最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』166-167話!考察!両軍チェックメイト!

スポンサーリンク

龍水たちに背後を取られたスタンリー機はロックオンされまいと、機体を左右に振るジンキング。

上空の戦いに皆の注目が集まる中、突如として潜水艦が浮上してきました。

潜水艦の先頭に装着した爆弾で被弾するペルセウス。

その直後、爆炎と共にスタンリーの部下たちが、一気にペルセウスの制圧に乗り出してきました。

わずか10秒でほとんどの船員は捕虜となりましたが、船中に潜んでいたモズと松風はマシンガンに怯むことなく敵を返り討ちにします。

一方のドッグファイトは、龍水たちがスタンリー機の頭を押さえるとアセチレンガスの絨毯爆撃を開始。

敵機のエンジントラブルを狙うのでした。

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE(ドクターストーン)』166話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第166話『Z=166 最強のナイト』の要点をまとめてみました。

本作もついに連載3周年となりました。

早いものです。

センターカラーと連動した記念企画は、千空が発明したクラフトの人気投票です。

1位はコーラ。

2には日本刀。

3位はサルファ剤。

“人気”というジャンルでくくりながらも、サルファ剤がベスト3にランクインしているところが、このマンガらしいです。

個人的には実用性も踏まえるとケータイと、あと地味にメガネなんですがね。

物語は空と地上での総力戦になりました。

空中では龍水&千空が優位の一方、ペルセウスは敵の上陸部隊に制圧されるなど、激しい攻防が続いており、そろそろ決着に向けて動きがありそうです。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

島戦士たちの反撃

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

潜水艦との衝突で煙が上がるペルセウス。

本陣で連絡を待つゼノに“制圧完了”の通信が入りました。

この報告を聞いて驚くゲン。

科学VS科学のリーダーを取り合う新世界のチェスは、ゼノたちの勝利でしょうか。

制圧部隊は完全勝利だと沸き上がっています。

制空権争いは、何も空の戦いだけ勝てばいいというものではありません。

飛行機の着陸場所を抑えてしまえば良いのです。

すると船内の制圧を担当していた兵士が、負傷しながら甲板に戻ってきました。

マシンガンを前に槍刀で飛び出す島戦士たちの活躍。

モズは氷月から習得した管槍で敵兵を次々と撃破していきます。

管槍の伸び具合を確認するモズは、特訓した甲斐があったとご満悦。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

いったん船内から退避した制圧部隊は、階段上より今度は手榴弾を多数投擲します。

それを待ち構えているのは松風でした。

石化前に上空から降り注ぐ石化装置をリアルタイムで体験した松風は、忌まわしき範囲攻撃への投擲対策を数百年前から磨き上げてきました。

手にした竹刀で全ての手榴弾を一つ残らず上空に弾いては、船内への被弾を回避することに成功します。

現代と古代の合わせ技に満足のモズ。

狭い船内でこれ以上の被害は増やすことも出来ず、ゼノたちの軍は科学王国の連中を奴隷として使いたいから、これ以上の無茶をしないことまでを計算尽くで煽ります。

一方、ドッグファイトも終わりを迎えたようです。

 

スポンサーリンク

本当の隠し球

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

千空がばらまいたアセチレンガスの絨毯爆撃が、スタンリー機にダメージを与えました。

ガスを吸い込んでエンジントラブルを引き起こしたのです。

地上に不時着するスタンリー機。

しかし、よく見ると龍水たちの飛行機も煙を上げています。

どうやら自機もガスを吸い込んだようで、千空たちも前方から豪快に飛行機が墜落します。

スタンリー機に近寄る龍水と千空。

スタンリーは発砲をしますが、この近距離で2人を命中させることができません。

長距離射撃で千空を狙撃した男らしからぬミスに驚く龍水。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

良く見るとヘルメットを外したパイロットは、スタンリーではありませんでした。

別人だったのです。

替え玉の女性パイロットはスタンリー隊長ならば外しはしないと強弁を言い、本物は凄腕スナイパーを警戒して科学王国のメンバーが船内に閉じこもることを想定し、潜水艦に同乗していたのです。

そのペルセウスでは主役登場だと、スタンリーが勢いよく潜水艦から飛び出して来ました。

ジャンプ一番でモズと松風の間に着地すると、まずは松風の竹刀を近接銃で破壊します。

次にモズの管槍を躱すと槍と右腕を銃で破壊をします。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

タバコを咥えながら仕事の終わりを宣言するスタンリーは、全員の捕獲を宣言するのでした。

 

スポンサーリンク

ワレ侵入二成功ス

その報告を聞いたゼノ。

最強のナイトで実にエレガントな詰みだと、チェスの盤面を前にチェックメイト。

しかし、それは千空も同じでした。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

科学王国の最強ナイトである司がゼノの本拠地に潜入を成功したいたのです。

居残り舞台を氷月とコハクが撃退する中、司の大剣がゼノに迫ります。

科学王国の電撃チェックメイト!!

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)』166-167話のネタバレのまとめ

息もつかせぬ両軍の攻防。

戦術面でドッグファイトを制しても、飛行機が着陸できなければ敗北だとするゼノたちの戦略眼。

あくまでも本命はペルセウスの制圧であり、モズの言うとおり奴隷の確保が真の狙いでした。

こうして鑑みると、飛行機による攻撃は別パイロットを乗せるなど、それほど重要視していなかったことが分かります。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」166話より引用

ここで重要なのはモズの言う、ゼノたちの「人手不足」というセリフです。

ポイントとしては2点。

アメリカではモズたち精鋭部隊のほかに自力復活者が居なかったことが想像できます。

もう一つは、プロ集団であるスタンリーたちが圧倒的な武器を保有しながらも科学王国のメンバーを無差別に殺傷しない理由付けにもなりました。

 

ラストシーンで間に合った司の迫力あるチェックメイト。

リーダー自ら捕獲されたゼノ。

対して仲間たちを捕獲された千空。

戦闘はこれで終了の様子です。

次回以降は両軍が人質交換として交渉に入るのでしょうか。

それとも一発逆転を狙うゼノが、ブロディの開発した秘密兵器の使うのか。

そのタイミングも注意するところでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です