【約束のネバーランド】レイの母親はイザベラ!?勉強に励むのには理由があった!レイが描く人間世界の未来とは?

スポンサーリンク

頭の回転が速く、勇敢で、主人公のエマを支える存在となっているレイ

今回はそんなレイの特徴や母親、作中での行動などを詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】勉強に熱心なレイ

レイは勉強熱心で、施設のテストでも度々フルスコアを出しています。

頭の回転も速く、施設の子供たちの中では、唯一ノーマンと対等に渡り合える存在です。

日頃から勉強や読書に励んでいたレイですが、本当は勉強や読書はあまり好きではなかったと後に判明します。

レイは以前から脱獄を計画しており、その際にママの目を引くエサとして自分を利用するために、自分自身の価値を最大限に高めておこうとして、読書や勉強をしていたのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レイは記憶力がずば抜けている?

レイは記憶力がずば抜けて優れており、普通の人なら忘れてしまう赤ちゃんの頃の記憶があります。

普通の人は、幼児性健忘というものが起こり、成長と共に赤ちゃんの頃の記憶を忘れていきますが、レイは幼児性健忘が起こらない特異な体質でした。

そのため、レイは胎児の頃からの記憶を持っています

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】歌で分かったレイの母親

レイは施設のママ・イザベラの実子です。

判明したきっかけは、ある日レイが口ずさんだ歌でした。

その歌は、イザベラがまだ施設の子供だった頃に友達のレスリーが作った歌で、イザベラとレスリー2人だけの秘密のはずでした。

レイはイザベラのお腹の中にいた頃に、イザベラがその歌を口ずさんでいたため、その歌を知っていたのでした。

施設の事情で、イザベラとレイは生まれたと同時に引き離されてしまい、お互いのことを知りませんでした。

イザベラはレイがその歌を口ずさむのを見て、初めて自分の子供であることに気づいたのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レイはイザベラの内通者?

レイは6歳の頃に自らイザベラに取引を持ちかけ、内通者になりました。

取引の内容は、イザベラに協力する代わりに即出荷しないでほしいということ、結果を出したら報酬がほしいということの2つでした。

しかしレイは純粋なイザベラの内通者というわけではなく、本当の目的は脱獄で、敵の懐に潜りこむために内通者をしていたのでした。

レイは報酬としてもらったガラクタを使って、外の世界について探ったり、発信機を壊す道具をつくったりと、脱獄に向けて着々と準備を進めていました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レイは鬼の存在を知っていた?

胎児の頃からの記憶があるレイは、イザベラのお腹の中にいる時に、施設の正体や鬼の存在について知りました

そのため、エマ達から鬼のことを聞かされた時にはすでに鬼について知っていましたが、イザベラの内通者であることを隠すため、あえて知らないふりをしていました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ハウスの放火によって脱獄に成功

脱獄決行の日。

エマ達はハウスを放火し、ママの気をそらせた隙に脱獄します。

ただハウスの火事だけでは、ママは建物より商品としての子供たちを優先し、目を離さないかもしれないという可能性がありました。

そこで、ハムなどの肉やアンナから貰った髪を燃やし、レイが燃えたという風に偽装しました

この作戦のために、レイは以前から好きではない勉強や読書をして自分のエサとしての価値を高めていました

計画は上手くいき、エマ達は無事に脱獄することに成功しました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】エマと一緒にノーマンを説得

ノーマンが鬼絶滅の計画を立てていることに気づいたレイは、エマと一緒にノーマンを止めに向かいます。

到着した時には、すでにたくさんの鬼を殺してしまっていたノーマン

レイはエマと一緒にノーマンを止めようと説得します。

しかし、ノーマンはもう後戻りはできないと言います。

それでもノーマンを必死につなぎとめようとするレイとエマ。

そんなレイ達の思いがやがてノーマンに届き、ノーマンは本当は鬼を殺したくなかったという自分の本心に気づきます

そしてもうこれ以上は殺したくないとノーマンは思いを改めます

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】家族に対するレイの思いとは?

レイの家族に対する思いはとても熱く、自分の命よりも大切に思っています。

物心ついたときからハウスの正体を知っていたレイは、自分の人生を見切っていました

そんな中唯一の支えとなったのがエマ達家族の存在で、家族と過ごした時間はレイにとってかけがえのないものでした。

施設脱獄の際には、自分がおとりとなってママを引き付けて他のみんなを脱獄させようとするなど、自分の命を犠牲にしても家族のために動こうとする姿が見られました。

 

スポンサーリンク

まとめ

勉強熱心なレイですが、実は自分のエサとしての価値を高めるために勉強に励んでいたということがわかりました。

また、イザベラの実子で、物心ついたときにはすでに鬼の存在を知っており、早い段階から脱獄の計画を立てていたということもわかりました。

これからもエマの側で、無茶をするエマを支える頼もしい存在であり続けてほしいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です