【終末のワルキューレ】ラグナロク開幕!人間は神に勝つことができるのか!?

スポンサーリンク

人類史の中から選ばれた人類が人類存続を懸けて、人類の滅亡を決めた神々に1対1の13番勝負挑む終末のワルキューレは、登場人物のキャラクターや背景とあわせ、そこから繰り出される多彩な攻撃とバトルシーンによって非常に注目が集まっています。

神々の代表と人類代表によってタイマンで繰り広げられるバトルはラグナロクと呼ばれ、この13番勝負によって人類の行く末が決まります

一般的には、神々の方が神話級のその能力の高さから有利に思えますが、人類側も神々とのハンデを補うため、ワルキューレによるヴェルンドを活かして立ち向かいます。

一戦一戦に見どころが詰まったラグナロクですが、現状ではどういった戦況なのでしょうか?

今回は、終末のワルキューレの肝となるラグナロクについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロクとは?

人類が壇上してから700万年たった頃、万物の創造主である神々によって、1000年に一度開催されていた「人類存亡会議」にて、一向に進歩の兆しの無い人類に対して見限った神々たちが、人類に終末を与えるための会議を行っていました。

会議はゼウスを筆頭に、ほぼ全ての神々が終末を与えることで一致していましたが、そこにワルキューレの長姉のブリュンヒルデが待ったをかけて現れます。

ブリュンヒルデは、震えながらも神々に対峙し、人類存亡の決議は超特別条項にもとづいて、ラグナロクで決めることを提案します

このラグナロクとは、神々からの代表者と人類からの代表者がタイマンで戦い、13番勝負して先に7勝した方が勝者とし、人類存亡の決定権を持つというものになります

とはいえ、神話級の神々とでは、通常の人類では太刀打ちできません。

そこで、神器錬成(ヴェルンド)と呼ばれるワルキューレの力を使い、人類代表に最も適した神々と対等に渡り合うことができる武器を用意し、ラグナロクに挑みました。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ブリュンヒルデの思惑とは?

人類存亡会議において、多くの神々の前で人類の終末に待ったをかけたブリュンヒルデは、内心では非常に震えながらも、勇気を持った発言で神々を挑発しつつもラグナロクを提案しました。

当初神々はラグナロクの実施に懐疑的でしたが、ブリュンヒルデからの挑発もあり、プライドを傷つけられたこともあり、最終的にはラグナロクの開催に同意します。

そもそもブリュンヒルデは、半神半人でもあり、人類ともつながりが深い存在でもありました

ワルキューレでもあることから、自分を含めた13人の姉妹の能力を使ってヴェルンドし、神と互角に渡り合うことを画策していました

ブリュンヒルデは、「人類とワルキューレの関係は他の神々よりもずっと濃い…見捨てる事などできない」として、人類側に味方しましたが、それはブリュンヒルデ自身がかつてその身を人間にまで落とされた悲劇のワルキューレだからと思われています。

ヴェルンドは、人類代表と一蓮托生することで身も心も捧げることになり、人類代表が負ければヴェルンドしたワルキューレも消滅してしまいます。

それでもラグナロクを開催し、人類のために尽くしているのは、それ以外の思惑もあるのかもしれません

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロク出場者

神々代表対人類代表の一対一の十三番勝負であるラグナロクには、ゼウスを中心に神々代表が選ばれ、人類代表はブリュンヒルデが選定しました。

ブリュンヒルデは、ラグナロクが始まる以前からこの流れを想定しており、あらかじめ候補者を見繕っていました。

実際のラグナロク出場者は、神々代表が先ほどふれたゼウスをはじめ、トール、釈迦、ロキ、アポロン、ポセイドン、スサノヲノミコト、ヘラクレス、毘沙門天、アヌビス、オーディン、ベルセブブ、シヴァの13神となります。

一方で人類代表は、呂布奉先、アダム、始皇帝、レオニダス王、二コラ・テスラ、佐々木小次郎、ジャック・ザ・リッパー、雷電為右衛門、沖田総司、グレゴリー・ラスプーチン、ミシェル・ノストラダムス、シモ・ヘイへ、坂田金時の13人となります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロク対戦表

ラグナロクの対戦表は、先だって決められているわけではなく、当該試合の状況によって出てくる順番は決めています

当初シヴァはラグナロクの2番目に出場予定でしたが、ゼウスによって順番を先取りされていました。

先ほどの13神と13人がどういった組み合わせになるのかも楽しみの一つです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロク対戦成績

現在、月刊コミックゼノンにおいて、ラグナロクの対戦は5戦まで描かれています

第1回戦は神々代表のトールが人類代表の呂布奉先と戦い、トールが勝利しました。

第2回戦は神々代表ゼウスと人類代表アダムが戦い、こちらも神々代表のゼウスが勝利しました。

第3回戦では神々代表のポセイドンと人類代表の佐々木小次郎が戦い、こちらは人類代表の佐々木小次郎が勝利しました。

第4回戦は神々代表のヘラクレスと人類代表のジャック・ザ・リッパーが戦い、またも人類代表のジャック・ザ・リッパーが勝利しました。

そして第5回戦では、神々代表のシヴァと人類代表の雷電為右衛門が戦い、シヴァが勝利しました。

ということで、ここまでのラグナロクの対戦成績は神々代表3勝対人類代表2勝という戦績になります

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】残りの出場者とは?

第6回戦以降に関しては、まだ描かれていませんので、残りの出場者がいつ出場してくるのか分かりません

特に年功序列や神々の中でも位の高さのようなものは、出場順にそこまで影響していませんので、謎に包まれたままになります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロクに参加していないキャラとは?

ラグナロクに選ばれなかった神々や人類において主要なキャラクターは、応援者としてラグナロクの観戦に参加しています

呂布奉先の部下や、宮本武蔵など出場者にゆかりのある人物はもちろん、関連するキャラクターも登場しているため、ラグナロクの観覧席に注目するのも楽しみの一つとして挙げられます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】今後の展開予想

先ほども少々ふれましたが、ゼウスがラグナロクの順番をシヴァから奪い取ったように、戦いの順番は特に決まりがあるわけではありません。そのため、大きな動きが今後生まれる可能性もあります。

また、神代表の釈迦とワルキューレ長姉ブリュンヒルデが過去につながっていたようで、今後釈迦が人類側に寝返るような可能性もあります

そのため、神々対人類という構図ではじまったラグナロクも、今後神々対神々という一戦があるかもしれません

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】人類代表は神に勝てる?

神々3勝対人類2勝ということで、ここまでのラグナロクにおいては一方的な戦績にはなっておらず、人類側も神々に一矢報いる戦いが出来ています。

これは、ワルキューレによるヴェルンドが影響もしていますが、今後の戦いの中で人類が勝つ可能性も多いに考えられます

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

神々代表と人類代表がタイマンで戦うというラグナロクは、ワルキューレのヴェルンドもあり、バトルシーンが盛り上がってきています

それぞれの背景や、技の応酬も見どころですが、周りで応援しているラグナロクの観戦者もバトルと合わせて確認してみると面白いかと思います。

まだ5戦で神々の3対2の状況ですが、今後の人類代表の奮起に期待しましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です