【約束のネバーランド】エマの声優は諸星すみれ!明るく活発な性格を演じるのが得意!?

スポンサーリンク

原作が完結してもなおアニメに実写映画にと話題の尽きない人気作品『約束のネバーランド』。

過酷な運命に立ち向かう子どもたちの奮闘を描く衝撃サスペンスファンタジーですが、その主人公の一人・前向きに前進し続ける少女エマをアニメで演じているのが諸星すみれさんです。

諸星すみれさんは天才との呼び声も高い女性声優さんで、その実力は名だたる大物声優たちも驚いたほど。

そこで今回はエマ役・諸星すみれさんについて、エマというキャラクターやこれまで演じた役をまとめながらご紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】天真爛漫な主人公エマ!明るい雰囲気がある声のイメージ!

エマはGFハウスで暮らす11歳の女の子。

ノーマン・レイと並ぶハウスの年長者として年下の弟妹たちの面倒を見ており、長女として乳幼児たちの世話も任されています。

とても明るい性格のムードメーカーで、レイに「5歳児」とバカにされるほど天真爛漫で親しみやすいため、ママを含むハウスの皆に慕われており、エマ自身もハウスの皆が大好き。

成績は度々フルスコアを出しているほど優秀で、知恵や戦略的思考がノーマンとレイにあと一歩及びませんが、抜群の運動神経と驚異的学習能力をもって2人を追随しています。

そして現実主義のレイに対しエマは理想主義と言える性格で、ハウスからの脱獄に関してもエマはあくまでも“全員での脱獄”を目指します。

ただし理想を語るだけにはとどまらず、不可能に等しいと理解していることでも絶対に諦めず、実現するため奮闘し切り拓いていく強い信念と実行力の持ち主です。

そこには誰も失いたくない、誰にも犠牲になって欲しくないという、誰よりも深い優しさがあるから

その優しさと強さが最終的に物語世界を大きく変えていくことになります

そんなエマの持つイメージはとにかく明るく前向き。

「中身は5歳」「お日様みたい」「天真爛漫」「少年のような女の子」という設定を元にデザインされたそうなので、やはり元気な声が似合うでしょう。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】エマの声を演じたのは諸星すみれ!

アニメでエマを演じることになったのが諸星(もろほし)すみれさん

1999年4月23日生まれ、神奈川県出身の女性声優です。

劇団ひまわりの所属で、アニメや吹き替えといった声優業を軸にしながら、女優として舞台やテレビドラマなどでも活動中。

また多くのキャラソンを歌っているほか、2019年には『smile』で歌手デビューするなど歌手としても活躍の場を広げています

『千と千尋の神隠し』のキャラクター・湯婆婆に憧れたことを演技の道に入るきっかけのひとつとして、3歳で劇団ひまわりに入団、7歳で声優デビューを果たしました(2006年のテレビアニメ『RED GARDEN』キャリー役)。

その時に共演した子安武人さんの演技に衝撃を受け、その頃からプロとしての自覚を持つようになったそうです。

その後も途絶えることなく様々な作品に出演し、まだ若いながらも声優として着実にキャリアを積んでいる実力派声優。

あどけないような可愛らしい声質が特徴ですが、幼い声に宿された抜群の演技力が先輩声優や業界関係者などから高い評価を得ています。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】諸星すみれはハイキューの谷地仁花を演じた人物!?

諸星すみれさんの出演作は多々ありますが、『約ネバ』読者になじみ深いのは同じ少年ジャンプ作品『ハイキュー!!』の谷地仁花ではないでしょうか。

谷地仁花は主人公・日向翔陽の所属する烏野高校男子バレー部のマネージャー。

150㎝に満たない小柄な体格と極度のビビりで心配性な性格から、まるで小動物のようなオドオドした動きが可愛い人気キャラクターです。

成績優秀で頭の回転が早く、素直で感性豊かなため奇怪な思考から奇行に見える行動を起こすこともしばしばですが、それが読者の共感を呼んでいる親しみやすい人物

後ろ向きで消極的な性格で曖昧なままマネージャーになったものの、バレー部の皆に影響を受けながら自分の意志で歩み始め、得意のデザイン能力を活かしたポスター制作などで部に貢献しながら成長していきます。

そんな谷地仁花の可愛さ、面白さ、頭の良さ、いつも明るく気遣いが出来るからこそ他人からは分かりづらい心の機微など、彼女のもつ大胆かつ繊細な性質がありのままに感じられるところに、諸星すみれさんの演技力の高さが感じられます

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】アイカツ!の星宮いちごを演じたのは諸星すみれ!?

諸星すみれさんを代表するキャラクターとして名高いのが、初主演作となった『アイカツ!』の星宮いちご

星宮いちごは『アイカツ!』の初代主人公で、金髪に赤いリボンのカチューシャが可愛い女の子。

明るく前向きな行動派で、何事にも一生懸命に取り組む頑張り屋です。

ツライ練習やピンチな状況も楽しみ、その明るさと元気はファンだけでなく友人やライバルをも奮起させてしまうほど。

この星宮いちごによって諸星さんはアニメファンの間で一躍有名となりました

『アイカツ!』がシリーズ化するまでの人気を獲得したのは、諸星さんが星宮いちごを魅力的に輝かせたためと言っても過言ではありません

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ハクション大魔王2020のあくびちゃん!

最近で言えば『ハクション大魔王2020』のアクビちゃん役が印象的だったかと思います。

アクビちゃんはハクション大魔王の娘で、小柄でおてんば、いたずら好きの愛らしいキャラクター。

1969年版放送から愛されているキャラクターですが、2020年版で主人公となり、諸星さんによって前任・貴家堂子さんとはまた違う魅力を引き出されました

他にも諸星さんは以下のようなキャラクターも演じています。

キャラクター
  • 笛口雛実『東京喰種)』
  • 泉鏡花『文豪ストレイドッグス』
  • コヨリ/芥川小代理『ハンドシェイカー』
  • ニーナ・ドラゴン『進撃のバハムート』
  • 赤城真子『ボールルームへようこそ』
  • ゲラード『七つの大罪』 

また、『ファイナルファンタジー零式』や『XIII-2』でモーグリを演じているのでゲーム好きの方も興味を抱いていただけるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】諸星すみれが演じるエマはイメージとぴったり!

諸星すみれさんは少女を多く演じていますが、中でも星宮いちごや谷地仁花のような明るく感情豊かで素直で一生懸命な女の子という印象が強いですよね。

可愛いだけでなく、その中に意志の強さも感じるところが諸星さんの声の魅力かと思います。

すでにファンからは「エマにピッタリ」という声も多いですが、エマは諸星さんの声から感じるこれらの魅力を全て兼ね備えているんですよね。

エマを演じることについて諸星さんは、「エマは“策士”というよりも素直で何事にも全力なキャラクターなので、ブレない核となるものやプラスのオーラを大切にしながら“素直に物事を受け止めて、素直に放出する”という自然体なお芝居を心掛けています」とコメントしていました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】諸星すみれが天才と呼ばれる理由は?

アニメファンであれば諸星さんの名を度々目にしているかと思いますが、これだけの作品に出演していても実はまだ二十歳そこそこなんですよね。

この若さですでに多くの作品に名を連ねている理由には、諸星さんに「天才」と言われる実力があるからです。

諸星さんは2009年『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』でニーナ・タッカーという難しい役を9歳にして担当したわけですが、その際「演技が巧みである」とスタッフから評価され、彼女の演技にベテラン声優の内海賢二さんや朴璐美さん、釘宮理恵さんらも奮起させられたと言います。

以降10年以上も第一線で活躍しており、天才声優として類い稀なる演技力でアニメファンを魅了し続けているのです。

幼い頃から頭角を現していた諸星すみれさんですから、20歳を超えますます演技の幅が広がっていきそうですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

エマを演じる諸星すみれさんは、幼い頃から周囲に才能を認められていた天才実力派声優でした。

素直で前向きなエマは諸星さんの印象にピッタリですが、『約束のネバーランド』は時には感情を押し込めたり、悲しみや怒りという負の感情もついて回る張り詰めた世界観でもあります。

だからこそ心から湧くエマの悲しみや希望を感じることが出来るのが『約ネバ』の凄さであり、涙が出そうなほどアニメでそれを感じさせてくれるのが諸星さんの凄さだなと思います。

アニメ2期では更にエマの天真爛漫な明るさや前向きな意志の強さが重要になってくるので、絶望の中で光となり皆を導いていく諸星さんの演技に注目です!

そして是非諸星さんの他の出演作も見てみてくださいね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒TVアニメ2期放送日が決定!2期は何巻までの話?放送前に1期・・

⇒鬼の正体って?鬼さんこちら手の鳴る方へ・・

⇒フィルの正体は?なんでそんなに鋭い?!・・

⇒優しいママは裏切り者!?イザベラの目的は?GFで待っていた・・

⇒レイの声を演じたのは伊瀬茉莉也!超人気アニメ作品にも出演し・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です