スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】オリンポス13神アダマスとは?ゼウスやポセイドンとの関係性も大紹介!!

スポンサーリンク

終末のワルキューレの作品の中で、ブリュンヒルデは、オリンポスの神々は本来13神だったと発言。

名を消された神はアダマスだったと、末妹のゲルに教えています

アダマスは、神代表のゼウスとポセイドンとも関わりがあります。

そんなアダマスについて詳しく語っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスの神話とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスですが、神話は存在しないです

どういう事なのか、気になる方も多いかと思います。

アダマスは、終末のワルキューレの作品内でのオリジナルキャラクターです。

漫画の設定の中で、ゼウスやポセイドンの兄という位置にいます。

ゼウス達の父親にクロノスという名の神が居ます。

クロノスは、ギリシャ神話で武器として鎌を使用。

その鎌の原料がアダマスという名だったと伝えられています

アダマスという名前は、とても強そうなイメージがあります。

神話があってもおかしくないと個人的には、思ってしまいます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスのプロフィール

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスは、オリンポス13神の1人です。

征服神という異名も持っています。

以前、全宇宙を統一したクロノスの血を受け継ぐ神。

短気で残虐な、気性が荒いです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスの兄弟とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスには、兄弟がいます。

3番目の弟には、ポセイドンがいます。

1番下の弟は、ゼウスです。

アダマスは、次男です。

長男は、冥界の神であるハデスです。

因みに、アダマスは、4兄弟の中で2番目の位置。

次男です。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスの性格とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスの性格は、短気でとても嫉妬深いです。

終末のワルキューレの作品で、荒々しく描かれています。

アダマスの性格について話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

アダマス、ゼウスが最高神に就くことに激怒する?!

ある日、アダマスにある知らせが届きます。

それは、弟のゼウスが最高神になるという内容

アダマスは、それを知り怒り狂います。

ゼウスは、ギガントマキアの戦いに参戦。

彼は、オリンポスの神々達と協力し、進行してきたティターン神族を見事に撃退。

その功績が認められて、神々の中で、最高神位を継承する事が決定。

アダマスは、1番下の弟であるゼウスが自分を追い抜いて高い地位に付くことが許せなかったのです。

アダマスは、絶対にゼウスが最高神になる事は認めないと怒りの形相を作品内で見せています。

ゼウスが上になる事を、快く思わずに大きな不満があったと思います。

 

スポンサーリンク

アダマス、叛逆を開始する?!

アダマスは、ゼウスの最高神を全力で否定

彼は、ある行動を開始。

ギガントマキアの戦いに敗れた、死と闇の奈落に封じ込められたティターン神族やギガンテス達を解放。

更に、天界で最凶で最悪と呼ばれた怪物テュポンを屈服させ従えます。

アダマスは、ゼウスを倒す為に進軍

自分が最高神になるために動き出したのです。

ゼウスの事をとても面白くなかったのだと思います。

祝福するという気持ちも無い、心の狭い神だったのかもしれないです。

弟の下には、きっと痛くなかったのかと思います。

アダマスのプライドは、高かったはずです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスの強さとは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスの強さや能力は、それなりの戦闘力や力があったのではないかと推測できます

ゼウスを倒す為に、ティターン神族やテュポンも従える程です。

それなりの強さが無ければ、ティターン族もアダマスに付いて行かなかったと思います。

征服神と呼ばれるだけあるので、強い神だったのではないかと信じたいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスの能力とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスの能力は、わからないです。

でも、力は強かったのでそれに関連する能力はあったのではないかと思います。

彼は、空飛ぶ城に居住。

骸骨や骨でできた玉座に座っています。

ゼウスの最高になることを聞いた時に、椅子の手すりに遭った骸骨を腕力で握り、破壊しています。

力の強さが、戦いで発揮される光景が見て見たかったです。

また、ティターン族達を自分の仲間に引き込む程ですので、カリスマ的な魅惑する能力があったのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスとゼウスの関係性とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスとゼウスの関係は、兄弟であると言う事です。

当時、神々の中で最強と謳われていた父親であるクロノスとレアから2人は誕生。

アダマスは、次男で、ゼウスは1番下の弟です。

兄としてゼウスと仲良くしている光景は描かれていないです。

そんなに悪くなかったのではないかと個人的には思います。

しかし、ゼウスは、様々な活躍をして最高神の位置に就任。

そこから、アダマスは、ゼウスとの仲が一気に悪くなります

アダマスは、ゼウスを倒す為に狂気じみた行動を起こしていくのです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスとポセイドンの関係性とは?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスとポセイドンの関係性は、兄弟です。

仲がとても良いと言う訳ではないし、悪い風にも見えないです

因みにアダマスが兄で、ポセイドンが弟です。

ポセイドンは、三男です。

アダマスは、ポセイドンに気を掛けて可愛がっています。

しかし、ポセイドンは、アダマスに対して違う見方をしていたのです。

その事は、また次で話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アダマスは死亡した?

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスは、死亡します

その原因が、弟のポセイドンの手に掛かり殺されてしまったのです。

どうして、アダマスは、ポセイドンに殺害されてしまう事になったのか非常に気になります。

そんなアダマスの死について、少し述べたいと思います。

 

スポンサーリンク

アダマス、ポセイドンに味方になる様に迫る?!

アダマスは、弟のゼウスが神の最高位になることを否定。

ゼウスを倒す為にティターン族を率いて、戦争を始めようと計画します

アダマスは、ポセイドンの城に向かいます。

彼は、ポセイドンと対面し、早速本題に移ります。

アダマスは、ゼウス側に居た49人の神が自分に協力する事になったとポセイドンに告げます。

更に、ヘルメス達数名のオリンポス神も自分達の陣営に付くことを約束したと自信満々に宣言。

ポセイドンが味方になれば、ゼウスを倒せると言います。

アダマスは、机を叩き、ゼウスが自分の上に立つことは許せないと怒りを見せます。

そして、ポセイドンに力を貸せと迫ります

ポセイドンは、アダマスの話を静かに聞いていて沈黙。

そして、その回答を答えようとしたのです。

 

スポンサーリンク

アダマス、ポセイドンに怒りを爆発させる

ポセイドンは、アダマスを見て発言。

アダマスが自分の兄だと思うと情けないと言いだしたのです。

アダマスは、ポセイドンの回答を理解。

すると、テーブルを蹴っ飛ばします。

アダマスは、怒りの形相を見せてポセイドンに近づきます。

そして、もう一度聞き間違えかもしれないので、ハッキリ返事をしてくれと詰め寄ります。

しかし、ポセイドンは、黙って何も答えなかったのです。

しかも、アダマスと視線を合わせていなかったのです。

それを知ったアダマスは、更にポセイドンに対して怒りを増大させて行きます

アダマスは、ゼウスとポセイドンは自分を兄とは認めていないと嘆きます。

自分の目を見て、敬意を払えと絶叫。

椅子に座っていたポセイドンは、静かに立ち上がったのです。

 

スポンサーリンク

アダマス、ポセイドンと初めて目を合わす

ポセイドンは、立ち上がり自分の神器トライデントを持ちます。

静かにアダマスに向けて、話を始めて行きます。

神は、群れないし、謀をしないし、頼ることもしない完璧な存在。

でも、アダマスは、神として相応しくないと断言。

アダマスは、ポセイドンに愚弄されたと大激怒。

ポセイドンは、鼻歌を歌い始めます。

アダマスは、怒りを見せ神器の大鎌を握ります。

ポセイドンに向かって、自分を舐めるなと斬り付けようとします。

アダマスは、ポセイドンが生まれた時から気に入らない部分があったのです。

成長していき、一度も自分と目を合わせることが無かったからです。

アダマスは、自分を見ろと言い大鎌を振ります。

すると、その瞬間、初めてポセイドンと目が合います

しかし、この出来事がアダマスにとっては、自分の生涯が終わるとは思っていなかったのです。

 

スポンサーリンク

アダマス、ポセイドンに殺されて歴史から名を消される

アダマスは、ポセイドンと目が合います。

ポセイドンのトライデントが、アダマスの腹を貫きます。

アダマスは、口から大量の血を吐き動かなくなります。

その血は、ポセイドンの顔に掛かります。

ポセイドンは、無表情でトライデントを払います。

すると、アダマスの身体が吹き飛び、壁に叩きつけられます。

アダマスの身体は、真っ二つになり絶命してしまいます

ポセイドンは、アダマスの死体から背を向けます。

ポセイドンは、オリンポスは13神だが、神ではない者が混ざっていたと近くの柱に居る者に呟きます。

すると柱から1人の男が登場。

それは、オリンポス神の1人であるヘルメスだったのです。

ヘルメスは、ポセイドンに向かって跪き、承知したと答えます。

ポセイドンは、その場から静かに去って行きます。

その後、神の歴史は改正。

オリンポスの神々は、最初から12神であったと訂正されたのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

終末のワルキューレ/©梅村真也

アダマスは、終末のワルキューレの中でオリジナルのキャラクターです。

姿も素行不良で、乱暴者という雰囲気。

神としては、優秀ではなかったのかもしれないです。

弟のゼウスが、自分を差し置いて神の最高位になることが気に入らないと大激怒。

戦争を発生させて、天界を分断させようとしています。

しかし、ポセイドンの無慈悲な一撃で死亡。

歴史の闇に消されてしまいます。

もし、アダマスの性格が良かったのなら、ポセイドンに殺害されることも無かったのかもしれないです。

ゼウスとの関係も良好に築くことが出来た可能性も高かったと思います。

オリンポスの13神として名を残し、ポセイドンよりは弱いですが、ラグナロクに代表として登場していたかもしれないです。

そうなれば、面白かったのではないかと思います。

因みにゼウスは、戦いの際に本気を出した時、阿陀磨須という最終形態になることが出来ます。

筋肉を極限に圧縮し、強大なエネルギーを貯める為、凶悪な姿になります。

依然その姿を見たポセイドンは、その状態のゼウスを見てアダマスだと勘違いしてしまいます。

ゼウスの最終形態は、アダマスから命名されたのです。

神々の歴史からは、名は消えたけど、記憶にはアダマスの名が残っていて不思議です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA