【約束のネバーランド】ノーマンは敵じゃない!なぜ王族と五摂家を狙った!?ノーマンが追い込まれた理由とは?

スポンサーリンク

作中でもトップクラスの頭脳を持ち、物語のキーパーソンであるノーマン

今回は、そんなノーマンの特徴や作中での行動、名言などを見ていきます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】常に成績優秀なノーマン

ノーマンは施設では常に成績優秀で、テストではいつもフルスコアでした。

子供たちの中でもいちばん頭が切れ、作戦や戦術を練ることに秀でています

鬼絶滅のために鬼同士の政治的な対立を利用するなど、かなりの策略家です。

また鬼を退化させる毒を作ったりもしており、理系的な才能もあります

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ノーマンがラムダ行きを決意

エマ、レイ、ノーマンの3人は施設からの脱獄を企てていました。

しかし脱獄計画の最中に、突然ノーマンの出荷が決まります

エマ達からは、脱獄の日までどこかに隠れて、一緒に脱獄しようと言われますが、子供たち全員での脱獄を成功させるために、ノーマンはあえて自らが出荷される道を選びます

そして出荷の日を迎え、ピーター・ラートリーという人物に引き取られ、「ラムダ7214」という新しい農園に出荷されます

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ノーマンがミネルヴァを名乗った理由は?

ラムダに出荷され、鬼に食べられたと思われていたノーマンですが、実は生きていました

そしてエマ達が脱獄を決意したきっかけとなった人物であるミネルヴァの名前を使って、農園の子供たちへ、数字の暗号で示されたとある場所へ来るようにというメッセージを送ります。

暗号の示す場所へ向かったエマ達は、そこでノーマンと再会します。

ノーマンがミネルヴァを名乗った最大の目的―

それは、エマ達と再会することでした。

また他にも、子供たちを一か所に集めることやミネルヴァを名乗って公にメッセージを残すことでラートリー家や鬼へけん制をするなどの目的もあったとノーマンは語っています。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】鬼の絶滅を狙う

ノーマンは鬼を絶滅させ、鬼の世界に食用児たちだけの楽園を築こうとしていました。

そして鬼たちが王都に集まる儀祭・ティファリの日に計画を実行します

まず、かねてより因縁のあった五摂家とギーラン家の対立を利用して、潰し合いをさせました。

そして潰し合いで消耗したところに、鬼を強制的に退化させる毒をばらまき、勝ち残った王家や五摂家もすべて抹殺しました

統治する者を失った鬼たちは、退化し、絶滅の一途をたどる、というのがノーマンの計画でした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】エマとレイの訴えに揺れるノーマン

ノーマンの計画に気づいたエマとレイは、ノーマンを止めに王都へ向かいますが、到着した時には、王や貴族たちはすべて殺されていました

ノーマンにこれ以上殺しはさせたくないと、エマとレイは必死にノーマンを説得し、みんなで人間の世界へ逃げようと言いますが、もう後戻りはできないとノーマンの決意は揺らぎません

それでもエマとレイはノーマンに自分たちの思いを訴え続けます。

そして、ノーマンはみんなのために一人で全部背負っているだけで、本当は鬼を殺したいなんて思っていない、と言われた時、ノーマンの心が揺らぎます

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ノーマンは鬼を殺したくなかった?

エマとレイの言葉に心を動かされたノーマンは過去の自分を振り返ります。

ノーマンはラムダに出荷されたあと、ずっと一人で怖い思いに耐えてきました。

鬼が怖かったし、エマやレイ、他のみんなが殺されることはもっと怖いと思っていました。

それでも誰にも頼ることができず、何とかみんなを救う方法を考えた末にたどり着いたのが鬼絶滅という答えでした

自分の弱さに気づいたノーマンは、エマとレイを頼り、自分も含めてみんなが助かる道を探そうと決意します

そして、王や貴族を殺したことに悔いはないが、できるならこれ以上は殺したくない、と心を改めました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】家族のためにリーダーを演じていた?

ノーマンはこれまで家族ためにリーダーを演じ、弱い部分を見せずにいました。

施設脱獄の時も、みんなのために自ら出荷される道を選びました。

出荷されてからも、みんなを救うためにリーダーとして鬼絶滅の計画を進めてきました。

そして頼れる長でありたいという理由から、自分の命が長くないという事を隠していました

しかしエマやレイたちの必死の訴えに心を動かされ、自分の弱さを受け入れて、本音を打ち明けられるようになりました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】エマへの思いは恋ではなく家族愛?

作中では何度かノーマンがエマのことを「好き」と表現するシーンがあります。

好きにもいろいろな好きがありますが、原作の白井先生によると、単純な恋愛感情ではなく尊敬の意味合いが強いのだそうです。

恋というよりは家族愛に近いものだということですね。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ノーマンの名言

命はくれてやる。でもその他何一つ譲る気はない。負けるつもりも一切ない。

施設のみんなが無事に脱獄するために、ノーマンが自分の出荷を受け入れた時に言った言葉です。

自分を犠牲にしても家族を守りたいという強い決意が表れています。

ノーマンの家族に対する想いと勝利への執念が詰まったとても印象的な言葉です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ノーマンは優秀な人物で、出荷されてからは鬼絶滅のリーダーとなって動いていました。

しかしエマ達の思いが届いて、本当は鬼を殺したくなかったという気持ちに気づくことができました

また昔のようにエマ、レイ、ノーマンの3人で活躍する姿が見られることを期待したいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です