【終末のワルキューレ】カインは人類最初の殺人者?カインとアベルの関係性とは!?

スポンサーリンク

終末のワルキューレの作品内で、ラグナロクの戦いに神代表としてアダムが出場します。

そのアダムには、カインとアベルという名の子供達が居ます。

ラグナロクの戦いにおいて、アダムの応援を観客席からするカインが居ます。

カインは、実は、人類で最初の殺人者だったのではないかと伝えられています

そこには、アベルとの兄弟関係も深くかかわってきます。

そんなカインについて、詳しく話をして行こうと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインは実在した?

カインは、実在した人物ではないです

聖書で名前が記されています。

彼は、とある事件を発生させます

それは、後程語りたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインのプロフィール

カインは、聖書の創世記に登場します。

人間で最初の夫婦であるアダムとイヴの子供

長男として農業に携わる者です。

弟にアベルが居ます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインの性格とは?

終末のワルキューレに登場するカインの性格は、明るく荒々しい雰囲気があります

父親のアダムを元気良く応援していますが、とても熱くエネルギッシュです。

弟のアベルの髪の毛を掴みながら、集中する程の興奮状態。

お祭り騒ぎが大好きな人物に見受けられます。

アダムが戦いで不利になり、命の危険が迫った時は、泣きながら降参しろと呼び掛けたりします。

喜怒哀楽が激しいキャラクターにも思えます

私は、熱い思いやりのある感情が見られるので好きです。

聖書でのカインの性格は、少し違うみたいです

その点について紹介してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

聖書で語られるカインの性格は、真面目だった?!

一方、聖書に出てくるカインの性格は、とても生真面目な人物だったと伝えられています

麦を丁寧に世話して育てる農夫。

神ヤハウェに献上する為に努力を怠らない者だった様です。

しかし、弟のアベルに対しては、違った感情を見せています

アベルは、山羊を育てていました。

飼っていた山羊は、良く逃げてカインの麦畑を荒らします。

その度にカインは、アベルに責したと言われています。

やがて、アベルに対してより強い怒りの感情を見せて行くことになります

どうなって行くのかは、また次でお話ししたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインの家族とは?

カインの家族は、父親に人類代表であるアダムが居ます

母親は、イヴと弟にアベルが居ます

カインには、アワンという名前の妻と、エノクという子供も存在。

他の親戚には、セトやルルワ、アズラ等が居ます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カイン登場場面

終末のワルキューレの作品の中で、カインが登場するのは、ラグナロクでの第2試合目です。

闘技場の人類側の観客席から、弟のアベルと共に、大声で試合に出場したアダムを応援

カインは、アダムに対し対戦相手である神代表のゼウスを殴って倒せと呼び掛けています。

試合に出場できない自分達の分まで一撃を入れてくれとも発言。

結構、カインの出てくる場面は、印象的です。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインとアベルの関係性とは?

カインとアベルの関係は、兄弟です。

でも、あまり仲が良かったとは言えないです。

次第に悪化の一途を辿ります。

その点について少し話をしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

カイン、収穫物を認められずにアベルに嫉妬する

カインは、弟アベルが山羊を放牧。

その飼っている羊達が自分の麦畑を荒らす事を、快く思っていなかったのです。

とある日、カインとアベルは、神ヤハウェに収穫物を捧げる機会が起きます。

カインは、大事に育てた麦を献上。

アベルは、肥えた羊を渡します。

するとヤハウェは、カインの麦には目をくれず、アベルの提供した羊を喜びます。

ヤハウェは、アベルを気に入り寵愛

カインは、それが面白くなかったのです。

彼は、アベルに対し、とても強い感情が誕生

それが嫉妬という感情だったのです。

更にカインのアベルに対する嫉妬が増す出来事があります。

それについても述べたいと思います。

 

スポンサーリンク

カイン、アベルの発言で殺意の感情を抱く?!

カインは、神ヤハウェがアベルの羊を選んだことを、非常に悔しがっています。

彼は、何とか自分の作った麦を認めてもらおうと努力します。

それを見たアベルは、カインの所へやって来ます。

アベルは、カインに対しある事を言います。

それは、本当に神ヤハウェの事を慮って麦を献上したのなら認めてもらえるはずだと発言

ヤハウェに相応しくない物をカインは作ったから、受取拒否。

自分の様に受け取ってもらえるはずだと厳しく指摘したのです。

するとカインは、大激怒。

弟であるアベルに、恨みと殺意を抱いたのです。

この後にカインは、アベルにある行動を起こします。

アベルは、カインにアドバイスをしただけなのかもしれないです。

でも、カインは、我慢の限界だったのだと思います。

カインとアベルの仲が良ければ、また違った展開だったのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】カインは殺人者?

カインは、殺人を犯してしまいます。

しかも、弟のアベルを殺してしまったのです。

世界で、最初の殺人を行った人物となります。

何故、カインは、この様な凶行に及んだのか気になります。

その部分に注目して、話をします。

 

スポンサーリンク

カイン、アベルを呼び出して殺害する

カインは、アベルに自分が育てた麦が神ヤハウェに相応しくなかったと言われた事に恨みを抱きます。

彼は、我慢の限界を迎え、遂にアベルを草原に呼び出します。

カインは、アベルを感情のまま、そこで殺害

遂にカインは、実の弟に手を掻けてしまったのです。

カインには、嫉妬や怒り、様々な感情があったのかもしれないです。

アベルを殺害しない方法が、多くあったのではないかと思ってしまいます。

因みにカインがアベルを殺した事から誕生した言葉にカインコンプレックスなるものがあります

兄弟間の嫉妬心をそう呼ばれてます。

聖書の創世記には、カインがアベルを殺害した動機や理由は記述されていないです。

 

スポンサーリンク

カイン、アベルを殺害した罪で追放される

神ヤハウェは、アベルが居なくなったことに気づきます。

ヤハウェは、カインにアベルの行方を問い質します。

カインは、自分は弟の番人でないのでわからないと回答。

これが、人間が初めてついた嘘だと言われています

しかし、ヤハウェは、大地に流されたアベルの血を発見。

ヤハウェは、カインの嘘を知り、カインを呼び出します。

ヤハウェは、カインをエデンの東の果てに存在するノドという場所まで追放する処分を言い渡します

しかも、カインには、耕作を行って得た作物は収穫できないという非情な宣告を告げます。

カインは、自分のしてしまった事をようやく後悔します。

自分が報いを受けて、誰かに殺されてしまうのは嫌だと恐怖。

ヤハウェは、カインに慈悲を与えます。

ノドの土地に住む者に殺されない様に刻印を施します

更にヤハウェは、土地の者達にカインを殺したら七倍の復讐が帰ってくるから手を出すなと約束させます。

こうして、カインは、ノドへと追放。

アベルを失った事を知った親であるアダムとイヴは、嘆き悲しみます。

これを哀れに思ったヤハウェは、アダム達にアベルの代わりとしてセトという名の子供を授けます

セトは、アベルの生まれ変わりだと伝えられています

カインには、追放された後に息子のエノクが誕生。

ノドで作った街にもエノクの名を付けたと言われています。

カインが起こした殺人は、様々な影響を及ぼしています。

 

スポンサーリンク

カインが殺人者になったのは、女性の影もあった?!

聖書の創世記では、カインの殺人の動機が不明と記載。

しかし、ミドラーシュやアダムとイヴとサタンの対立を記載した古代の聖約釈義書には、ある事が書かれています。

それは、カインがアベルを殺害したのには、美しい女性への要求があったと伝えられているのです。

カインとアベルには、それぞれ双子の妹が存在。

カインは、アベルの妹と結婚。

アベルは、カインの妹と一緒になると決まっていたのです。

でも、カインは、その事に反対。

アベルの配偶者となるルルワがとても美しかったからです。

カインは、それに同意せずに結婚を認めなかったそうです。

父親のアダムは、公平に、ある提案をします。

それは、神に供え物を捧げて、祝福をされた者がルルワと結婚

カインは、麦。

アベルは、羊を捧げます。

神は、カインの供え物を拒否。

激怒したカインが凶行に及んだとも言われています。

また、カインは、ルルワが美しくて自分がどうしても結婚したかったから認めなかったともいう説があります。

いずれにせよ、カインの中に生まれた嫉妬や怒りの感情が、彼を狂わせてしまったと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アニメ・カイン役の声優は誰?

終末のワルキューレのアニメで、カイン役を担当する声優の方は、内田修一さんです。

インテンションに所属する多彩な役柄を熟します。

代表作として灼熱カバディの栄倉祐役やBEMのアルバート役等があります

 

スポンサーリンク

まとめ

終末のワルキューレの作品内に登場するカインは、やんちゃで暴れん坊という感じがします。

しかし、聖書等では最初の殺人を起こした人物だと記載。

妬み等の感情が湧き、アダムを殺害した事は驚きです。

作品内で兄弟で父アダムの戦いを応援する程の仲の良さだったら、違ったのかもしれないと感じています。

カインは、真面目でしたがとても不器用な人物だったのかもしれないです。

アダムを殺さずに和解する方法があれば良かったのではないかと考えてしまいます。

カインの事を知り、兄弟同士がいがみ合うよりも仲の良い方が大切だと思います。

カインやアベルがお互いを認めて、助け合いを続けていれば別の歴史が生まれたのかもしれないです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA