最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン) reboot :百夜』7-8話!考察!私はここに居ます。宇宙からのメッセージ!

スポンサーリンク

ISSの水素式エンジンの原料となる水。

380km下には水の惑星である地球がありますが、重力があるため水を採取することは不可能です。

そこで、レイは2億5千km先の彗星に宇宙服を改造した「レイゲリオン」で向かい、60万tの彗星の塊をゲットすることに成功します。

そして石化から8年。

頭脳ともいえるスマホのメインボード12個が故障してきたため、彗星の資源とISSの設備で電子頭脳をアップデート。

「レイ40」としてスマホ1000倍の能力に自らを改造しながら、百夜の戻りを幾百、幾千の時間を待つことになるのでした。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン) reboot :百夜』7話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン) reboot:百夜 第7話『Z=7 君が見える』の要点をまとめてみます。

人気作品「Dr.STONE(ドクターストーン)」外伝の短期集中連載の第7回めです。

ここ2週続いた宇宙でのレイの奮戦記。

そのころ百夜たちは地球でどうしているのでしょうか。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。 

 

スポンサーリンク

百夜のラストミッション

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

とうとう石化から20年の時が経過していました。

レイは宇宙に出るとたまに百夜が降下した地球を眺めているようです。 

上空から見る東京の景色は全て緑色になりました。

百夜が目指した島を発見したレイは、当初の予定通り東京に脱出できたのか心配しているように見えます。

百夜たちの使用したソユーズには、大樹が根を張り絡まっています。

 

その年月に相応しい風貌をしてきた百夜は、一人生き残り海辺の崖にあるリリアンたちの墓を訪れていました。

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

ヒゲは伸び放題ですが髪の毛とともに白く、額や目尻にもシワが押し寄せています。

そこに百夜を慕う数人の子どもたちが駆けつけて、百夜を含む最初の人たちが宇宙から来た話の信ぴょう性を確認します。

ソユーズやレイの話をすると「ヤベー!」と興奮する子どもたち。

しかし、自分たちが宇宙から離れて1年後に墜落して大空の塵に還ったはずだと百夜は答えるのでした。

ふーん、と思う少年の後ろから村の旗を作ったと自慢気に見せられます。

なかなかイケていると感心する白夜は、ロケットらしきイラストにエンジンの噴射を付け足します。

人間はいつか復活して宇宙に向かうため、新人類のスタートダッシュには希少金属はどうしても必要です。

そのため百夜は仕事だと川で「キラキラしたもの」を採りに行こうとします。

それが宇宙に行って来た人間の使命だと決意しています。

 

スポンサーリンク

レイの進化が止まらない

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

そのころISSでは様々な部品に寿命がきていました。

石化から22年後。

既に太陽電池は交換部品がありません。

パソコンも何台かは動かなくなり、ISS自体もボロボロになり、エンジンもほとんど壊れていますが、やはり交換する部品がないのです。

しかしレイは諦めません。

今度は修理用の部品を探しに行こうとするのです。

このISSよりも高い地球近軌道、停止軌道には、人間が残した数万という衛星がまだまだ余裕で地球を周回しています。

レイからの見れば人類が打ち上げたおいしい部品箱です。

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

まずは巨大レーザーを製作して衛星の位置を発見します。

次に自律走行の宇宙船「レイゲリオンR」3体が衛星探しの旅に出発するのでした。

そして3年後の石化25年。

積みプラとして100tの部品のゲットに成功しました。

足らない材料はラグランジュポイントに固定している、彗星の「マホちゃん」から調達します。

次の出来事は石化から38年後です。

今度はレイの機能が40%失われてきました。

するとまたもやのアップデートは5倍の性能に!

スカウターならば600SP(スマホポイント)が3000にまで跳ね上がり、計測不能で壊れてしまいそうな勢いです。

 

スポンサーリンク

ひとときのさようなら

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

石化から42年。

何とか落ち着いてきたレイとISSですが、自分たちか健在なのを百夜が知っているのか疑問にいます。

そこで相当の電力は消費しますが、ISSの外壁に巨大なランプを設置したレイは「わたしたちはここにいる」というメッセージを信号で送りように準備をします。

ISSが夜の東京上空を旋回する時に一度点滅をするので、きっと百夜も気づいてくれると信じて歴史的な初点灯だと盛り上がりるレイ。

しかし、その百夜は寿命のせいか遂に希少金属の採取中に川に横たわり起き上がることができません。

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

水面に映る宇宙を見ながら千空を思う百夜は、宇宙からの光に気が付くと涙を流しながら波乱の人生に幕を閉じるのでした。

この光を見てくれたか、宇宙にいるレイが見えると、感じてくれたでしょうか?

それはレイには分かりませんが、いつか見つけて記憶してくれると願いながら、これから毎日東京の夜空に光が瞬くことになります。

そしてその行為は、仲間と一緒に眠る百夜の墓標を今日も照らすのでした・・・。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン) reboot:百夜ネタバレ7-8話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

久しぶりに登場した百夜。

外見からすると50〜60代ですね。

本編ではリリアンたちを救うため、海上に着陸したソユーズの第1チーム目指して遠泳をするシーンがありましたがカットされたようです。

そのほか気になる点としては、結局、百夜とリリアンは夫婦になったのかという疑問は明確に描かれませんでした。

その直後に複数の子どもが登場してきましたが、リリアンを「ばあば」と言うセリフから孫世代になるのでしょうか?

石化から僅か20年の期間にしては孫がいるとは随分サイクルが早い気もしますが、新時代での人口増加は必須だと思えば不自然ではないかもしれません。

稲垣理一郎×Boichi「Dr.STONE reboot」7話より引用

ヤベー!とクロムを想起させる子どもが居ましたが、旗を持ってきた寝ぼけたような子は果たして誰の系統か気になります。

くるっとした巻き毛が宝島の祖先にあたるのでしょうかね。

また、大樹の下にあったソユーズや砂金を集めたガラスの空き瓶など、宝島編に繋がるアイテムがチラホラと散見されてきました。

レイのメッセージについては惜しむらくは百夜が元気な時に見ることが出来たらばなお良かったのにと思いつつ、存命中にレイが無事と知ることが出来て良かったです。

果たして石化から3700年度も点滅しているのか不明ですが、もし千空ならば夜の世界に不自然な光があればすぐに気づきそうですが。

ともかく最終回まであと2話を残すところで百夜は舞台から退場となりました。

次回以降、主役不在のまま再び宇宙に話が戻るのか、残された新し世代たちの物語となるのか、オチはどうするのかなど、色々と気になる点が出てきました。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です