【終末のワルキューレ】ポセイドンVS佐々木小次郎ついに決着!勝敗の行方とは!?

スポンサーリンク

ラグナロクの第3回戦では、人類代表に佐々木小次郎が登場し、対する神代表はポセイドンが姿を見せます

傲岸不遜で小次郎を見下すポセイドンですが、小次郎の更なる進化と剣士達の応援で喰らい付いて行きます。

史上最強の敗者と呼ばれながらも、足掻き、初勝利を掴もうとする小次郎の壮絶な戦いが奇跡を呼び起こして行きます。

第3回戦の勝敗の行方について、詳しく述べて行きたいと思います。

お付き合い頂ければとても嬉しいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロク第3回戦 ポセイドンVS佐々木小次郎

ラグナロクの戦いは、第1回戦、第2回戦と神代表の勝利となります。

第3回戦の人類代表を誰にするのか、戦乙女のブリュンヒルデは、悩んでしまいます。

そんな、ブリュンヒルデの持つ携帯端末に1つの連絡が入ります。

それは、第3回戦にゼウスの兄であるポセイドンが出場するという情報で、ブリュンヒルデは動揺します

そんなブリュンヒルデの前に、突然、1人の男が現れて、自分が出ると申し出てきます。

その男は、ブリュンヒルデが零した牛乳の瓶を、刀の鞘で綺麗に掬う達人級の技を見せます。

男は、今まで修業を繰り返し、初老である今現在が自分の全盛期だと宣言します

その言葉を聞き、ブリュンヒルデは、興奮し今度こそ人類代表に勝利をもたらす男だと確信して喜び参戦を決めます。

その男は、史上最強の敗者と呼ばれた剣士、佐々木小次郎だったのです。

こうして、第3回戦は、人類代表として佐々木小次郎が、ポセイドンに立ち向かう事が確定します。

第3回戦が、静かに幕を開けます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ポセイドンの能力・技とは?

神代表のポセイドンは、神器トライデントを用いて戦います

ポセイドンから繰り出される一撃は、非常に破壊力と速度が高く、人類代表の佐々木小次郎を苦しめます。

ポセイドンは、様々な必殺技を持っています。

その内の1つは、怒れる波濤です。

怒れる波濤は、トライデントから波のように連続して突き出された最速で強力な突き技です。

小次郎の肉体を傷つけて行き、全く隙が無いです。

次に、荒海に降る神雷という技です。

ポセイドンは、空中に飛び上がり落下しながら、小次郎に豪雨の様なトライデントの槍捌きを見せます。

それは、激しく連続の突きを止めることなく延々と続けて行きます。

そして、極め付けが、ポセイドンの最強の大技となる四十日四十夜の大洪水です。

全方向から一気に襲い掛かる超高速の突きの嵐を起こす技です。

小次郎も避けるのが精一杯です。

あまりの突きの速度により、残像が生じてドーム状の形となり相手に容赦なく浴びせて行く所がとても恐怖です。

ポセイドンの技は、どれも強く、神としての風格を漂わせるインパクトのあるものばかりです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】佐々木小次郎の神器錬成とは?

人類代表である佐々木小次郎は、戦乙女の次女であるフリストの神器錬成の力を使い戦います。

佐々木小次郎は、備前長光という三尺の長さがある日本刀で戦います

フリストは、その備前長光に神器錬成し、小次郎と共に神代表のポセイドンに戦いを挑みます

フリストの神器錬成で、備前長光の強度も高くなり、ポセイドンの髪を斬り裂いたり、傷を与えて行きます。

しかし、ポセイドンも小次郎の実力を目の当たりにして、遂に本気を出して猛攻を開始します。

ポセイドンの技の威力は、とても凄まじくその攻撃に備前長光に異変が発生します。

ただ、フリストには、震える者と轟かす者と言った2つの名前を持っていて、その意味と力が小次郎に力をもたらす事になります

その内容は、作品内でどうなるのか確認して頂ければ良く解かります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】佐々木小次郎の能力・技とは?

人類代表の佐々木小次郎の能力は、千手無双という相手の攻撃を読むものがあります

小次郎は、生前、様々な多くの剣士と戦っています。

その出会った剣士の姿や技、呼吸や間合い等の情報を記憶して、頭の中でしっかり構築して、自分が勝利するまで何回もシミュレーションをします。

やがて、それが相手を完全に再現し、攻撃のパターンを読んで相手の動きや攻撃を予測して見切り、回避もしていく能力が千手無双です。

詳細は後程語りますが、この千手無双は、神代表のポセイドンとの戦いの中で進化を遂げて、萬手無双にレベルアップします

佐々木小次郎の技には、岩流と呼ばれる流派の剣術の使い手で、燕返しという必殺技があります

生前、剣豪宮本武蔵との戦いでも使用した技で、全力で相手に向かって備前長光を振り降ろし、そこから刃筋を変えて、今まで鍛えた肉体を駆使して超絶な素早い反応で、そのまま下から最速で斬りつけて行く技です。

小次郎は、燕返しを繰り出して、ポセイドンの髪の毛を斬り裂き、全く視線を合わせないポセイドンと向き合う事に成功します。

また、ポセイドンに対し岩流の秘奥義と呼ばれる虎切も披露しています

虎切は、払った備前長光を直ぐに逆手に持ち替えて、そのまま斬りつけて行く相手の意表を突いた技です。

とても実戦的で、相手に反応を即座にさせない精度の高い剣技です。

そして、小次郎の岩流は、とあるきっかけで二天岩流となります。

二天岩流の奥義で二刀流から繰り出される強烈な斬撃である、双燕斬虎万刃繚乱があります

小次郎は、剣士として長き年月に渡る修行で身に付けた能力と剣技で、ポセイドンに勝利する為に挑戦して行きます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ポセイドンの過去とは?

ポセイドンの過去が、作品内で描かれています。

弟のゼウスが、様々な活躍や功績を残して最高神となることが決定します。

それを快く思わない神が現れます。

それは、ポセイドンやゼウスの兄であるアダマスという名の神です。

アダマスは、ゼウスの待遇に不満を抱き、謀反を企てて行動します。

幽閉された巨人族を助けて自分の仲間に加え、更に、天界で最悪の悪魔と称されたデュポンを手懐けたりし、ゼウス側のヘルメス等のオリュンポスの神々の一部も味方に付け、戦いの準備を始めます。

アダマスは、突然、ポセイドンを呼び出して、自分の味方になる様に命令します。

しかし、ポセイドンは、神は崇高な存在で、仲間やアダマスの謀は不必要だと否定し、拒否します。

アダマスは、ポセイドンが自分を見下し、視線も合わせないことに激怒し攻撃を仕掛けてきます。

ポセイドンは、トライデントを構え、突きの一撃でアダマスの肉体を貫き殺してしまいます

平然としているポセイドンは、その様子を見ていたヘルメスに声を掛けます。

アダマスなる神は、最初から存在しなかった事にしろと言い立ち去って行きます

冷徹で無慈悲の一撃で、アダマスを葬り去るという過去は、とても衝撃的です。

同時に、ポセイドンという神は、ゼウス達と同じく戦闘に置いては物凄い強さを持っていると理解できます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】佐々木小次郎の過去とは?

佐々木小次郎は、生前、越前の国に生まれます。

小次郎は、戸田道場に通い剣術の修行に打ち込みます。

しかし、小次郎の気弱で、遅刻したり、相手と試合をすると直ぐに降参したりして、誰もが弱くて荷物になると考えて行きます。

でも、その裏で、小次郎自身は、常に相手と戦い、どうやって勝利をすれば良いかと考えて試行錯誤を繰り返して行きます。

勝利するための術を見出す為に、独自に自分の技を磨き、自然や動物の森羅万象全ての力を勉強したり、利用しながら鍛え続けて行きます

やがて、目の弱った師匠である富田勢源が小次郎の自宅にやってきます。

そこには、様々な相手を想定し戦い勝利を収めた、小次郎の稽古の斬撃の後が、家の柱や壁等至る場所に残されていることを勢源が気づきます。

勢源は、小次郎の強さと実力を認めて、朝倉家の剣術指南役に推挙させると言い出します。

小次郎は、その申し出を丁重に断ります。

小次郎は、越前を出て全国の名が轟く強い剣士達と戦いとにかく負け続けて行きたいと笑顔で宣言します。

小次郎は、その後、様々な国に行き、剣士達と試合をし負け続けて行きます。

負けても、その剣士達を超えて勝つ為に、孤高に追求し旅を延々と続けて行きます。

ここで頭の中で何千回も剣士達と刃を交えて戦い、攻撃を読んで行く千手無双の能力に目覚めます

やがて、小次郎は、当時、最強である剣士・宮本武蔵と勝負をするために巌流島に向かいます。

そこで、小次郎は、武蔵と思う存分、力を発揮して戦っていきます。

やがて、経過する時間の中で、遂に武蔵の一撃が小次郎の身体を斬り裂きます。

致命傷を受けた小次郎は、笑いながら満足そうにして絶命します

剣の道に明け暮れ、絶え間なく研究を続けて行き1人で挑み続けた史上最強の敗者と呼ばれた剣士の生き様が描かれています。

小次郎の純粋な思いと、強さにストイックな追及をして行く姿がとても大好きです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】佐々木小次郎の神器再錬とは?

佐々木小次郎は、ポセイドン相手に果敢に攻めて行きます。

しかし、ポセイドンの実力は相当なもので、小次郎を上回り死角からの攻撃で力の違いと強さを見せつけて行きます。

小次郎も藻掻き続けて、ポセイドンに接近し虎切を出しますが、トライデントの一撃を受けてフリストの変化した備前長光が真っ二つに叩き折られてしまいます

小次郎は、呆然としポセイドンに降参しようとしますが、かつて戦った剣士達の声援を受け、勝利したいという気持ちが再び蘇ります。

勝負を捨てることを諦めない小次郎は、折れた備前長光の刃を両手で取ります。

そして、再びポセイドンと戦う為に神器再錬に挑みます。

すると、フリストが小次郎のその思いに応えます。

フリストは、実は、2つの名前を持っています

それは、震える者と轟かす者という異名です。

震える者の状態であるフリストは、とても大人しくて穏やかな性格です。

でも、轟かす者の状態のフリストは、言葉遣いも乱暴になり、凶暴で荒々しい性格と姿に切り替わります。

小次郎の持つ刃をフリストは、両方の力に振り分けて神器再錬を開始します

やがて、小次郎の手に二本の刀が握られています

その姿を見て、宮本武蔵は号泣します。

佐々木小次郎が自分と同じく二刀流を使い、自分を超えた存在になったと感動します。

こうして、佐々木小次郎は、岩流から、二天岩流として勝利を掴むために再錬成し、新たに得た力でポセイドンに再び挑みます。

二天岩流を名乗った小次郎がとてもカッコ良すぎて痺れます。

最高です。

この光景は、絶対に見て欲しい所です。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ポセイドンの奥義とは?

ポセイドンは、佐々木小次郎との戦いの中で、強烈な技を見せています。

その中で、私の個人的の見解ですが、ポセイドンの奥義と呼ばれる技は、やはり四十日四十夜の大洪水です。

ポセイドンは、二天岩流に切り替わった小次郎に驚きもせずに、小細工無しのの力のみの勝負で小次郎を叩き潰そうとこの技を全力で出します。

容赦ない素早すぎる鋭い突きの前劇の嵐は、千手無双を使用した小次郎を防戦一方に追い込みます。

気を抜くと倒されてしまう、一撃ばかりで小次郎が回避に回ることが多かったです。

小次郎が隙を見つけて斬りつけても、動きが速く残像が生じてすり抜けて再び小次郎に襲い掛かります。

作品内では、ポセイドンの必殺技は、描かれていないです。

ただ、ポセイドンが、小次郎を格下だと見下さずに、当初から全力で行けばもっととんでもない技があったのかもしれないです。

それに、ポセイドンは、力で小次郎を圧倒しようとしている光景がよく見られます。

一撃が強力な分、シンプルで数多くの技はなかったかもしれないです。

でも、現段階で小次郎を苦しめた、四十日四十夜の大洪水がポセイドンの奥義で最強の技であったと信じたいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】佐々木小次郎の奥義とは?

佐々木小次郎の使う奥義は、燕返しです。

上段から思いっきり備前長光を振りかぶり切り降ろし、そこから刃を返して最速で斬り上げる技です。

但し、これは、岩流だった時の奥義です。

小次郎の最大級の奥義は、次に紹介する技です。

その後、フリストを神器再錬させて、小次郎は、二天岩流となり二本の刀を持って戦います

小次郎は、ポセイドンとの勝負に決着を付ける為に、二天岩流奥義に双燕斬虎万刃繚乱を放ちます

二刀流からの鋭い強烈な斬撃は、ポセイドンが反応できない程です。

奥義については、作品を見てみればとても迫力があります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】 決着!ポセイドンVS佐々木小次郎

第3回戦は、神代表のポセイドンと人類代表の佐々木小次郎の戦いとなります。

闘技場は、ステージの周りに海が出来ます。

ポセイドンが登場すると水面が波打ち荒れます。

佐々木小次郎は、戦乙女のフリストが神器錬成した備前長光を抜くと波が止み静けさを漂わせます。

試合開始の合図が鳴り、小次郎は、千手無双の能力を使いポセイドンを攻めようとしますが、様々な攻撃方法を試みようとしても殺害されるビジョンしか浮かばず固まります。

対するポセイドンは、小次郎に目を合わせようとせずに平然とトライデントを持ちその場に立ち尽くします。

小次郎は、覚悟を決め、備前長光を大きく振りかぶり斬りつけて行きます。

ポセイドンは、トライデントの一撃で小次郎を始末しようとします。

が、小次郎は、そこから必殺技・燕返しを放ち、ポセイドンの髪の毛を斬り目を合わせることに成功します

ポセイドンは、小次郎を見下し、雑魚呼ばわりして怒りを爆発させます。

トライデントから放たれる突きの一撃で、小次郎を始末しようとします。

小次郎も千手無双の能力を使い、傷つきながらも攻撃していきます。

しかし、ポセイドンは、本気を出していき、小次郎を近づけさせず、遂に小次郎の備前長光を真っ二つに折ってしまいます

誰もが、神器を折られた小次郎の敗北を確信します。

でも、小次郎は、全く勝負を諦めていなかったのです。

小次郎は、今まではずっと負け続けていたが、この勝負は勝ちたいと勝利への意欲を見せます。

そして、折られた備前長光を2つ両手で掴み、フリストを再錬成させます。

小次郎は、フリストの力を二本の刀に分けて、二天岩流として二刀流で再びポセイドンに挑みます

今まで戦ってきた剣士達の技を身に付け、それを活用し、攻撃と防御を使い分けてポセイドンに果敢に攻め込んで行きます。

それでも、ポセイドンは、更に小次郎の力を上回り、四十日四十夜の大洪水の大技で小次郎を追い詰めて行きます。

小次郎は、土壇場で自分の千手無双を萬手無双に進化させます

空気の流れや地面の振動等、森羅万象を読み、遂にポセイドンの攻撃をも完璧に読み回避して、遂に、動揺するポセイドンに接近することに成功します。

小次郎は、今まで出会って来た剣士達と自分を成長させてくれた全ての物事に感謝し、二天岩流奥義を発動させます。

小次郎の斬撃が、ポセイドンのトライデントを持った腕を切断します。

ポセイドンは、切断された腕にあったトライデントを口に咥えて小次郎を突き殺そうとします。

小次郎の斬撃の速度が速く、ポセイドンの身体を切断します

ポセイドンは、小次郎に何かを発現しそうになりますが、神としてのプライドが勝り、最後まで小次郎を下に見て侮辱しながらも倒れ死亡し、肉体が消滅します。

小次郎は、ポセイドンを切り倒し、たまに勝利することは良い事だと笑顔を見せます。

第3回戦は、人類代表の佐々木小次郎の勝利で終了します

小次郎は、幾度も敗北し遂に勝利する事を実現できます。

そして、ラグナロクの戦いにおいて、初の1勝を挙げ、神に勝利したという前代未聞の結果を叩き出します

 

スポンサーリンク

まとめ

第3回戦のポセイドンですが、本当に強い神だったと思います。

傲慢で実力もあり、神の風格や厳格さが漂った強敵です。

攻撃事態もシンプルで、自分の力に絶対の自信を持っています。

単純な突き技も、弟のゼウス同様、一撃が超破壊力を秘めています。

対する佐々木小次郎は、今まで鍛えてきた肉体と技を駆使して、燕返しでポセイドンの髪を切り向かい合います。

目を合わせて怒りを滲ませるポセイドンの超絶なプライドの高さは、本当に驚きです。

そこからの容赦ない止まらない攻撃は、迫力がありすぎです。

小次郎がポセイドンに備前長光を折られた時、もうヤバいと思い神と人類の間の壁を感じます。

それでも、小次郎は、勝利を望み、神器を再錬成させて二天岩流で再度挑みます。

小次郎の今まで身に付けた鍛錬による技の集大成のオンパレードが素敵です。

剣士達に感謝して戦う熱い姿は、目頭が熱くなります。

それでも、ポセイドンは、怯まずに小次郎を超えたイレギュラーな動きで詰将棋の様にダメージを与えて行きます。

小次郎は、絶体絶命の中、萬手無双に開眼し、ポセイドンの攻撃を見抜き、遂に接近し勝負を仕掛けます。

自分と交わり鍛えて成長させてくれた様々な剣士と自分を強くさせてくれた自然や動物の力に感謝し、奥義を出す所は、もう涙が止まらなくて号泣です。

二天岩流奥義で腕を切断されたポセイドンでしたが、トライデントを持った腕ごと小次郎を突き刺そうとしたり、口で咥えての突き技は、神としてのプライドとポセイドンが神らしからぬ感情が少し露わにした場面だったと思います。

小次郎は、二刀でポセイドンの身体を斬り裂き勝利します

勝つのは、たまに良いという表情が最高です。

負け続けた男の諦めない信念が勝利に結びついた瞬間は、感動です。

ポセイドンは、最後まで小次郎の勝利を認めずに悪態をついて消滅します。

神としてのプライドの高さが、とても孤高で素敵です。

ポセイドンは、当初から小次郎を見下さずにしっかり見て戦っていれば勝負はまた違った結果になったのかもしれないです。

神代表の3勝目が成立したかもしれないです。

他にももっと強大な技があった気がしてならないです。

でも、ポセイドンのトライデントからの攻撃は、無駄がなく本当にかっこ良かったです。

第3回戦は、とても激闘です。

ただ、ラグナロクの中で名勝負に数えられる1つだと私は思います

この第3回戦の戦いは、終末のワルキューレで絶対見て欲しい試合です。

ポセイドンと小次郎の正反対だけど、それぞれ持っている熱き魂のぶつかり合いは興奮できます。

最後に第3回戦は、本当に素晴らしい試合です。

この1戦は、終末のワルキューレの物語を更に面白くさせてくれます。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です