【終末のワルキューレ】アダムはなぜかっこいい?名言や名場面を大紹介!!

スポンサーリンク

ラグナロクの第2回戦が始まります。

神代表は、シヴァが第1回戦の呂布奉先とトールの激しい戦いに興奮して出場しようとしますが、同じ気持ちでいたゼウスが突如、順番を変更して登場します。

そんなゼウスに対抗する人類代表は、アダムが姿を見せます。

アダムは、作中の中でも非常に強くかっこいいキャラクターです。

とても魅力的な人類代表です。

そんな、アダムのかっこよさと、名言や気になる場面を紹介して行きます。

よろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの見た目がかっこいい

最初は、第2回戦の人類代表にアダムが出場し、ゼウスと戦うと予告が出た時、アダムの姿が非常に気になって仕方無かったです。

正直、第1回戦の人類代表の呂布奉先と、神代表のトールは、筋肉隆々でごっつい体格でしたので、アダムも似たようなキャラクターになるのかなと勝手に想像してしまいます。

神と戦う人類側の戦士なのでそれは仕方ないのかなと思い納得します。

しかし、闘技場のゲートから登場したアダムは、下半身を木の葉で隠し、上半身裸の姿で出てきます

でも、顔立ちがイケメンだったんです。

肉体も美術の作品で出てくるような、彫刻象の様な筋肉を細かく再現した造形美で美しすぎます

割と筋肉質ですが、贅肉も無く無駄がなく引き締まっています。

ラグナロクを戦う人類代表でなければ、現代の世では、モデルや芸能関係のスターの様な存在です。

もう、見て申し分ないかっこよさが漂ってます。

ただ、善悪の実という名の林檎を齧り、すっぱいと言う光景はとても面白かったです。

かっこよさでなく、穏やかさやひょうきんな所もあり、一気に好きになったキャラクターです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの登場がかっこいい

アダムは、第2回戦に代表として出場します。

人類側のゲートの床から巨大な柱が盛り上がり闘技場に出現します。

様々な動物達が一気に飛び出して行き、柱の上に1人の男が座っています。

その男は、ゆっくりと起き上がり拳を力強く握り、柱から飛び降り着地します。

腕を回しながら、闘技場の中央に進み止まります。

そして、片手に握っていた林檎を噛みます。

それがアダムです。

登場シーンは、とても迫力があります。

動物達が走ってきて、アダムの周りの止まって集まる様は、アダムが愛されているなと思います。

ブリュンヒルデが、第1回戦の人類代表、呂布奉先が敗北し落ち込むゲルに神に最も憎悪を抱く男を選ぶと言った時、誰になるのか予想がつかなかったです。

人類側の観客は、歓喜し、ゼウス等の代表の神々や神側の観客が、アダムが代表と知り、衝撃を受ける所は物凄いインパクトがあります

本来、第1回戦の戦いに興奮し、心動いたシヴァが参戦する予定でしたが、同じく感情が高ぶり熱くなったゼウスが出場することになります

アダムの登場が決まり、ゼウスをそう決断させたのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの神器錬成がかっこいい

アダムは、神代表と戦うため戦乙女の七女であるレギンレイヴの力を借りて神器錬成しメリケンサックを使用して戦います

レギンレイヴの名前の意味は、神々の残された者です。

ラグナロクの第2回戦、闘技場に登場したアダムとゼウスは、近づき中央で睨み合います。

ゼウスは、アダムに対し神器錬成しないと一瞬で勝負が終わると挑発します。

するとアダムは、上空を指差しもう来ているから心配ないと表情を変えずに言います。

すると突然、上空からペガサスがやってきます。

そこには、眼鏡を掛けた背の小さな女性が乗っています。

それがレギンレイヴです。

レギンレイヴは、アダムに手を出すように指示します。

ペガサスから飛び降り、アダムに向かって行きます。

レギンレイヴは、心を通わせることがとても重要でそうしなければ自分はアダムの一部にはなれないと淡々と語り人差し指を出します。

アダムもそれに応じて、自分の人差し指を出して触れた瞬間、神器錬成が発動されます。

このシーンは、ミケランジェロが1511年ごろに描いた絵画であるアダムの創造と一緒です。

神々が最初の人類であるアダムに命を吹き込む場面を表現していますが、この終末のワルキューレでの作品は、レギンレイヴがアダムに命を与えている様に見えます。

それは、すなわち神器錬成しアダムに、神代表を倒す力を与えています

レギンレイヴは、アダムの右手にメリケンサックとして装着されます。

アダムは、レギンレイヴの変化したメリケンサックを握り、感触を確かめこれはいいと絶賛します。

この神器錬成の演出が、とてもかっこいいです。

良さは、作品を見ればそう感じられます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの能力・技がかっこいい

アダムの能力は、自分が目にした神の技を全てコピーできる神虚視という特別な能力を持っています

アダムは、以前妻のイヴと楽園で楽しく幸せに過ごしています。

しかし、蛇神がイヴの美貌に惹かれて我が物にしようと画策します。

イヴは、蛇神を拒否し逃れますが、それに腹を立てた蛇神はイヴに無実の罪を着せて神々の裁判所で有罪とさせて追放処分にします。

すると善悪の実を全てもぎ取ってきたアダムが、裁判所に乱入し、イヴと共に地上に向かうと言います。

その光景を見て激怒した蛇神は、姿を変えて鋭い爪でアダムを引き裂こうとします。

逆に、アダムは、神虚視を使い、蛇神の技を真似して逆に全身を引き裂きます

ラグナロクの第2回戦で、ゼウスとの戦いでもその能力は思う存分発揮されます。

ゼウスの持つ光速を超連続で放つ黄昏流星群や、蹴り技の神の斧、時間を全て支配した強烈な一撃である時を超える拳をカウンターで返して行きます。

ゼウスは、アダムの神虚視の力で自分の体に大きなダメージを受け苦戦して行きます。

無駄のない強力なこの能力は、とてもかっこいいです。

ただ、連続して使用すると神経回路に相当な過負荷が掛かります

それが、アダムの身に大きな影響を及ぼします。

その理由は、物語を読んで行けば判明します。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムが強くてかっこいい

アダムが、神代表としてゼウスと戦う姿がもう強くてかっこいいです。

神虚視の能力を使い、ゼウスの大技をカウンターで返し、ゼウスに決まる所は爽快感があり鳥肌が立つ程です。

神虚視の力で優位に戦いを勧めて、落ち着いて攻撃を確実に決めて行く所も非常に良いです。

その後、アダムは、神虚視が使えなくなり肉体に限界がやってきます。

それでも、自分の子供達と全人類を守るという思いで、最後まで戦い続けて殴り続ける所も更にかっこよさをアップしてます

アダムの強さとかっこよさは、是非とも作品を見て頂ければ理解できます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの名言がかっこいい

アダムは、ゼウスとの第2回戦の戦いで発した言葉があります。

これは、とても名言で終末のワルキューレの作品の中で、正直一番かっこよくて最高だと思います。

それは、子供たちを守るのに理由なんているのかいです。

ゼウスは、アダムとの戦いで、とあることに気づきます。

それは、アダムが神々にイヴ共々楽園を追い出されて、腹を立てて恨みを抱いて憎んでいて戦っているのだと解釈していましたが、アダムの表情と戦う姿を見て違うと感じます

ゼウスは、アダムにこのラグナロクの戦いに参加した本当の理由を問い質します。

その時に、アダムがその台詞を語ります。

もう、自分にとっては衝撃過ぎてかっこよくて痺れます。

アダムは、人間じゃなくて本当の神だと感じます。

自分の感情よりも、他人を思いやる気持ちと子供たちの未来を守るという姿勢が素敵です。

これから、人類や神側のどんな代表が試合の中で色々と発言しても、アダム以上のかっこよい名言は生まれないだろうと信じています。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムは父親としてかっこいい

アダムは、もう父親として本当にかっこいいです。

しかも、イケメン過ぎるパパで最高で最強です。

楽園を追放された恨みの感情等なく、ただ、自分の子供と全人類を愛する為、全力で悪い奴から守るという意志と覚悟に溢れています

一見、ボーっとして覇気のない様に見えますが、やる時はやるという気持ちの強い人間です。

神虚視が使えなくなり、ゼウスに殴り続けられても自分が皆を守ると言い戦う事を止めない光景は涙なしでは語れないです。

彼の父親としての大きく包み込むような愛情があったからこそ、優秀な能力を持った人間も生まれることが出来たのでまさに人類の祖です。

強さ弱さに関係なく、人類に注ぐ愛情を武器に、力に変えて立ち向かうアダムは、素敵すぎます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダムの死に様がかっこいい

人類代表のアダムは、神代表のゼウスに対し、神虚視の能力を使い、ゼウスの破壊力の大きな一撃をカウンターで返していきダメージを与えて行きます。

ゼウスは、アダムの実力と強さを認め、自身も勝利する為に最終形態・阿陀磨須となり、最後の勝負を仕掛けて行きます。

アダムは、神虚視を続けて行きますが、その絶え間ない発動で遂に視神経が破壊されて、失明してしまいます

ゼウスは、それをチャンスとばかりに今までの殴られたお返しにとアダムを殴り続けて追い詰めて行きます。

アダムは、眼も見えずに防御に徹しますが、人類達を自分が守るという思いが再燃焼し、ゼウスの頭を掴み近距離で殴り続けて行きます。

ゼウスもそれに応じて、延々と止まることのない殴り合いしていきます。

やがて、時が過ぎて、ゼウスは、肉体に限界が訪れ阿陀磨須化を解き、膝を付きます。

闘技場の観客達は、ゼウスの弱り消耗した姿を見てアダムの勝利だと歓喜します。

しかし、アダムは、ゼウスを殴った状態で硬直を続けています。

ゼウスは、審判のヘイルダムにアダムは既に息絶えて亡くなったと教えます

アダムは、死してもなお人類愛の為に精神で戦い続けていたのです。

アダムの死に観客達は驚きます。

アダムは、神器錬成した戦乙女のレギンレイヴと共に静かに消滅して行きます。

アダムの命を賭けて、人類を自分がしっかり守って戦うという姿勢が思わず目頭が熱くなります。

崇高な精神と志で、涙が止まらなかったです。

ラグナロクの試合には、敗れはしましたが、ゼウスとの殴り合いの我慢比べには勝利します。

一撃が超必殺技級の威力を持つゼウスの攻撃にも怯まず、止まらず戦い続けたアダムは最高です。

アダムの死に様は、堂々としていて潔さがあります。

その敗北は、人類代表を応援する観客達に、ラグナロクの戦いで人類代表の攻撃が神に届くと言う事といつか勝利が見えてくる希望を見せつけます

アダムは、人類で最も神を憎んでいると言われていましたが、実際は違い、己の子供である全人類を守る為に全力を出して戦っただけです。

神に対しての憎悪は、殆どなくゼウスに立ち向かった偉大な闘士だったと信じています。

 

スポンサーリンク

まとめ

以上でアダムに関することを紹介させていただきましたが、本当に強くてかっこいいキャラクターです。

ゼウスとの戦いには、敗れはしましたが今でも印象に残る濃い存在です。

名言も素敵ですが、アダムの生き様が本当に美しいです。

裏表もない潔さとかっこよさと、人類に対する熱い想いが魅力的に見えます。

また、何かの形でアダムの再登場を期待したいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です