最新ネタバレ『ドクターストーン』210-211話!考察!最終目的地は日本!新人科学使い奮戦記始まる!!

スポンサーリンク

オーストラリアに到着した千空たち。

採取する素材は赤い石、ボーキサイトです。

コーンシティから合流した羽京たちは千空にメデゥーサを譲渡。

カセキのダイヤ電池が作動しなかったのは、南米のメデゥーサが全て損傷していたため。

実働するメデゥーサは宝島の一つだけとなりました。

これで月旅行への特攻が可能になると確信する千空。

ホワイマンとの対決ミッションが如何なる結果でも、科学者、戦闘員、パイロットの3人は自ら石化して救助を待ち続ける。

月へのロケット旅行は片道切符だったのです。

 

スポンサーリンク

『Dr.STONE(ドクターストーン)』210話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

それではDr.STONE第210話『Z=210 NOT ONE WAY』の要点をまとめてみました。

世界を股にかけて素材集めに余念がない千空たち。

しかしロケットとの完成&出発は、仲間との別れを意味します。

月世界旅行計画を知り愕然となったクロムたち。

この問題を解決するナイスなアイディアが果たして存在するのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

最終工程は日本で

アルミの原石となるボーキサイトを採掘作業は続きます。

月に行く皆とは一生会えないと知り、浮かない表情のスイカ。

クロムも何やら思案顔です。

せっかくコーンシティのコンピューター作りから逃げて来たのにと、ロケット作りも楽ではないと作業に勤しむ陽。

ボーキサイトの赤い原石のままロケットを作るのかと質問するカセキ。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

そこは加工しまくると、千空はロケット本体の素材について、作り方ロードマップを披露します。

ボーキサイトは水酸化ナトリウムでアルミナに。

そこに大量のバイヤーな電気に蛍石でアルミニウムになります。

さらに銅、マグネシウムで最後はジュラルミンへと加工される予定です。

ムツカシくてややこしいと言いながら燃えるカセキ。

相変わらずの地道作業にウンザリ気味のゲン。

コハクもスペインで採取した蛍石の使いどころを知り納得したようです。

それにしても問題は“アホほどバイヤーな電気”です。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

アルミニウムは電気の缶詰。

作るまでに狂った量の電気を消費します。

アポロロケットに使用したアルミニウムの場合、電気代で何と30億円。

ストーンワールドで莫大な電力を無尽蔵に生み出し続けられるモノは、推力発電しかありません。

そこで大量の赤石を水力発電の条件に合致した国まで運ぶ必要があります。

高低差がガッツリあり、川だらけの土地で、拠点も素材も揃っている都合の良い場所。

それは日本です。

地球全土の街で皆が力を合わせた材料が日本に集まり、月行きのロケットを造ることになったのです。

 

スポンサーリンク

片道切符の保険

ロケット完成までメデゥーサの封印を命じる千空。

単なる傷の治療でメデゥーサの回復機能を周知させてたくない理由。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

メデゥーサは死者をも蘇らせる永遠の命の源泉だと船乗りのカンで当てる龍水。

100億万点の回答に羽京は驚きますが、それも月のホワイマンが人類総石化攻撃をかけた瞬間に最後。

永遠の命もあったものではありません。

だからこそ1日でも早く月に特攻する必要性を語る千空。

たった一つの石化装置が月行きロケットの片道切符になり得るのです。

 

スポンサーリンク

効率厨には異論反論オブジェクション

夜になりましたがクロムはまだ考え続けています。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

果たしてロケットの乗員3名とは誰なのか。

パイロットは龍水で決まりでしょう。

バトル担当は司か氷月。

では科学者は?

月で石化すれば、生きている間に二度と会うことが不可能と想像するクロム。

何ともいえない表情です。

ロケットを設計するのは千空とゼノ。

ゼノも効率厨だから千空と同じ片道便にするはずです。

専門家が言うならば、それがベストに違いない。

素人の自分が言える義理ではない。

と思っていましたが、やはり許せるものかと異を唱えるクロム。

最後に全員揃い乾杯してこそ、我らの大勝利、ハッピーエンドのはずだと声高に主張します。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

超高速で地球に帰れるロケットを作ればいいと、クロムは一人で復活液まで作ったスイカに協力を求めるのでした。

唐突な提案にキョトンとするスイカ。

あくまでも千空たちには内緒です。

 

スポンサーリンク

譲れない戦いがそこにある

しかしながら、2人ともロケットの秘密をイチから覚える必要があります。

誰が教えてくれるの?

答えに窮するクロムは地道に一歩一歩と言いながら、難しい計算が必要なことから、とある人物に教えを乞うことになりました。

その白羽の矢はSAI。

クロムとスイカのダブル土下座に固まるSAIは、確かにプログラムの傍ら大学で数学を教えていました。

しかし、ゼロから覚えることは簡単でないことは百も承知。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

それでも2人はヤベーほど本気の覚悟です。

その意気込みを見たSAIは納得の表情を浮かべて特別授業を開始。

千空はボーキサイトの運搬作業を進めながら、VSホワイマンの片道月旅行ロケットが作れると青写真を描きます。

一方のクロムとスイカもVSホワイマン。

全員揃って勝てる往復ロケットを絶対に作るつもりです。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)』210-211話のネタバレのまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」210話より引用

最終目的地は日本。

しかも富士の裾野とばかりに特撮映画のようなイメージ図です。

やはり富士には特撮が良く似合う。

前回もそうでしたがロケットには“SENKU11”のロゴ。

もちろんアポロ11号へのオマージュでしょう。

さすがにストーンワールドで原子力は無理でしたが、それでは水力発電に相応しい場所は?

と考えた時に、3700年の間に地形変化した静岡のシーンが86話にありました。

羽京たちがナイアガラの滝のような大瀑布を発見しています。

その景色の向こうには富士山。

アルミニウム工場の候補地になりそうです。

⇒『Dr.STONE』86話!変わる地形と変わらぬ金欲・・ 

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」86話より引用

後半は往復ロケット作りを決意したクロムとスイカ。

SAIの言うように生半可な覚悟では完成に辿り着くことは出来ませんが、ここで伏線となるヒントが一つ。

クロムがロケットの搭乗員の想像するシーンで、科学者の名前を明言していない点です。

月に3人が下りると仮定した場合、往復ロケットの留守番役が必要となります。

つまりパイロットを4名の可能性も考慮すると、千空とクロムという2人も有り得るのかなと推測。

アポロ11号の司令船で待機していたマイケル・コリンズ(2021年5月に90歳で他界しました)のポジションをクロムが担うかもしれません。

また、予定どおり3人の場合は大穴でクロムが抜擢され、千空とゼノは地上でのオペレーション役でも面白そうです。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『Dr.STONE』211話!世界一周目前!やっぱ日本人にはお米で・・

⇒『Dr.STONE』209話!到着オーストラリア!月への片道切符!・・

⇒『Dr.STONE』208話!今度は3千万個!ストーンワールドで・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です