【約束のネバーランド】たくましくなったドン!実は頼れる兄貴肌!?成長したドンの変化とは?

スポンサーリンク

鬼に捕食されるために生まれ育てられた孤児たちが、運命に抗い自分たちの道を切り開いていく様を描いた大人気コミック「約束のネバーランド」。

今回は、頼れる兄貴肌・ドンについてまとめて見ました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンのプロフィール

プロフィール
  • 年齢:10歳
  • 性別:男
  • 身長:155cm
  • 認識番号:16194

エマ、ノーマン、レイに次ぐ年長者。

施設の子供たちの中では一番の長身です。

明るく、おどけるのが好きなお調子者で、感情のままに行動するタイプ。

そのため短絡的な行動も多く見られます。

負けず嫌いでけんかをすることもありますが、根は仲間想いな男の子

シェルターでは、ユウゴから「豆ノッポ」というあだ名をつけられました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンは感情的になりやすい?

ドンは感情的になりやすく、やや短絡的に行動してしまう面があります

脱獄計画について、初めは施設が人身売買をしているためと聞かされており、後にエマ達が鬼の存在を隠していたことを知った時は、怒りに任せてレイを殴りつけました

このように、ドンはカッとなると止められないタイプのようです。

しかしその分、情に厚く、仲間想いの良いお兄さんでもあります。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンの特技とは?

ドンは手先が器用で、スリの才能があること作中で判明しています。

問題のシーンは、施設でママの隠し部屋の存在に気づいた時。

なんとママのポケットから鍵を盗むことに成功してしまいます。

これはかなりすごいです。

あのママを出し抜けるというのはかなりの才能だと思います。

この才能を再び活かせる時が来るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】脱獄チームサブリーダーへ

ドンは、エマ達3人組の脱獄計画にギルダと共に途中から参加し、実質的なサブリーダーとして活躍しました。

脱獄計画を企てていることを悟られ、ノーマンが出荷されてしまった後は、表立って動けなくなったエマやレイの代わりに、ギルダと協力して脱獄の計画を進めました。

脱獄計画実行の際には、施設の外に広がる崖を先陣を切って渡り、後を続く子供たちに勇気を与えました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ギルダとの関係は?

年齢が同じということもあって、ギルダとは仲がいいです。

ドンが感情に任せて行動するのに対し、ギルダは冷静で理性的に動くタイプなので、2人で行動することでちょうどいいバランスが保てているみたいです。

エマとレイの関係と少し似ていますね。

エマにレイがいるように、ドンにもギルダという冷静で抑止力となる相方がいます。

ドンとギルダ、2人がいるから、エマ達は安心してアジトを留守にできるのだと思います。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンの驚くべき記憶力とは?

感情のままに動き、ちょっとおバカなところが魅力のドン。

そんなドンですが、実はシェルターの資料や地図の情報をすべて暗記することができるほどの記憶力の持ち主なんです。

特別賢いという描写もなかったドンが、こんなに優れた記憶力をもっているというのは正直驚きました。

この記憶力に関しては、ギルダも同程度の記憶力を持っていたので、もしかしたら施設の教育が影響しているのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンは仲間想いで心配性?

ドンは年長者ということもあり、子供たちの中では兄貴的な存在です。

特にコニーのことは可愛がっており、常に気にかけていました

そのため、施設を出たコニーがもうこの世にいないという事実を知った時は、誰よりもショックを受けていました。

その時のショックが、きっと脱獄への決意を固めたのでしょうね。

直情型でけんかをすることも多いですが、エマとレイが危険な状態に陥った時には、泣きそうになって心配しており、何やかんやで仲間を大切に思っている様子。

ちょっと心配性なところもありますが、仲間想いの良いお兄さんです。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ドンは意外とリーダー向き?

感情的でやや短絡的な行動が目立つドンですが、意外とリーダーに向いていると思います。

ドンは何よりポジティブで明るく、人を引っ張っていくパワーを持っています。

みんなが諦めてしまうようなことでも、

いや、俺はやる!!

と言って周りを勇気づけることができるタイプです。

脱獄の時も、みんなが絶望する中、崖を渡り切って希望を与えましたよね。

エマ達がゴールディ・ポンドに向かい、子供たちを任せられた時には、不安がるギルダに対して、「自分たちが不安がっていては子供たちまで不安になってしまう」と言ってリーダーとしての責任感を見せました。

初めはただのお調子者だったドンですが、精神的にも成長し、たくましくなりました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いつも明るいお調子者のドン。

仲間想いな一面もあり、みんなの頼れるお兄さんでもあります。

作品を通して強くたくましく成長していく姿は、見ていて応援したくなります。

今後もエマ達と一緒に、子供たちを引っ張っていってほしいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です