【約束のネバーランド】鬼社会を変えうる血を持つムジカ!人間を食べずとも知性を保てる!?迫害されていた過去も!?

スポンサーリンク

W・ミネルヴァ…「あの方」…ラートリー家…フィル…ジャンプ異色の脱獄サスペンス『約束のネバーランド』には様々なキーマンが登場します。

そのひとりとして注目すべき人物が、人間の少女のような容姿をした可愛い鬼・ムジカ

鬼でありながらエマたち食用児の力となった彼女は、エマたちの未来だけでなく鬼の世界をも変え得る重要な存在でした。

そこで今回はエマたちとの出会いや何故ソンジュと旅をしていたのかなどをまとめながら、物語終盤に明らかとなったムジカの正体をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】脱獄後のエマ達と出会う!行動を共にした理由とは!?

覚悟の脱獄により鬼の世界に飛び出したエマたち。

さっそく鬼たちに追われていた彼らの窮地を救ったのがムジカとソンジュでした。

ムジカとソンジュはエマとレイを介抱し、子どもたちに食事を与えたのでした。

彼らが鬼であったことから始めは警戒していたエマたちでしたが、ムジカの「私達は人間を食べない」という言葉や、介抱や食事を通して感じる彼女たちの優しさにすぐに警戒を解きます。

この出会いによってエマたちは『約束』から始まったこの世界の仕組みや“人間を食べない鬼もいる”ことを知り、未来への希望を繋ぐことが出来たのでした。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】「原初信仰」なる宗教を信仰している!?人間を食べないことと関係が!?

ムジカとソンジュが人間を食べない理由は「原初信仰」を重んじているから

「原初信仰」では教義上、狩猟という形以外で神が創り出した命を食してはならず、エマたちのように農園で作り出された人間を食べることは神への反逆となります

しかし決して人間を食べてはいけないわけではなく、もし農園産以外の人間がいたとすれば“天然物”となるので「原初信仰」信仰者でも狩猟をして食べることはできるようです。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ソンジュと隠れて暮らしている!?追われる理由には彼らの血が関係している!?

ムジカとソンジュは各地を転々と移動しながら暮らしています。

その理由は、鬼社会の王家や貴族から命を狙われているから

人間を食べない彼らは鬼社会の中では異端者と言える存在ですが、2人が追われているのにはもっと深く重要な理由がありました。

それは彼らの「血」に関係しています

エマたちは後に知ることになりましたが、彼ら(特にムジカ)の血は現在の鬼社会にとってとても邪魔なものだったのです。

詳しくは後の『ムジカの正体』にて解説していきます。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】共に過ごすうちにエマ達に情が移る!?別れ際にはアドバイスも!?

実はムジカは、人間を見たのも人間と話をしたのもエマたちが初めてでした。

子どもたちを発見した当初は農園に突き出して報酬を得ようとしていたほどでしたが、行動を共にすることで彼らに興味を抱いていきます。

この出会いにムジカが感じたことは、エマたちが“敵でも食料でもなく、他の生き物とも違った”ということ。

エマたちと会えて、話ができて良かった

その気持ちはエマも同じでした。

ムジカとエマは種族を越えた友達になったのです。

そしてエマたちの旅の無事を祈るムジカは、お守りとしてペンダントをプレゼントし、こう伝えました。

“七つの壁”を探しなさい。あなた達の目指す未来はその先にある

この時のエマは意味を理解出来ませんでしたが、この言葉とペンダントはエマたちが「あの方」と会い未来を切り開く上で重要なものとなります

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】ムジカの正体は「邪血の少女」!?その出生は!?

ムジカは一体何者なのでしょうか。

鬼になぜ命を狙われていたのでしょうか。

 

スポンサーリンク

ムジカの正体

ムジカの正体は「邪血」と呼ばれる超特異個体

何を食べても形質は変わらず、人間を食べなくても人型の姿と知能を保てる特殊な鬼でした。

ムジカが何故このような体質に生まれたのかは分かりません。

しかし特筆すべきは、彼女の血を飲むことによって他の鬼も同様の体質を持てるようになること。

そして更にはその血を貰った鬼もまた、自らの血を与えることで同様の鬼を作り出せるようになります。

つまりムジカの血があれば鬼は人を食べなくても良くなり、退化に悩むこともなくなるのです。

ムジカは「奇跡の子」と呼ばれ、時には代用人肉だと狙われることもありましたが、その血をもって飢餓に苦しむ多くの鬼を救ってきました。

 

スポンサーリンク

追われていた理由

そんな鬼の救世主とも言えるムジカが何故命を狙われる身となっていたのか、それは鬼社会を統率する上で“邪魔”だから

『約束』以降農園による人肉の供給で実権を握れている王家・貴族たちにとって、農園を必要としなくなるムジカの力は鬼社会を好きなように支配する上で邪魔でしかないのです。

だから彼らは700年前、ムジカの血によって救われた者たちを皆殺しにして食べてしまったのでした。

存在は許さず、でも自分たちだけはちゃっかり知性を失わない特異体質を手に入れるなんて何とも抜け目ないですよね。

当然諸悪の根源とも言えるムジカも捕らえましたが、同様に捉えられていたソンジュと脱獄し、反逆者として現在の逃亡生活に至ります。

 

スポンサーリンク

【約束のネバーランド】人間を食べない鬼社会の王に!?

ムジカの理想は人間を食べない鬼社会を作ることでした。

 

スポンサーリンク

王政崩壊後のムジカたちは

食用児たちの革命により女王と五摂家が死亡。

王政の崩壊により鬼社会に混乱が生じるかと思われましたが、ムジカは「大切なのはこれ以上誰も死なせないこと。憎しみの炎を大きくさせないこと」として事後処理を請け負い、エマたちを仲間の元へと帰らせたのでした。

ソンジュとムジカは自分たちの血をもって仮死状態となっていた「大僧正様」を復活させ王として立てようとします。

しかしピーター・ラートリーの野望の中、団結した貴族たちによって女王や五摂家の死亡と新たな政権の樹立が民衆に報じられ、2人は国家転覆罪で逮捕されてしまったのでした。

 

スポンサーリンク

鬼社会は新たな世界に

処刑が目前に迫った時、なんとソンジュの兄であるレウウィスが現れ、自らソンジュの血を飲むことで民衆に「邪血」が鬼にとって「奇跡の血」であり、ムジカとソンジュは賊徒どころか民を救おうとした英雄であることをアピールしたのです。

そして「邪血」の排除は農園による絶対支配のためだったという真実を告げ、真の賊徒である現政権の解体とその幹部の逮捕を命じ、全ての民に邪血を分配して誰も飢えや退化に苦しまぬ世にすることを宣言。

最後に、全ての農園の廃止を告げたのでした。

 

スポンサーリンク

ムジカが新王に

始めは戸惑っていた民衆たちも、ムジカたちに助けられたことや農園による絶対支配からの解放を望み農園廃止に賛成し、レウウィスを新王として迎え入れます。

しかしレウウィスは旧体制側であった自分は王には相応しくないと考え、新たな世界に相応しい新たな王を推薦しました。

私はこのムジカこそ王に相応しいと思う

レウウィスの提案は大僧正様の後押しにより民衆に受け入れられ、ムジカは人間を食べない社会へと生まれ変わった新しい鬼世界の王となったのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

特別な血を持っているが故に苦しみ、追われ、自分の存在を問い続けてきたムジカですが、エマたちと出会ったことによって「私は我ら種(鬼)を変えるために生まれてきたんだ」と悟ります。

『約束のネバーランド』は一見エマたち食用児が自分たちの運命を変えるために奮闘する物語ですが、実際は人間として世界を変えたいエマたちと鬼として世界を変えたいムジカたちの想いが交錯し、2種族間の新たな平和の未来を切り開く物語だったのです。

ムジカを主人公として読むとまた違う感じ方が出来ると思うので、是非鬼の世界から『約束のネバーランド』を読んでみてくださいね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒あの方は神のような存在!?鬼さえも超越した謎多き存在!エマ・・

⇒女王レグラヴァリマ死す!?ソンジュ登場で正体が明らかに!?・・

⇒バイヨン 死亡!?誰の手によって!?・・

⇒王家から追放された元貴族のギーラン!密かに復讐の機会をうか・・

⇒ムジカって?ムジカたんかわいい。かわいいは正義。・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です