銀魂 高杉の情報!艶めかしい男の実態って?

みなさん、こんにちは。

ブログへの訪問、ありがとうございます。

今日も、「銀魂」の世界を、一緒に楽しみましょう!

 

今日は、銀魂で1番危険な男として恐れられている「高杉晋助」について、ご紹介します。

彼の左目に隠された秘密についても、探ってみました。

それでは、早速、スタートです。

 

スポンサーリンク

【銀魂】高杉のプロフィールは?

まずは、高杉のプロフィールから見ていきましょう。

高杉のプロフィール
  • 名前/高杉晋助
  • 身長/170cm
  • 体重/60kg
  • 誕生日/8月10日
  • 星座/しし座
  • 年齢/不明(20代)

高杉の年齢は、不明とされていますが、銀ちゃんや桂と同世代だと推定されます。

昔の「かぶき者」のような印象を与える高杉の着物は、女性用の着物を連想させるほど華やかな柄が特徴です。

アニメ版では紫の地に蝶の模様がある着物、原作では、艶やかな花柄の着物を着ています。

 

また、高杉は、過激な武装集団「鬼兵隊」の首領を務める、強い「カリスマ性」を持った人物です。

彼に従う者たちは、皆、彼を崇拝し、日々、幕府を倒すため、活動しているのです。

そんな彼の心には、亡き松陽先生への強い想いが秘められていました。

 

【銀魂】高杉は、銀ちゃん・桂の幼馴染?

高杉は、幼い頃、名門私塾「講武館」で、桂と出会いました。

昔から人と慣れ合うのが苦手だった高杉は、塾生との喧嘩も日常茶飯事で、それを仲裁していたのが、桂でした。

桂は、高杉の存在を認め、何かと世話を焼いていたようです。

それでも、「講武館」での生活に馴染むことができず、「武士」として生まれ、「武士」として生きることに、迷いを感じていた高杉は、ある日、「松下村塾」の噂を耳にしました。

そして、この「松下村塾」で、銀ちゃんと出会うのです。

 

高杉は、銀ちゃんと剣を交えるのですが、なかなか勝つことができません。

それでも、決して諦めることはなく、勝負を挑み続け、ようやく、銀ちゃんから一本を取ることができたのです。

その後、高杉と桂は松下村塾の塾生となり、松陽先生のもとで、勉学に励むことになりました。

しかし、寛政の大獄の折、松陽先生は、幕府に捕縛されてしまいます。

松陽先生が捕縛された理由には、天照院奈落という謎の組織が関わってくるのですが、これはまた後で、紹介したいと思います。

そして、捕まった松陽先生を助けるために、高杉は銀ちゃんや、桂とともに、攘夷戦争に参加することになるのです。

 

【銀魂】高杉の左目に隠された「過去」

高杉の外見で1番気になるのが、左目に巻いてある包帯です。

怪我をしているのか、それとも、ただのファッションなのか。

銀魂を知った当初は、正直、そこまで気にしていませんでした。

「悪役で、過激なテロ組織のトップ」という設定しか知らなかったからです。

それにしても、包帯を巻いているという風貌は、とても異様で不気味でした。

安易に、近付いてはいけない雰囲気ですよね。

でも、実は、包帯の下、彼の左目には、辛い過去が隠されていたのです。

その真相が明らかになったのは、「将軍暗殺篇」でした。

 

幕府によって捕縛された松陽先生。

恩師を助けるために、城に乗り込んだ高杉と桂は、奈落によって捕えられてしまいます。

2人を助けに向かった銀ちゃんは、そこで、命の選択を迫られることになりました。

「松陽先生の命」、「高杉・桂の命」、どちらかを選べと。

結果として、銀ちゃんは、高杉と桂の命を選びました。

 

銀ちゃんは、自ら、松陽先生の首を刎ねたのです。

その光景を目の当たりにした高杉は、銀ちゃんに襲いかかろうとしますが、その瞬間、朧が放った小刀で左目に怪我を負ってしまいます。

この時、高杉は、左目の視力を失ったのです。

 

高杉は、松陽先生に出会う以前から、世の中の流れやしきたりなどに対し、不信感を抱いていたように思います。

そして、松陽先生が幕府に捕縛され、処刑されてしまったことで、その不信感が確実なものになってしまいました。

信じられる人は、もう誰もいないのだと。

それだけ、高杉にとって松陽先生の存在は大きなものだったようです。

「俺は、ただ壊すだけだ。この腐った世界を」

大好きだった松陽先生、誰よりも信頼していた松陽先生。

恩師を失った高杉は、松陽先生の仇を討つために、幕府への復讐を心に誓ったのです。

 

スポンサーリンク

【銀魂】「鬼兵隊」

高杉が率いる「鬼兵隊」は、時代に革命を起こそうと目論む、秘密組織です。

秘密組織というと聞こえは良いですが、要するに「テロ集団」です。

もともと「鬼兵隊」は義勇軍として攘夷戦争に参加していましたが、戦争の終結とともに、所属メンバーは、皆、処刑され、その首は、晒しものとなったのです。

「鬼兵隊」の首領だった高杉の心には、恩師を失った悲しみだけではなく、守ることができなかった部下たちへの自責の念も、深く刻まれたことでしょう。

そして、新たに結成された「鬼兵隊」は、幕府への復讐のため、過激なテロ行為を繰り返すことになるのです。

 

【銀魂】鬼兵隊のメンバーは?

攘夷戦争後、新たに結成された「鬼兵隊」。

そのメンバーを、ご紹介します。

武市変平太
  • 名前/武市変平太(たけち へんぺいた)
  • 身長/178cm
  • 体重/68kg
  • 誕生日/9月27日

血の気の多い鬼兵隊メンバーの中で、彼だけが異質。

とても冷静な判断力を持ち、何事にも動じない雰囲気を持っています

紅桜篇で新八と刀を交えた時には、刀を持つ手が震えてしまうほど、剣の腕に自信がない武市。

武闘派ではなく、頭脳派の彼は、鬼兵隊の優秀な参謀なのです。

「ロリコンじゃない。フェミニストです。」

という決め台詞からも分かるように、彼は、自分を「フェミニスト」と表現していますが、実際は、微妙なところです。

女性に優しく、子供好きなのは、どちらも素晴らしい性格ですが、無闇に近付いくことは避けましょう。

 

来島また子
  • 名前/来島また子(きじま またこ)
  • 身長/165cm
  • 体重/48kg
  • 誕生日/1月8日

「紅い(あかい)弾丸」という異名を持つ銃の名手。

両手の銃から放たれる攻撃は、正確に相手を狙い撃ち、夜兎族の神楽にさえ傷を負わせるほどの実力を持っています。

性格は短気で、「先輩」と慕う武市からも、「猪女」と呼ばれるほど猪突猛進。

高杉を、心から崇拝し、行動をともにしているようです。

 

岡田似蔵
  • 名前/岡田似蔵(おかだ にぞう)
  • 身長/180cm
  • 体重/68kg
  • 誕生日/12月23日

「人斬り似蔵」の異名を持つ彼は、視力がありませんが、それを感じさせないほどの剣の腕を持っています。

彼曰く、他の全ての感覚が、目の役割を果たしているとか

銀ちゃんとは、紅桜篇の前にも刀を交えたことがある、因縁の相手。

高杉の野望に惹かれ、高杉を支えるために、妖刀「紅桜」の実験台となりました。

 

河上万斉
  • 名前/河上万斉(かわかみ ばんさい)
  • 身長/179cm
  • 体重/67kg
  • 誕生日/5月20日

ヘッドフォンを身につけ、いつも音楽を聴いています。

人斬りと呼ばれる一方で、彼には、みんなに隠している、もう1つの顔が…。

それは、人気音楽プロデューサー「つんぽ」であるということ。

「お通ちゃん」に楽曲提供をしている「つんぽ」さんとは、万斉のことだったのです。

剣の才能と、音楽の才能。

天は、彼に、二物を与えたようです。

万斉が背中に背負う三味線には、刀が仕込まれています。

そして、鉄のように丈夫な三味線の弦は、戦闘の際に、敵に絡ませて使用します。

一風変わった外見ですが、鬼兵隊随一の剣の達人であることは、間違いありません。

 

【銀魂】鬼兵隊と宇宙海賊「春雨」

鬼兵隊を率いる高杉は、後ろ盾を得るために、宇宙海賊「春雨」と手を組みました。

そのきっかけとなったのが、「紅桜篇」です。

ここで登場するのが、妖刀「紅桜」。

江戸随一の刀匠が打った「紅桜」を量産し、幕府を倒そうとする計画を立てた高杉でしたが、これは、失敗に終わります。

ですが、河上万斉の働きによって、春雨との同盟は締結。

宇宙に名を轟かす犯罪結社「春雨」と、過激なテロ行為を繰り返し、幕府を倒そうとしている「鬼兵隊」が手を結んだ先には、一体、何が待っているのでしょうか。

彼らを止めるすべは、あるのでしょうか。

今後の動きに、注目です。

 

【銀魂】高杉の戦闘能力は?

銀魂には、驚くほど戦闘能力の高いキャラクターがたくさん登場しますが、そのほとんどが、宇宙人である天人(あまんと)の血をひいています。

宇宙最強の種族である「夜兎族(やとぞく)」など、もともと遺伝的に戦闘能力が高く、本来なら、地球人に勝ち目はありません。

ですが、銀ちゃんをはじめ、高杉、桂たちは、普通の人間であるにもかかわらず、彼らと剣を交えても、引けを取りません。

それだけ、彼らの戦闘能力は高く、天才的なのです。

 

銀ちゃんと高杉が剣を交えるシーンも何度かあり、勝敗は五分五分。

剣の腕だけではなく、「何を守るのか、何のために戦うのか」という、精神的な要素も勝敗を決める要因になっているようです。

ただ、松陽先生亡きあとの高杉は、復讐のためだけに剣をふるっています。

高杉の剣は、まさに、すべてを壊す、狂気の剣なのです。

今後、彼が、何かを守ると決意したとき、彼の本当の強さが判明するのかもしれません。

 

まとめ

今日は、高杉についてまとめてみました。

テロ集団を率い、過激な思想を持つ高杉ですが、意外にも、連載当初から人気のキャラクターでした。

影のある雰囲気が、女性クラスタの心を掴んで離さないようです。

そして、今は、たもとを分かつ存在である銀ちゃんとの間には、決して消えることのない強い絆があるようです。

今後、2人が、分かりあえる日は、来るのでしょうか。

注目していきましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.