最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』130-131話!氷月が千空たちの味方に!最凶男の最強の選択!

スポンサーリンク

大樹たちが党首像を運んでくる間の時間稼ぎとして、わずか9人で100人以上の宝島軍がいるペルセウスに殴りこみをかける千空たち大暴れチーム。

イバラをブチ殺すと物騒な言葉を吐きながらマグマが銃を乱射します。

おかげで残り弾は3発になりましたが、ともかく陽の手元に戻ります。

マグネシウムで即興の花火を作り空に打ち上げると、「光の槍」を使って妖術使い50人で倒すというゲンのハッタリトークに宝島の兵士たちは恐れて一目散にペルセウスから逃げ出します。

すると今度はモズが鬼の様な形相でペルセウスに向かってきます。

あっさりと陽や金狼が倒されると千空たちは船尾の倉庫にまで追い詰められます。

しかし、千空は逆に「追い詰めた」と言い復活液で氷月を蘇らせるのでした。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)130話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第130話『Z=130  悪魔の選択』の要点をまとめてみます。

千空が手を出したジョーカーである氷月。

味方になれば頼もしいことこの上ないですが、かつての仇敵が遺恨なく手を組むのか疑問はつきません。

果たして氷月はどちらの軍勢につくのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

昨日の敵は今日の味方?ジーマーで復活した衝撃。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

かつての司帝国のNo.2氷月です。

しかし、氷月の凶悪さは科学王国の誰もが承知しています。

銃が無い今、如何にして彼を止めるのかと問われる千空ですが、この状態ではそんな先のことを考えている余裕はありません。

宝島の最強男モズに対抗できるのは氷月しかいないのです。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

一連の出来事と石像で破壊したはずの龍水を観察するイバラにマグマは突っ込んでいきますが、それをモズが蹴散らします。

モズ一人が次元の違う強さだと感じる氷月は、自分が何故復活したか理由が分かりました。

その上で、ここで科学王国に与するか、それともモズと手を組み科学王国を殺すか。

決定権が完全に自分の手にあることを氷月は理解するのでした。

 

ちゃんとしている

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

イバラは千空たちが妖術で石化復活をする方法があると判断して慌てます。

党首像はパーツが欠けているため復活することは無いと知りつつも、後宮に残してきたことに危険を感じ急ぎ島に戻ろうとします。

その後宮では、杠たちの労力もあり破壊された党首像の修復に成功しました。

20年も一人ぼっちにさせたことに謝罪をしながらも、これから島民に合わせてあげると決意するソユーズ。

一方、氷月VSモズを実現させるたの策を頑張れメンタリストと自分を鼓舞します。

少なくとも氷月が科学王国の味方だと、モズが勝手に思ってくれたら否応なしに向こうから氷月に襲いかかるかもしれないと目一杯に思案します。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

そこで目を付けたのはニッキー。

氷月とラブリーなフリをしてと、いかにもこちら側の味方だとモズに勘違いされるため一芝居打って欲しいとゲンはお願いします。

しかしながら、実は一番の乙女キャラだったニッキー。

そんなセリフは一番好きな人にだけと、ガチで顔を真っ赤にして照れてしまします。

そんな二人に背中から声をかける氷月は、土下座して謝るゲンを怒ることもなく、苦手な科目に対処しようとしたニッキーにも寛大な様子です。

そう。 

自分の後ろにいる連中を含めて皆「ちゃんとしている」と感じているのでした。

 

スポンサーリンク

千空を仲間と認める氷月

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

しかしモズと組んだ場合には、このちゃんとした科学王国を殺さなくではいけません。

そもそも千空が全人類を救うなどという、浅はかな大義さえなければと思う氷月は「人類の選別」をして優れた遺伝子を残し進化してこそ万物の霊長だと自分の考えをモズに語ります。

それならば既にカワイ子ちゃんだけを選んでいると、何なら自分もハーレムを作れば良いと答えるモズの基準は美男美女です。

そのころ、陸地からペルセウスに今度はキリサメが向かってきました。

絶妙のタイミングで駆けつけた姿を見つけたイバラはイイネ!と言いながら、キリサメに島ごと石化するよう命令をするのでした。

船内の倉庫では千空を狙ったと思われた氷月の槍がモズを狙っていました。

氷月は千空たちの味方を選んだのです。

ここにいては邪魔になると移動する千空たち。

かたや党首像を担いでペルセウスに向かう大樹たち。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

「ほら実にちゃんとしてますよ、私の仲間たちは」

参戦した氷月はモズを圧倒し一撃を与えます。

いよいよ戦いはクライマックスの様相です。

次回はお休みです再来週からの再開となります。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ130-131話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

久しぶりに登場した氷月。

しかし、その口元には以前にあった幾何学的な禍々しい石化跡が消えていました。

善人キャラになると跡が消えるのでしょうか?

センターカラーで描かれていたほむらが登場していないことから、千空が用意できた復活液は一人分というのが分かります。

ともかく千空は最恐のジョーカーを味方にすることに成功しましたが、劇中「千空が全人類を救うなどと大義さえ立てなければ」というセリフがあったことから、最初から科学王国の味方になるつもりだったと思われます。

千空は全人類。

司は若い男女。

氷月は優秀な人類。

モズは美男美女。

と選別についても色々考えが異なるのは面白いですが、モズにしてみれば氷月が望む模範解答をしたつもりでしが完全に見誤ったようです。

モズ基準では美女の選択から外れるであろうニッキー。

しかし氷月基準では苦手なことに対処できていると選ばれるべき人間となります。

その違いを比べると、モズは表層的な基準で人間を選別しているに過ぎないというのがハッキリします。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」130話より引用

気になるのは千空たちが石化像を復活出来る妖術があると知ったイバラが、それでも党首像は復活出来ないことも知っていた点です。

もしかしたら党首像の欠けた右半分をイバラが実は隠しているという可能性はないでしょうか?

だとしたら誰が石化復活の特徴をイバラに教えたのか新たな疑問が出てきます。

次回はキリサメ、そして大樹たち党首像ゲットチームと、主要人物がペルセウスに全員集合してきます。

もしキリサメが石化装置を投げる前に党首の石化像を見たならば、形勢は一気に科学王国が優位に傾きます。

騙されていたと気付いたキリサメがどのような行動を取るのか注目です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です