【終末のワルキューレ】決戦ラグナロク!今までの対戦結果と死亡キャラを徹底解説!!

スポンサーリンク

人類の存続を決める運命の戦いであるラグナロクは、現在、第6回戦まで進行しています。

神と人との代表が出場する戦いは、壮絶です。

今までの対戦結果や、敗北したキャラクターについて述べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第1回戦結果(呂布奉先VSトール)

ラグナロクの初戦であるこの試合には、人類代表からは呂布奉先が出て、神代表は雷神トールが姿を見せます。

試合開始からお互い全力で挑む呂布とトールの戦いが熱いです。

中華最強の武人と北欧最強の神のカードがもうワクワクさせてくれます。

呂布は、方天戟を駆使して、トールの装備するヤールングレイプルを破壊し、本気を出させます。

トールも呂布の実力を認め、ミョルニルの真の力を解放し強烈な一撃を与えます。

防御に成功した呂布でしたが、肉体は耐えられず動けない程のダメージを受けます

しかし、愛馬である赤兎馬が現れて乗り、自分が磨き上げてきた見ぬ強敵に出す為に編み出した必殺技、天喰をトールにぶつけます。

呂布の天喰は、トールの胸を傷付けただけで不発に終わります

トールは、呂布をミョルニルで吹き飛ばし決着が付きます

呂布は、死亡し消滅となり、トールが第1回戦の勝利と言う結果で終わります

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第2回戦結果(アダムVSゼウス)

第2回戦は、人類代表としてアダムが出場します。

神側の代表は、第1回戦の戦いを見て興奮したシヴァが出場しようと準備を始めます。

しかし、そんなシヴァに順番を譲れと現れた者が居ます。

それは、ゼウスで順番を先にして戦うと宣言します

シヴァは、不快に感じ譲らないと怒ろうとします。

が、ゼウスの本気を知り、仕方なく譲ります。

闘技場で向かい合うアダムとゼウスは、戦いを開始します。

繰り出す一撃が強大なゼウスは、容赦なくアダムに攻撃していきます。

アダムは、レギンレイヴの神器錬成したメリケンサックを武器にして、更に神虚視の能力を使いゼウスの攻撃を返して行きます。

ゼウスは、悉く自分の攻撃を跳ね返され、それを受け肉体にダメージを受けて行きます。

ゼウスは、アダムの強さを認めて、遂に最終形態の阿陀磨須の状態に変わり勝負に出ます

一見、有利に見えていたアダムに異変が起きます。

ゼウスの攻撃に対処する為に連続で使用していた神虚視の影響で、視神経にダメージが行き遂に目から出血し失明してしまいます。

ゼウスは、チャンスとばかりにアダムを殴り続けて行きます。

アダムは、目の見えない状況の中、ゼウスの頭を掴み殴り続けます。

アダムは、人類を守る為に戦うという志を持って無心でゼウスを殴って行きます。

壮絶な殴り合いの中、遂にゼウスが阿陀磨須を解き限界を迎えます

観客の誰もがアダムが勝ったと歓喜します。

が、アダムは既に息を引き取っていて、精神力で戦い続けていたとゼウスは語り出します。

第2回戦は、アダムの死という結末で終わります

神代表のゼウスが勝利し、2勝目を獲得します

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第3回戦結果(佐々木小次郎VSポセイドン)

ブリュンヒルデは、人類側が2戦を落とし流石に焦り始めます。

そんな最中、第3回戦の出場者は、ゼウスの兄であるポセイドンと知り動揺します。

人類の誰を代表として出場させるか悩むブリュンヒルデの前に1人の男がやってきます。

ブリュンヒルデは、その人物が宮本武蔵と戦ったとされる剣豪、佐々木小次郎だと気づきます。

しかし、佐々木小次郎は年老いていて不安になります。

でも、達人技を見て、小次郎から今までの稽古による進化を遂げて現在が全盛期と言う言葉を聞き、期待を持ち小次郎を出場させることに決めます

戦いが始まり、ポセイドンは、小次郎を見下し強烈な一撃を繰り出して行きます。

小次郎は、千手無双でポセイドンの攻撃を予測し対応していきます。

ポセイドンは、本気を出し始め、小次郎を傷つけて行きます。

そして、戦乙女のフリストが神器錬成した備前長光を叩き折ります

小次郎は、今回の戦いも負けてしまうと絶望的になります。

でも、観客の小次郎と関わってきた剣士達の応援を受けて、再び勝利への渇望を現します。

フリストを再錬成させて、二刀流でポセイドンに立ち向かいます。

小次郎は、戦いの最中、神の一手すらも読む萬手無双に目覚め、覚醒してポセイドンの攻撃を回避し遂に懐に潜り込むことに成功します

そして、小次郎は、二天岩流奥義を放ちポセイドンに向かって斬撃をします

ポセイドンは、小次郎の刀で体を斬られ地に倒れます。

今まで幾度となく負け続けてきた佐々木小次郎が、遂に執念の勝利を収めます。

ラグナロクで人類が神に勝つという快挙を成し遂げます。

ポセイドンは死亡し、遂に人類側の貴重な初の1勝目で観客達は熱狂し、第3戦が終了します

勝利した小次郎は、自分を応援していた観客達に勝利することはたまには気分がいいと呟き笑顔を見せます。

第3回戦は、人類代表の佐々木小次郎の勝利で終わります。

神代表のポセイドンは、死亡する結果に終わります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第4回戦結果(ジャック・ザ・リッパーVSヘラクレス)

第3回戦で人類代表の佐々木小次郎が勝利し、神々は動揺します。

シヴァは、自分が第4回戦に出る準備を始めますが、またしてもゼウスに止められます。

ゼウスやヘルメス、アレスらは、人類側が起こした奇跡が非常にあり得ない事態であると怒りを見せます。

そして、この借りはギリシャの神々でリベンジするとシヴァに納得してもらいます。

ゼウスは、ヘラクレスを代表として出場させます。

一方、ブリュンヒルデは、同じ存在で仲良くしていたヘラクレスにぶつける代表を最初から決定していて、ゲルにその人物は自分が最も忌み嫌う史上最悪の者だと教えます。

その代表は、イギリス全土を脅かした殺人鬼、ジャック・ザ・リッパ―だと聞かされ、ゲルは驚きます。

ヘイルダムは、ジャックの要望で闘技場を19世紀のロンドンの街並みに変えます。

正義と悪を代表した、第4回戦がスタートします。

ヘラクレスは、人類の存続を願っており自分が勝利した暁には発言し神々の気持ちを変えさせると決意します

そして、人の命を弄んで殺したジャックを最低の人間だと軽蔑し、倒す為に強力な一撃を振るって行きます。

しかし、ジャックは、様々な戦術や戦法、話術を駆使してヘラクレスを翻弄します。

ジャックは、戦乙女のフレックが神器錬成した武器をガチャつくものを使いヘラクレスの腕を切断することに成功します。

それでもヘラクレスは、十二の災禍と罪過の御業を使い、全身に入れ墨を発生させ痛みに耐えながらもジャックにダメージを与え続け追い詰めて行きます。

そして、動けなくなったジャックに勝負を決める一撃を出します。

が、先にジャックの両手がヘラクレスの身体を貫きます

ジャックは、真の神器の姿は武器ではなく手袋と言う事をヘラクレスに見極められぬ様に偽装し、手袋に血液を付けそれを神器化します

ヘラクレスは、ジャックに肩を叩きそれでも人類が好きだと言い静かに消滅していきます。

第4回戦は、人類代表のジャック・ザ・リッパ―が勝利します

ヘラクレスは、負けて消滅してしまいます

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第5回戦結果(雷電為右衛門VSシヴァ)

ラグナロクは、人類代表と神代表の戦いはそれぞれ2勝2敗となります。

ブリュンヒルデは、控室に行き第5回戦に史上最強の力士と呼ばれた雷電為右衛門を呼び出場させます。

神代表は、出番を伸ばされ続けていたシヴァが遂に登場します。

試合開始早々、シヴァは、雷電の相撲に拘らない格闘技の攻撃と威力を受け驚きそして本気を出せると喜びます。

雷電も戦乙女のスルーズが神器錬成した超筋外骨締廻により自分の生まれ持った暴走する筋肉を制御し全力を出して闘えることに楽しさを感じます。

肉体のぶつかり合いが続き、シヴァの輪廻舞踊・灰塵によりダメージを受けた雷電は、自ら禁じていた四つの技を解放することを決め、その内の1つである八咫烏をシヴァに当てます。

シヴァは、腕を吹き飛ばされ戦闘力が低下します

その最中、シヴァは、印度の神々の応援や親友のルドラの事を思い出して再び闘志を呼び覚まし戦い続けます。

死闘を繰り広げていく雷電とシヴァでしたが、八咫烏の強烈な反動を受け、肉体が限界を迎えます

遂に、シヴァの蹴りで手を斬り裂かれここまでだと雷電は悟り、ルイーズに神器錬成を解除しろと言います。

ルイーズは、雷電と運命を共にすると言い拒否します。

シヴァは、戦闘意欲を無くしても立ち尽くす雷電の強さに敬意を表し最後の一撃を放ちます。

シヴァの蹴りが、雷電の首を刎ねて勝負が決まります

雷電は、ルイーズと共に消滅しシヴァの勝利が決まります。

第5回戦の勝利者は、シヴァです

人類代表の雷電は、敗北し消滅して死んでしまいます

激闘の戦いは、再び神代表が有利になります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】第6回戦結果(釈迦VS零福)

ゼウスは、第6回戦の出場者を釈迦に選びます。

闘技場の神代表のゲートから現れた釈迦は、何故か人類代表のゲートに向かいます。

そして、自分は人類代表として神と戦うと宣言します

闘技場は、騒然として神々は釈迦に驚きと殺意を向けて行きます。

ゼウスは、天界処刑人と呼ばれた毘沙門天ら七福神を呼び代表として出場し、釈迦と戦うように命じます。

毘沙門天は、他の七福神達と合体していきます。

するとそこに禍々しい1人の神が出現します。

その名前は、零福です。

零福は、善の神で人々を救済していた志高き神だった過去があります。

しかし、人々が自分勝手で自分がいくら悪意を吸い取っても変わらないことに嘆きます。

しかも、人間時代の釈迦と出会い、自分の救済方法を否定されます。

その事に衝撃を受けた零福は、釈迦への怒りと人類に絶望し今までの悪意等が噴き出して零福と呼ばれる凶悪な神となります。

零福は、釈迦に恨みを晴らす為に復讐するという思いで戦いを始めます。

釈迦は、未来視する阿頼耶識の力と神器を使い零福を圧倒していきます。

零福を殴り倒し、昔の良き状態に釈迦は戻してやります

零福も自分の否を認め、敗北を受け入れようとします。

すると零福の頭に付いていた2つの角が取れ、肉体に入り侵食していきます。

2匹の龍が現れて、零福の姿が変貌していきます

あまりネタバレになるので言えませんが、現在も釈迦と零福は交戦中です

勝負の結果もまだわからないです。

その詳細は、読んで確認してもらえばわかります。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】これまでの対戦成績

現在のラグナロクは、5試合が終了しています。

対戦成績は、神側は第1回戦のトール、第2回戦のゼウス、第5回戦のシヴァが勝利し3勝を挙げています

対する人類代表は、第3回戦の佐々木小次郎、第4回戦のジャック・ザ・リッパ―が勝利し2勝しています

神代表が3勝2敗と有利な状況です。

ただ、人類代表の神器錬成と奮戦に苦戦し、辛勝しています。

人類側は、負けていて後5勝しないと人類の滅亡が決定してしまいます。

これからの盛り返しに期待して見て行こうと思います。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】ラグナロク死亡キャラ一覧

ラグナロクの試合は、現在も続いています。

今までの試合の中で死亡したキャラクターを紹介したいと思います。

人類代表側は、呂布奉先、アダム、雷電為右衛門の3人です。

呂布は、第1回戦で雷神トールと激闘の末に敗北してしまいとても残念です。

アダムもゼウスに対し、神虚視を使い限界を迎えて失明し使えなくなっても、人類を守ろうとする愛で立ち向かい、ゼウスとの殴り合いは印象的です。

雷電為右衛門は、今まで抑えていた本当の力を解放しシヴァに立ち向かいます。

禁止していた4つの技の1つ、八咫烏を使いシヴァの腕を吹き飛ばす威力を見せた時は3勝目も確実だと思わせる戦いぶりです。

八咫烏の多様で限界を迎え、最後はシヴァに敗れましたが死に様も潔く立ったままで絶命する姿は魅力的です。

神代表では、第3回戦に出場したポセイドン、第4回戦のヘラクレスです。

ポセイドンは、傲慢で高圧的な態度で佐々木小次郎と戦っていましたが、冷静に相手を分析していて見下す事が無ければ勝利していたかもしれないです。

ヘラクレスは、難業で身に着けた強大な破壊力を持つ、十二の災禍と罪過の御業でジャックを追い詰めて行きます。

しかし、ジャックの老獪な戦術が上回ります。

ジャックに致命的な一撃を受けながらも、反撃が出来たはずです。

でも、ヘラクレスは、ジャックを含めた人類を愛していると言い消滅します。

人類に対する優しさが溢れすぎて、非常になり切れなかったところが敗因だったと思います。

もし、これが無ければ違った結果だったかもしれないです。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】死亡キャラその他

作中に登場している死亡キャラは、人類や神代表以外での人物達を述べたいと思います。

人類側では、第1回戦の呂布が負けて仇を討つ為にトールに突撃していく部下の軍師、陳宮公台です。

神側では、ラグナロクの始まる前にブリュンヒルデにちょっかいを出してきたインキュバス、ゼウスの兄であったアダマスと、楽園からアダムとイヴを追放した蛇神です。

人類側のフォローに入る戦乙女は、呂布の神器錬成を担当したランドグリーズとアダムのメリケンサックに姿を変えたレギンレイヴ、そして、第5回戦の雷電為右衛門に惚れ込み共に消滅をしたスルーズとなっています。

 

スポンサーリンク

【終末のワルキューレ】今後の死亡キャラ予想

今後の死亡するキャラの予想したいと思います。

個人的な予想です。

神側は、釈迦と戦っている零福、ロキの様な気がします。

零福は、釈迦と戦い善神の頃に戻りそれからある状況が発生しています。

釈迦との戦いの決着が付いた時には、何となくですが存在していない気がします

ロキは、釈迦を疑っている神の1人で狡猾で残忍な性格です。

戦いを心底楽しんでいて不気味です。

何か企んでいそうで衝撃的な行動を起こしそうですが、ラグナロクの戦いで人類代表に敗れ去りそうな予感がしてならないからです。

人類側は、戦い終えたジャック・ザ・リッパ―です。

第4回戦を戦い終えたジャックですが、ゲルを助ける為に七福神達の仲裁に入ったりしています。

彼には、別の戦いや使命が起きそうな気がして飄々と対応して行きそうな気配がします

これで戦いが終わったように思えないからです。

今、登場している人類代表と神代表の中から選んでみての考察です。

ただ、何が起こるかわからない終末のワルキューレでは、予想しない結果が常に発生します。

今後のラグナロクの勝敗に注視していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

ラグナロクの勝敗は、神代表や人類代表にも残酷な結果をもたらします。

それでも人類存続の為に、神器錬成を駆使して全力で必死に戦う人類代表と、力や能力を認め本気を出していく神代表達の戦う姿が不謹慎ですが美しいです。

あまり、死亡して消滅するという光景は見たくないですが、これも物語の決まり事であり仕方ない部分です。

それでも今後のラグナロクの戦いをしっかり見ていきたいと思います。

これからの試合も代表達が出場して、どんな戦いを見せてくれるのか非常に楽しみにしています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です