最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』194-195話!考察!スイカ復活!!ひとりぼっちの地球人

スポンサーリンク

石化の波がとうとうアラシャの地にまで及んできました。

戦場を離れていたルーナとチェルシーでしたが、復活液を真上に投げて石化を解くことは無理そうです。

数千年前と同じ石化の再現性を目の当たりにして、エレガントな滅びの光だと感動するゼノ。

メデューサの砦であるタワーに設置された、復活液のビンを破壊しようと試みるスタンリー。

千空たちが復活した場合、ゼノはその知見から蘇るだろうと推測。

一方で危険な存在となる自分は永久に石化したままだと予想します。

それでも親友が好きな科学を続けられると判断したスタンリーは、ビンの破壊を断念して千空たちの勝利を認めます。

タイムラグで科学王国、そして宝島にも迫る石化光線。

こうして、世界中の人間は全て石になったのです。

それでも石像の人々たちは、必ず復活の時が来ることを知っています。

石化しながらも意志を保ち続ける千空は、再び秒数のカウントを始めるのでした。

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE(ドクターストーン)』194話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第194話『Z=194 ひとりぼっちのホモサピエンス』の要点をまとめてみました。

地球を襲った二度の疫災により全人類が石化となりました。

勝利のために地球全土を巻き込んだ作戦を敢行した千空。

最初の石化と状況が異なり、今度は誰もが蘇る可能性がありますが、果たしてスイカは復活して事は上手く運ぶのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

悠久の時

メデューサの砦の真下で手を伸ばした状態で石化となったスイカ。

地球は静寂したままです。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

科学王国ではルリやコクヨウ。

北米のコーンシティでは発動させたジョエルたち。

宝島では祈るように身を屈めるアマリリス。

誰もが例外なく石化していました。

荒れ放題のタワーの下。

植物に覆われたスイカは辛うじて、頭の一部と右手が確認できるほどです。

その間にも千空たちが設置したスピーカーは動いていました。

スピーカーを敵だと勘違いしたのでしょうか。

トラが威嚇します。

するとショックキャノンで何十倍に音が反響。

復活液のビンに亀裂が入るのでした。

しかし割れるには至らず。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

日本に残るスイカのペットだったチョーク。

飼い主を思い出して夜空に咆哮しますが、スイカの姿はいよいよ右手を残して隠れてしまいました。

 

スポンサーリンク

石化解除

地表に降り注ぐ雨。

するとタワーのそばで雷が落ちました。

その音を拾ったスピーカーからの大きな衝撃音で、遂に復活液のビンは壊れます。

こぼれた復活液がスイカの右手に降り注ぐのでした。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

勢いよく弾ける石化。

ここにスイカが念願の復活を果たします!

呆然とするスイカですが、しかめっ面で目を細めて状況を把握。

ようやく石化解除したことを理解したようです。

喜んでタワーの外に出たスイカは、急いで千空の元に駆け付けます。

しかしながら、千空は石化したままです。

スタンリーとの戦いを前に、別動隊の復活役を任されていたことを思い出すスイカ。

途中で捕虜になるなど、色々とありましたが、最後は復活役になれたと喜ぶスイカはお役に立つと意気込みます。

 

スポンサーリンク

わたしは『にんげん』

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

早速みんなにも復活液をかけようと走りますが、転んだ拍子にある問題に気が付きました。

「復活液、どこ…??」

捕虜から解放された現場に戻るスイカ。

そこには松風、羽京、銀狼らが石化していました。

近視のためスタンリーたちに撃たれたお面を探すスイカ。

割れたレンズを通しながら、千空が復活液を持っていないことを確認。

自分が浴びた復活液が最後ではと、どこにも復活液が存在しないと肩を落としたまま夜を迎えます。

お腹が空いて保存食を寂しく食べながら、この食べ物が無くなったら死んでしまうと嘆くスイカ。

とうとう孤独に耐えきれず大泣きしてしまいます。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

みんな起きてと涙が止まりません。

ご飯を作ってフランソワ。

どうしたらいいか教えて千空。

抱きしめてコハク。

“世界にひとりぼっち”と呟きハッとするスイカ。

千空も最初はひとりぼっちだったと気が付くのでした。

スイカは知っています。

復活液さえ見つかれば全員蘇ることを。

みんなの石像を探し、誰かが持っているかもしれない復活液を見つけると決意したスイカ。

後日にタワーの頂上に住居を作るスイカ。

自分たちとは違う姿に好奇心からタワーに登るサルの群れ。

それに気が付いたスイカは自己紹介をします。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

自分は『ニンゲン』だよと、千空の言葉を引き継ぎます。

衣食住を手に入れた“人”が、再び地球で活動を始めました。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)』194-195話のネタバレのまとめ

千空の作戦通りにスイカの石化は解除されました。

しかしながら、どれほどの時が流れたのでしょうか。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

石化前にタワーの頂上に向けて伸ばしたスイカの手が、もう少しで植物の中に埋もれてしまうところでした。

回想による最初の千空復活のシーンを見ると、この時の千空は下半身がコケに覆われていたので3700年ということはないでしょうが、それでも今回の石化も相当な時間が経過したと思われます。

スピーカーが音源を拾ったということは、電池がどれだけ長持ちしたのか。

人類復活という途方もないミッションを託されたスイカでしたが、一人ぼっちの少女にかかるプレッシャーはどれほどか想像もつきません。

号泣する様子は年相応の女の子です。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」194話より引用

それでも前向きに考えるところはスイカの良い所でしょう。

ラストシーンのセリフは、まさに千空へのオマージュ。

トレードマークのお面は半壊しましたが、明るい表情に救われた気がします。

樹の上で食事をしたり、タワーの高台に住み家を作ったりしたのは、地上の猛獣から身を守るため。

この後の展開ですが、当面スイカのサバイバル生活を描くのか。

それとも、復活液を持つ仲間探しに奔走するスイカの様子を描くのか。

スイカが復活液を作れないことから、目的が明確なため物語をスムーズに進めるためには後者となりそうです。

前回で復活液を1本消費したルーナですが、チェルシーの分がまだ未使用で残されていると考えられます。

スタンリーたちとの戦闘時は捕虜だったため、千空がルーナたちを逃がしたことは知りません。

果たしてスイカが2人を探し出すことができるのか。

スイカの頑張りに期待するところです。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『Dr.STONE』195話!泣き虫ドクターの決意!復活液はスイカ・・

⇒『Dr.STONE』193話!さらば千空!復活の時まで!!・・

⇒『Dr.STONE』192話!メデューサ発動!撃たれる千空!勝利の・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です