【約束のネバーランド】レスリーはイザベラの中で生きている!レイも知っていたレスリーの歌とは?

スポンサーリンク

ハウスのママ・イザベラの心の中に生き続ける少年・レスリー

今回は、イザベラとレスリーの関係やレスリーの歌などについて詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ママ・イザベラとは?

イザベラは、エマ達のいる孤児院・グレイスフィールドのママです。

表向きはとても優しく、子供たちから親しまれているママですが、その裏の顔は鬼のエサである食用児を管理する農園の飼育監です。

とても冷酷で頭が切れ、脱獄計画の際にはエマ達の前に最恐の壁として立ちはだかり、心理戦を繰り広げました。

冷酷な面が強調されがちですが、出荷されるまでの限られた時間に、自分にできるだけの愛情を子供たちに注いであげたいという思いを持っており、子供たちへの愛情は本物です。

脱獄を成功させたエマ達の後ろ姿を見て、潔く負けを認め、子供たちの明るい未来へ思いを馳せました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】明かされたイザベラの過去

イザベラも、もともとは農園の子供の1人でした。

ある日農園で仲良くなった少年・レスリーが、「出荷」されていなくなってしまいます。

そしてその本当の意味を知り、レスリーがもうこの世にいないということを知った時、何もできなかった自分を悔しく思います

そして何も変えることができないなら、せめて殺されない人間として生き抜いてやるという決意を胸に、ママを目指します

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レスリーとイザベラの関係は?

レスリーとイザベラは農園で出会い、仲良くなりました。

あまり詳しい描写はありませんが、お互いに恋心のようなものを抱いていてもおかしくないと思います。

少なくともイザベラの方は、レスリーの死をきっかけに人生が大きく変わったわけですから、レスリーのことをとても大切に思っていたと思います。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レスリーの歌とは?

イザベラはある日、手に蝶を止まらせて歌うレスリーの姿を見かけます。

イザベラは「綺麗な旋律ね!」と声をかけます。

イザベラがさらにその歌について尋ねると、レスリーは恥ずかしそうに、まだ名前をつけていないのだと言います。

そしてレスリーは「恥ずかしいからみんなには内緒ね」と言います。

そしてまたレスリーはその歌を歌います。

こうしてこの歌はイザベラとレスリーの2人だけの秘密の歌となりました。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】レスリーは出荷された?

イザベラの回想によると、レスリーは出荷されてしまいました。

作中でも、レスリーの出荷のシーンは描かれておらず、詳しい状況などはわかりません

しかしイザベラは、このレスリーの出荷をきっかけに、ハウスの正体を知りました

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】イザベラはママの道へ

レスリーの死をきっかけにママの道を志すことを決めたイザベラ。

その道は決して甘いものではありませんでした。

ママになるためには、本部で他のママ候補たちとの生き残りをかけた出世競争に勝たなければなりません

イザベラも血のにじむような努力をしたことと思います。

そんな過酷な日々を支えてくれたのは、レスリーの歌でした。

レスリーの歌があったから、イザベラは強くいられたのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】歌によってレイの母親が判明

レスリーの歌によって、レイの母親がイザベラであることが判明します。

きっかけは、レイがレスリーの歌を口ずさむのをイザベラが目撃したこと。

イザベラはその瞬間、レイが自分の子供であることを悟りました。

イザベラはレイがお腹の中にいる時にも、心の支えとしてレスリーの歌を何度も歌っていました

そのためレイは、レスリーの歌を知っていたのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】イザベラはグランマとして再登場

エマ達がハウスを脱獄してから、ずっと作中に登場していなかったイザベラですが、久々に登場しました。

イザベラは昇進し、ママからグランマになっていました

本来ならイザベラはエマ達を脱獄させた責任を取らされるはずでした。

しかし上の意向で、これまでの仕事の成果が素晴らしいこと、まだ必要な人材であること、などが考慮されて、グランマに昇進したのでした。

現在はピーターの下で動いています。

ピーターの手でGFに連れてこられた子供たちの出荷の準備を進めており、立ち位置はエマ達の敵といえます。

しかしイザベラの思惑はまだわからないところもあり、もしかするとピーターを裏切ってエマ達の味方になる可能性もあるのではないかと個人的には思っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

レスリーは、ハウスの子供だった頃のイザベラの大切な友達でした。

そして大人になった今でもイザベラの心の支えとなっています

普段は冷酷なイザベラですが、レスリーのことを思い出す時だけは、穏やかな顔になります。

作中でグランマとして再登場したイザベラですが、その思惑が気になるところです。

みんなの頼れるママとして、イザベラが子供たちを守るシーンが見られるといいなと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です