最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』186-187話!考察!男を見せた銀狼に立ちはだかる最強軍人!プロ同士の交渉術!

スポンサーリンク

アラシャでの最終決戦の準備を進める千空たち。

スタンリーたちを一網打尽するためには、広範囲でメデューサを起動させて一度は敵味方全員が石化。

その後に距離を取り離れていた監視役が、味方のみを復活させるという方法です。

監視役にスイカ、その世話係はフランソワが仕切ることになりました。

川沿いに身を潜めるスイカたちは上陸するスタンリーたちを発見。

するとスタンリーの部下が毒グモに噛まれるアクシデントに遭遇します。

人命救助のため飛び出したスイカに気が付いたスタンリー部隊。

果たしてスイカの運命は?

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE(ドクターストーン)』186話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第186話『Z=186 刃十人十色』の要点をまとめてみました。

今回は久々のセンターカラーです。

扉絵には最強軍人のスタンリー。

首にかけているのは“ドッグタグ”こと認識票。

タグには名前や血液型などの個人情報をはじめ、アメリカでは社会保障番号などが刻印されているそうです。

そしてもう一つ気になるのはゼノを模したアクセサリー。

どんだけゼノを好き過ぎるのか。

口数少ない漢の熱い友情の一コマです。

物語はピンチのスイカですが、このまま銃殺されてしまうのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

フランソワから銀狼&松風へ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

スタンリー部隊急襲。

FREEZE!(動くな)とスイカに警告が発せられます。

しかし、銀狼と松風はフリーズの意味が分かりません。

それはスイカにも同様でしたが、とにかく絶対捕まってはいけないと遁走。

21世紀を知らないスイカに警告の意味が通じるはずもない。

由々しき事態に、木の影からハンドサインで左に進むよう指示するフランソワ。

しかし、その先にはスタンリーたちの別部隊がいました。

フランソワが携帯する武器になりそうなものは、調理用ナイフが一つのみです。

このままナイフを武器に飛び出したところで銃殺されるだけ。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

ならばと、フランソワは人質として連行される銀狼と松風に向かってナイフを宙に放り投げて後を託します。

 

スポンサーリンク

松風から銀狼へ

宙に舞うナイフに反応したのは松風でした。

それは決して幸運などではなく、石化装置などの投擲武器への対応力を磨き上げてきた松風ならではの動きです。

敵兵を蹴飛ばしながら、その勢いを利用して跳躍。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

空中回転でフランソワの投げたナイフを背面キャッチします。

しかしながら、縛られた後ろ手で掴んでも己の縄を斬ることは不可能です。

ならばと、後ろ向きのまま銀狼の縄を松風は斬るのでした。

今度は縄のほどけた銀狼に松風が後を託すのでした。

銀狼を取り押さえろと叫ぶ兵士たち。

しかしスタンリーは即座に発砲せず様子見です。

違和感を覚えるフランソワ。

肝心の銀狼は既に涙目ですが、この近距離ならばスイカを逃がす一瞬だけならば闘えると思います。

それでもムリムリムリと塞ぎ込む銀狼。

おとなしく縛られようと思いますが、銀狼の脳裏に浮かぶのは松風の忠義です。

その間にもスイカ目がけて銃のトリガーが引かれようとしています。

絶体絶命のスイカ。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

その瞬間、銀狼は木の棒を拾い上げると棍棒のように振り回し、スタンリー兵の足元を払いのけます。

スイカを撃つのだけはダメだと、漢を見せる銀狼。

自分が石神村の門番だと思い出して割と強かったことを認識しますが、その喜びは束の間でした。

スタンリーの反撃で瞬く間に再度拘束されてしまいます。

 

スポンサーリンク

フランソワからスタンリーへ

この流れに疑問が湧いたフランソワ。

これほどの凄腕を持つスタンリーが、銀狼が暴れる前に何故撃たなかったのか?

考えられる理由はただ一つ。

撃てなかったのではなく、捕虜である銀狼が攻撃態勢を取るまでは撃たなかったのです。

そもそも銀狼と松風には拘束中に暴行を受けた形跡はなく、戦争の捕虜としてある程度のルールに基づき扱われていると判断したフランソワ。

スタンリーたちは殺人鬼ではなく「軍人」。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

ならばと、フランソワは姿を現して自分たちは「民間人」であることをアピールします。

スイカは医者で毒グモの患者を救い、自分たちは安全のために千空たちと離れることになったと主張。

キリっとした佇まいで、攻撃の意思はなく従軍することを宣誓します。

それを聞いたスタンリーは、今の話が本当ならば撃ちはしないと返答。

フランソワとスイカは捕虜として拘束されるのでした。

 

スポンサーリンク

そして千空たちへ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

自分のせいで、スタンリーたちのことを伝えられず大ピンチだと落ち込むスイカ。

しかし、フランソワはやはりお手柄だったと答えます。

レナードはフランソワが捕まる直前に電波の使用を確認。

電波の使用を認めるフランソワは、念のために二手に分かれたとアメリカ本土に連絡したと平然と答えます。

しかし、その目的はスタンリーたちとの接触を伝えるためのものでした。

龍水は敵に位置を知られることを厭わずに電波を発したと想像しますが、千空の予想は逆でした。

フランソワは自分たちに位置を知らせたと推測します。

敵よりも早く位置を把握した千空たち。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

羽京とも地図の上からスタンリーたちの位置が見えると確信します。

戦局は動き出しました。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)』186-187話のネタバレのまとめ

今回のストーリーは、次々と話を繋いでいくという、いわゆるリレー方式の展開でした。

セリフの所々に「ならば~」という文言が多いことにお気づきでしょうか?

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

フランソワが最後に託したのは、味方ではなく敵のスタンリーという意外な流れ。

銀狼とのバトルを見て、些細な違和感を覚えたフランソワの気付きは、まさにプロ執事です。

21世紀までの倫理観が崩壊したストーンワールドでありながらも、スタンリーたちは職業軍人としての倫理観を守っていたようです。

少なくても民間人に対しては、問答無用で銃を撃つ輩ではありませんでした。

敵ながらも尊敬に値する行動とは思いませんか。

実はネタ枠かと思われたセンターカラーの扉絵も、そう考えるとタグを身に付けているスタンリーの姿は、今も誇り高いアメリカ軍人という矜持の意思表示とも解釈出来ます。

他のポイントとしては銀狼のちょっとした勇気。

ゲス野郎の不名誉を欲しいままにしていた銀狼の進化を感じます。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」186話より引用

最後はフランソワの奮戦。

前回はスタンリー発見の電波を流すことを躊躇ったフランソワでしたが、今回人質となるタイミングで本音を上手く隠しつつ、スタンリーとの接触を千空に連絡することに成功しました。

敵の位置を把握した千空たちですが、果たしてメデューサの再起動が成功したのか気になります。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『Dr.STONE』185話!トライ&エラーは前進の証!スタンリー・・

⇒『Dr.STONE』184話!決戦の時迫る!最後は自爆?!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です