【約束のネバーランド】エマに希望を与えたユウゴ!生き延びて後悔していた?ユウゴの切なる願いとは?

スポンサーリンク

エマ達よりずっと前に農園から脱走した経験があり、エマ達の先輩にあたるユウゴ

今回は、そんなユウゴについて詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】GBから脱走したユウゴたち

ユウゴは13年前にGB(グローリー・ベル)から仲間と共に脱走しました

そしてエマ達と同じミネルヴァのペンのヒントを頼りに、シェルターにたどり着きました。

シェルターで仲間たちと過ごしながら、ミネルヴァを待っていたユウゴたち。

しかしいつまでたってもミネルヴァは現れませんでした

そこでミネルヴァのメッセージをもとに、仲間全員でA08-63地点へ向かいます。

A08-63地点、そこはゴールディ・ポンドと呼ばれる場所で、貴族の鬼達が人間を狩る、猟場と化していました。

ユウゴはそこでみんなを指揮し、なんとか生き残る日々が続きましたが、強敵・レウウィスが現れ、仲間は壊滅

生き残ったのはユウゴとルーカス2人のみとなりました。

しかしルーカスもユウゴを逃がすために自らが囮となり、それっきり2人は生き別れてしまいます

(ユウゴはルーカスが死んだと思っています。)

この時の出来事は今もユウゴの心に傷として残っており、ユウゴは自分だけが生き残ったことに罪悪感を抱き続けています

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ユウゴの年齢は?

ユウゴの年齢は明確には判明していません

しかし、ゴールディ・ポンドを脱出しシェルターに戻った時の年齢が15~16歳という回想があるため、現在は28歳前後であると思われます。

子供たちからはオジサンと呼ばれていましたが、結構若いみたいですね。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】大事な相棒ルーカスとは?

ルーカスはGBから一緒に逃げてきたユウゴの仲間です。

ゴールディ・ポンドでユウゴのために囮となり、死んだと思われていました

しかし実はその後、運よくとある少女に匿われ、ゴールディ・ポンド内の風車を拠点に13年の間、身を潜めていました

長い間ゴールディ・ポンドを離れなかったのは、死んでいった仲間の無念をはらしてゴールディ・ポンドをつぶすため、そしてミネルヴァがゴールディ・ポンドに残したメッセージを探すため、などの目的があったからでした。

レウウィスを倒した後、ユウゴとルーカスは再会を果たし、熱い抱擁を交わします。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ユウゴとダイナの関係は?

ダイナはGBでのユウゴの仲間だった少女です。

ユウゴとルーカスがケンカするたびに、2人を叱るのがダイナの役割でした。

ユウゴはダイナのことが好きでした。

ルーカスもその事を知っていて、想いを伝えるように言われましたが、結局は言えませんでした。

ユウゴとダイナの関係は、甘酸っぱい片思いのまま終わってしまったようです。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】エマ達を逃がすため奮闘

ゴールディ・ポンド崩壊後、シェルターで平和な日々を過ごしていたエマ達。

ある日突然、ピーター・ラートリーの部下・アンドリューが、食用児達の殺処分のために、大部隊でシェルターを襲撃します

咄嗟の出来事に混乱する子供たちでしたが、ルーカスの機転によって、アンドリュー達にばれていない逃げ道からシェルターを脱出します。

その後ユウゴは、子供たちが安全に逃げ切れるように、ルーカスと共にシェルターに戻って、アンドリューと決着をつけることを決意します。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】立ちはだかるアンドリュー

エマ達を守るべく、戦うことを決意したユウゴとルーカス。

そんな2人に容赦ないアンドリューの攻撃が降りかかります。

激しい戦いが繰り広げられる中、アンドリューの投げた手榴弾が、ルーカスに深手を負わせます

自分を置いていけというルーカスに対し、もう二度と一人にしないというユウゴ。

満身創痍の2人は武器庫にたどり着きます。

アンドリューはとどめをさすべく、2人の後を追います。

アンドリューが武器庫についた時、そこは可燃性のガスが充満していました

ユウゴはニヤリと笑い、ルーカスは銃の引き金を引きます。

その瞬間大きな爆発が起こり、ユウゴとルーカスはアンドリューを道連れに命を落としました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ユウゴは自殺を考えていた?

13年前、ゴールディ・ポンドを一人脱出し、シェルターに逃げ帰ってきたユウゴは、自分のせいで仲間が死んでしまったという自責の念に駆られ、苦しみながら過ごす日々が続いていました。

そしてついに精神状態が限界に達し、ピストルで自殺をしようとしたところに、エマ達がやってきたのでした。

エマ達は思いもよらぬ形でユウゴの命を救っていたのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】仲間と再会できたユウゴ

武器庫での爆発の後、ユウゴは顔に傷のないルーカスに起こされます。

顔をあげると、そこにはGBのみんなが笑顔で待ってくれていました。

ありがとう。がんばったね。ユウゴ。

大好きだったダイナの腕の中でユウゴは、みんなから熱い歓迎を受けます。

きっとそこは天国なのでしょう

ユウゴはついに仲間たちと再会することができました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ユウゴの名言

あいつらを守れるなら笑って死ねるぜ

自爆直前にユウゴが言ったセリフです。

ユウゴは以前自殺しようとしていたところにエマ達がやってきて、命を救われました。

あの時は、絶望に突き動かされて選んだ死でした。

しかし今回は違います。

大切なものを守るための死だったからこそ、ユウゴは笑って最期を迎えることができました

 

スポンサーリンク

まとめ

ユウゴの人生は波乱万丈で、エマ達よりも先にたくさんのことを経験していました。

そんな中でも、仲間を死なせてしまったという自責の念は、ずっとユウゴの心を苦しめていたようです。

最期はエマ達を守るため、敵を巻き込んで、見事に散っていきました。

これからは、天国でかつての仲間たちと安らかな日々を送ってほしいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です