最新ネタバレ『Dr.STONE』87話!考察!ストーンワールドでファッションショー開幕 !

スポンサーリンク

石油採掘のため静岡県牧之原市にある相良油田に向かった新生クロム発掘隊。

しかし3700年という刻の流れは地形を変えるには十分過ぎる時間でした。

富士山の大噴火による影響か、静岡にまさかのナイアガラの滝級の大瀑布。

石化前の地図は役立たないため、千空は気球を作り空から探索をしようと考えます。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『Dr.STONE』86話!変わる地形と変わらぬ金欲

 

スポンサーリンク

Dr.STONE 87話のネタバレ

稲垣理一郎「ドクターストーン」87話より引用

それではDr.STONE87話『Z=87 デパート千空』の要点をまとめてみます。

扉画はダンディな千空とオシャレな杠。

画のような世界に戻るのは一体いつになるのか?

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

糸と麻

空を翔ぶー。

最初の画はギリシア神話のイカロスがイメージのようです。

人間が空を飛べるわけないと千空を笑うマグマですが、陽に未開人呼ばわりされ笑われたことを思い出しハッとします。

しかし今回ばかりは陽も分からない様子です。

そこで千空が空を翔ぶためのロードマップを提示します。

今まで作ってきた自動車や携帯電話より一番ダントツで長い道のりだろう!

がぜん燃えると気合を入れたカセキが見たマップがこれだ!!

『 麻糸 → 布 → GOAL!の気球 』

予想を大きく下回る短さ!!

千空が言うには気球はかなりのお手軽らしいとのこと。

麻で空気が漏れないかのと疑問のニッキーですが、人類初の気球は麻布製でナスカの地上絵も気球から見ていたとの話があるくらいです。

しかし、ここで唯一にして最大のハードルがあります。

気球を作るため、たっっっっっくさんの布が必要になる、ということです。

気が付くとそこには偶然にして元手芸部の杠がいるではありませんか!

わざとらしい千空のリアクションに思わずグリグリする杠。

これからの作業を想像してか彼女はもう涙目。

とはいえお願いできるのは杠だけです。

土下座する千空&カセキに頼まれて「杠 手芸部チーム」が始動します!

 

狂戦士(バーサーカー)杠の誕生!

手芸チームはVサインが頼もしいリーダーの杠、大樹、そして自覚がないうちに何故か杠軍団に取り込まれている陽。

早速ローラーで麻を潰してほぐす大樹。

心なしか杠と一緒に仕事ができて嬉しそう。

マグマは麻から何故空を飛ぶかが想像できずに陽に笑われます。

やはり予想通りのケンカ。

次にほぐした麻をコマに結んでねじねじねじと回せば糸が完成します。

おぉという感嘆の声と同時に面白そう。

しかし「これを何万kmか作ります!!」

気の遠くなる作業量に驚く陽は今週の「ウェェェェイ」。

さすがに3人とはいうわけにはいかず、手芸チームは増員による人海戦術で作業に取りかかります。

マグマも手伝いますが糸で空が飛べるのかと疑問に思い、それを陽がまた笑います。

そしてまた予想どおりのケンカ(笑)。

今度は布を作ります。

楽器のハーブみたいに何本も糸を張り、横に張ってある糸を上下上下上下と交互にくぐらせて布は完成します。

その説明段階でドン引きの金狼と銀狼。

現代人の陽ですら地道すぎると驚きますが杠はこう答えます。

「手芸は根気!」

とはいえ、このままでは作業は進まないため杠はカセキに織機の制作を依頼。

それを受けて千空が製図、そしてカセキと二人で作り上げます。

出来上がった織機は杠の想定外の本格的な足踏み機。

どうだと言わんばかりの千空とカセキ。

呆気にとられる杠。

時間が無くて電動でないことを謝る千空ですが杠にとっては十分なものです。

一心不乱に織り始める杠。

またニッキーが染料のアイディア出すなど乙女心出ています。

「ツルの恩返し」よろしく一作業が終わりゲッソリした表情の杠。

しかしその甲斐あってか大量の布が出来あがり評判は上々です。

中には失敗作もあったようですが。

それを聞いてゲンが何か閃き「楽しい糸紡ぎ選手権」として一番長い糸を作った優勝者に1万ドラゴの賞金プレゼントと煽りまくります。

札束の最初は本物で中身はニセモノと政治ネタまで流用する阿漕さ。

これには千空もそんな軍資金どこにあるのかと危惧しますが、ゲンは“通気が良すぎる布で商品を作りデパート千空で売る”という提案を杠に持ちかけます。

「作るー!!!」と疲れもどこにやら、キラキラモードで杠が復活します!

大好きな洋服作りに没頭するため作業場は「立入禁止」の四文字。

数々のデザインのラフ画。

稲垣理一郎「ドクターストーン」87話より引用

そして北斗百裂拳の裁縫作業とキャラ変わり過ぎ笑!

狂戦士化していると恐れおののく外野とは対照的に「手芸中はいつもあんな感じ」と付き合いの長い大樹はサラリと言ってのけます。

もっとも部活の時も周りは引いていたようですが。

 

スポンサーリンク

お買い上げ誠にありがとうございました!

杠は石神村の住人にモデルをお願いしてファッションショーが開幕します。

“エスニックな雰囲気のセットアップ”などとポエム入りでの紹介です。

ルリはやはり清楚なイメージでエレガントに。

金狼は体形に合ったタイトな服装ですが慣れないせいか緊張気味。

スイカはロリ満点の破壊力でニッキーが欲しがるのもわかります。

カセキに至ってはチョイ悪ジジィの3ピースによるドレスアップです。

しかも全て麻布100%。

商品を手にした人々は一様に嬉しそうです。

ゲンはデパート千空の商品は超高級品だから完売まで時間がかかると言いますが、千空は作業した連中にはタダでも良いと太っ腹ぶりを見せます。

それよりも金に糸目をつけない物欲の権化にターゲットを絞っています。

案の定、龍水が両手いっぱいに購入していました。

高笑いしながらも「自分の首を絞めていないか?」と疑問に思う龍水。

一方、大量のドラゴを手に入れた千空とゲンは主人公サイドとは思えない表情で笑いが止まりません。

「軍資金をめっちゃ手に入れた!!」

今回はここまで。

 

Dr.STONE ネタバレ87話のまとめ

今週は“北斗の杠”が主役の回でしたが、陽とマグマの恒例のケンカ、女子力高めのニッキー、など各登場人物が個性的に描かれてコメントしきれません。

敢えて絞れば主人公の千空についてです。

やはり杠が女性ということもあってか、頼みごとの土下座をはじめ電動の織機が良かったかなど、いつもとは違う気遣いに思えました。

その一方でカセキとのドヤ顔をはじめ、ゲンとの悪巧みでデビルぶりなど、今週号では多彩な表情も見せてくれています。

次に気球の話です。

非常に短いロードマップでしたが、確かに原理は簡単でゴミ袋であっても熱をためれば空には飛びますからね。

また大きさも1~2人用ならば折り畳み式の気球セットでミニバンに積み込めるほどコンパクトなものは実売されているようです。

因みに国による免許はありませんが、民間団体で技量試験を行い免許を発行しています。

フライトの際は航空局への連絡を忘れずに(笑)

最後にお金の話。

龍水の「自分の首を締めている」発言。

衣服を購入した時に支払ったドラゴで石油が買われてしまうと考えたからでしょうか?

しかしこれは「キャッシュバック」だと考えれば、いずれ自分の懐に戻ってくるので損はしません。

むしろ問題なのは、石油とドラゴの換算レートを「100ドラゴ=石油1ml」の固定で約束していることです。

仮に採掘量が少なくて石油が貴重であっても100ドラゴで売買するしかありません。

変動制であればドラゴの流通量が市場に多く出回ってきたので、石油1mlにつき200でも500ドラゴでも設定を変えて大儲けできた可能性があっただけに勿体無い話です。

もう一つ気になる事があります。

今回のファッションショーで披露された衣服の値段ですが、未来が「めっちゃ高い」と言うように一例を挙げれば、シャツが25000ドラゴ、ネクタイが15000ドラゴetc。

一方、わたあめ100ドラゴ、ラーメン200ドラゴ・・・。

稲垣理一郎「ドクターストーン」87話より引用

あれだけ衣服を購入したならば、恐らくストーンワールドで一番ドラゴを保有しているのは、龍水ではなく千空&ゲンだと思います。

つまりプライスリーダーが千空、というよりもゲンですが、彼らが経済の主導権を握ることになりそうです。

かといって龍水が負けずにドラゴを大量発行してしまうと、今度はドラゴが供給過多になり「ドラゴ安」という最悪の結果を招くことになります。

ということでお買い物はほどほどにしないと「自分の首を絞める」考察でした。

次回はロードマップの短さから気球は完成するでしょう。

どんな景色を見ることができるのか非常に楽しみです。

次回の話はこちら⇒最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』88話!クロム感涙 !気球に乗ってどこまでも!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です