【終末のワルキューレ】戦乙女(ワルキューレ)の七女レギンレイヴ!アダムとの相性や神器錬成とは!?

スポンサーリンク

戦乙女の七女であるレギンレイヴは、ラグナロクの第2試合で人類代表のアダムの力となる為に神器錬成

彼女の神器錬成は、アダムの力となり神代表と戦えるのか興味深いです。

アダムとの相性の行方も気になります。

そんなレギンレイヴについて、詳しく説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴの神話とは?

レギンレイヴは、北欧神話において戦乙女の1人であると言われています

北欧神話のエッダなる書物の中に、グリームニルの詩という物語が存在。

オーディンの館でエインヘリャル達に、ワインやビールを運ぶ戦乙女達

その中にレギンレイヴの名前が出てきます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴのプロフィール

レギンレイヴは、戦乙女の七女です。

彼女の神名は、神々の残された者を意味しています

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴの特徴

レギンレイヴは、学者風の風貌をしていてとても知的な戦乙女です。

背は、低いですが、威厳がありそうな雰囲気を漂わせています。

眼鏡を掛けていて、帽子を被り、頭が良い感じがします

おでこが広い所が可愛さが感じられます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴの性格とは?

レギンレイヴですが、沈着冷静で淡々としています

感情を表にあまり現す事のない戦乙女です。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴの能力(神器錬成)とは?

レギンレイブの神器錬成は、メリケンサックに変化

ラグナロクの第2回戦で人類代表のアダムの力となる為に、彼に適した武器に姿を変えて共に戦います。

メリケンサックの姿になる事で、アダムの力や素早さが上昇するのかは不明。

でも、アダムが使う武器に相応しいと思います

アダムに似合う神器錬成を上手くしてくれたと評価したいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴとアダムの関係性とは?

レギンレイヴとアダムの関係は、とても良好なのではないかと思います

ラグナロクの第2回戦でレギンレイヴは、人類代表のアダムと共に戦う事が決定。

レギンレイヴは、闘技場に向かいます。

第2回戦が始まる直前に、ペガサスに乗ってやって来ます。

共に戦うアダムに対して、手を差し出します。

心を通わせることが大事だとアダムを説得。

そして、神器錬成が開始。

レギンレイヴは、アダムの武器となるメリケンサックに変身。

アダムは、メリケンサックを握り、とても良いと大絶賛。

戦乙女と人類代表がシンクロした、素敵な関係であると感じられます

やはり、レギンレイヴとアダムの仲がとても悪かったら、最大限の力は発揮されないです

2人の神器錬成の光景が描かれています。

交わす言葉は少ないけれど、お互いが心底信頼しているという眼差しが素敵です。

とても良好だったと信じたいです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴ/アダムVSゼウス

レギンレイヴは、アダムの力となり神代表のゼウスと戦います

その様子について、話して行きます。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴ、アダムの前に現れて神器錬成する

ラグナロクの闘技場では、異変発生。

第2回戦の試合に出場する神代表が、シヴァからゼウスに変更

会場が騒めく中、アダムは、ゼウスと対峙します。

ゼウスは、アダムに向かって言います。

戦乙女との神器錬成をしないと、勝負は一瞬で終わると挑発。

すると、アダムは、上空を指差します。

もう来ているとゼウスに告げたのです。

すると上空からペガサスに乗った、戦乙女が登場。

それは、戦乙女の七女であるレギンレイヴだったのです。

レギンレイヴは、アダムに手を向ける様に命令。

彼女は、大切な事は心を通わせる事だとアダムに教えます。

そうすれば、自分は、アダムの一部となり戦えると宣言。

レギンレイヴとアダムの手が触れます。

すると、神器錬成が開始。

レギンレイヴは、光り輝き肉体を変化させてアダムの右拳に動きます。

アダムの右手が光り、何かが装着されます。

レギンレイヴがアダムの為に変化した武器は、メリケンサックだったのです。

アダムは、メリケンサックを握ると笑います。

これは良いと喜んでいたのです。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴとアダム、ゼウスに挑む

アダムは、ゼウスに武器は何を使うのかと質問。

ゼウスは、笑いながらその問いに答えます。

ゼウスは、素手で戦うと教えます

更に、自分の拳をアダムにぶつけて、骨が軋む音を響かせてやりたいと言いステップを開始。

ゼウスは、アダムに向かって黄昏流星群のジャブを放ち攻めて行きます。

しかし、アダムは、ゼウスの連打を涼しげに悉く躱します。

ゼウスは、神の斧と呼ばれる強烈なローキックもアダムに繰り出します。

アダムは、これもジャンプで飛んで回避します。

ゼウスは、アダムと戦うのが楽しいと歓喜。

でも、逃げるだけでは自分を倒せないと挑発します。

するとアダムは、わかっていると発言。

アダムは、ゼウスに向かって最速の拳を打ち出したのです。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴとアダム、神虚視でゼウスを圧倒する

アダムは、ゼウスが自分に見せた黄昏流星群と神の斧の技をゼウスに当てます。

ゼウスは、自分の技をそのまま返されて、ダメージを受けます。

それは、自分が見た神の技を全て模倣できるアダムの能力・神虚視の能力が発動されたのです。

アダムは、ゼウスを吹き飛ばします。

ゼウスは、アダムを見ながら鏡の向こうの自分と戦っている様な錯覚に陥ります。

アダムの能力を脅威的に感じます。

ゼウスは、それでも戦えることが嬉しくてたまらないと、より静かな怒りを見せて、筋肉を肥大化。

今度は、これが真似できるかとある技の準備を始めます。

それは、ゼウスが過去に宇宙最強神決定戦の決勝で、父親であるクロノスに勝利し、クロノスから全く見えない技を喰らい、顎と歯が砕けるダメージが残った技をアダムにぶつけようと決意。

それは、時間の全てを完全に支配する、時を超える拳という名の技を出します

でも、アダムにカウンターで殴り返されて、ゼウスは地面に倒れてダウンしたのです。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴとアダム、ゼウスの阿陀磨須状態を見て警戒する

ゼウスは、レギンレイヴとアダムの攻撃を受けて倒れます。

闘技場の観客達は、誰もがアダムの勝利だと興奮。

しかし、ゼウスは、静かに立ち上がり質問します。

アダムは、過去に楽園を追放されたが、その憎しみは感じられずに不思議だと発言。

更に、何故、ラグナロクの試合に出場したのかと問い質します。

アダムは、人類達を守るのに特別な理由はないと宣言

すると、ゼウスは、それを聞きアダムの強さを認めます。

そして、このまま勝てると思っていた自分が甘かったと反省。

これは、本当にやりたくなかったが仕方ないと呟きます。

その瞬間、ゼウスは、自分の体を力で押し潰して行きます。

ゼウスは、全身の筋肉を極限に圧縮。

体から煙が噴き出します。

アダムは、煙に消えたゼウスを見て拳を握り構えを見せます。

すると体を絞り上げた、最終形態の阿陀磨須の状態になりゼウスが登場

禍々しい姿となったゼウスが、レギンレイヴとアダムにゆっくりと迫っていきます。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】レギンレイヴは死亡した?

レギンレイヴですが、残念ながら死亡してしまいます

共に戦っていたアダムと消滅する結末を迎えてしまったのです。

何故、レギンレイヴは、アダムと運命を共にすることになったのか気になります。

その内容を話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴとアダム、ゼウスとの戦いの中で過負荷が掛かる

阿陀磨須の状態と化したゼウスは、アダムに攻撃を開始。

真・神の右という自分の筋肉を凝縮させて溜め込んだエネルギーを全速力で放つ技を出します。

アダムは、神虚視で返して行きます。

しかし、ゼウスは、攻撃を止めずに連打。

その光景が延々と繰り返されます。

それを見ていた戦乙女のブリュンヒルデは、レギンレイヴとアダムを見てマズい事になったと絶叫。

アダムは、鼻血を出してしまいます

本来、ゼウスの技は、回避不能である必殺技。

アダムは、それを神虚視で絶え間なく発動を継続。

視神経の回路に限界が近づいていたのです。

でも、ゼウスも全身の筋肉が弾けそうになるのを耐えます

レギンレイヴとアダム、ゼウスとの我慢比べ勝負が始まります。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴとアダム、限界を迎えてゼウスに攻め続けられる

アダムとゼウスの技の応酬は続いて行きます。

双方引かずに、その均衡の美しさに観客達は整然とします。

アダムの拳が、ゼウスの顔面にヒットします。

その瞬間、ゼウスの口から血が噴き出します。

その血がアダムの目に直撃。

アダムは、視神経が破壊されて何も見えなくなり立ち止まります

ゼウスは、チャンスとばかりにアダムを殴ります。

何とかアダムは堪えますが、ゼウスは容赦ない連打を浴びせ続けます。

アダムは、サンドバッグ状態になり防御する事しか出来なくなります

アダムの息子であるアベルは、敗北を悟り、降参しろと泣きながら絶叫。

しかし、アダムは、何処かで人類達が泣いているので自分が守ると決意。

アダムは、ゼウスの頭を掴みます

彼は、捕まえたと笑ったのです。

 

スポンサーリンク

レギンレイヴ、アダムの死で共に消滅する

アダムは、レギンレイヴの変化したメリケンサックを使いゼウスを殴ります。

ゼウスもそれに応じて連打して行きます。

壮絶な殴り合いが長い時間続きます。

そして、ゼウスが遂に膝から崩れます。

元の状態になったゼウスは、疲労困憊

もう試合は終わりだと、ジン班のヘイルダムに告げます。

人類代表の観客達は、アダムの快挙を見て喜びます。

でも、アダムは全く微動だにしなかったのです。

アダムは、ゼウスとの殴り合いの中で既に死亡

ゼウスは、自分が倒れる前にアダムが既に息を引き取っていたと教えます。

ゼウスは、アダムが死んでも拳を繰り出し続けたことを称賛。

我慢比べだったらアダムの勝利だったと発言。

するとレギンレイヴのメリケンサックが破損。

レギンレイヴの神器錬成は、神々に対抗する強大な力を得ることが出来ますが代償が存在。

それは、所有者が敗北し、死亡すると消滅する運命が待ち受けていたのです。

アダムの死で、レギンレイヴの肉体が消滅。

レギンレイヴは、アダムの身体が崩れ去って行くのを見ながら笑います。

アダムの敗北で、レギンレイヴも静かに消えて行ったのです。

ラグナロクの第2回戦は、神代表のゼウスの勝利で終了します

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】アニメ・レギンレイヴ役の声優は誰?

終末のワルキューレのアニメでレギンレイヴの役を担当している声優さんは、川口莉奈さんです。

青二プロダクションに所属していて、アイドルマスターシリーズのアイドルマスターシャイニーカラーズの斑鳩ルカ役が有名です。

趣味として、歌やダンス、紅茶の淹れ方等多彩な才能を持っています。

 

スポンサーリンク

まとめ

レギンレイヴは、戦乙女の七女としては控えめです。

あまり自ら発言はしないタイプの女性。

でも、頭が良くて気品もあり信念を持っていて好きです。

アダムに心通わせて神器錬成する光景が非常に印象的です。

お互い見つめる眼差しが、決意と覚悟を感じることが出来ます。

それは、悲観的ではなく戦いに勝利する希望を見せていた気が今でもします。

アダムは、レギンレイヴの神器錬成したメリケンサックをとても良いと評価。

彼にとって使いやすく、自分の神虚視の力を存分に発揮できたと思います。

その土台を作ったレギンレイヴは、非常に優秀な戦乙女だったのではないかと考えてしまいます。

ゼウスとの戦いに敗北しましたが、個人的にはレギンレイヴとアダムの勝利を見て見たかったです。

アダムが消滅する光景を静かに見つめるレギンレイヴの視線が、温かさと癒しを何となく感じることが出来ます。

アダムが最後まで諦めずに戦えたのは、レギンレイヴのお陰。

きっと相性抜群だったと信じたいです。

レギンレイヴに、熱い戦いを見せてくれてありがとうと言いたいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です