学王国VS司帝国の際に氷月はコハクとのタイマンで圧倒していることから、モズと氷月の実力は伯仲していると思われます。

ちなみに、氷月とほむらが収監されいた場所は、ペルセウス後部の中2階に相当する倉庫になります(内部透視図は102話を参照してください)。

すると一つ疑問が残りました。

119話で修復した身元不明なロン毛の男性。

この石像がてっきり氷月だと思っていましたが一体誰?

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です