【食戟のソーマ】遠月十傑評議会(とおげつじゅっけつひょうぎかい)構成メンバーは?中枢美食機関(セントラル)ってなに?

仲間達と己の料理を追求していく事に夢中になっている創真。

大切な仲間と出会い、お互いを高めあう日々がいきなり壊されてしまいます。

己の父親、城一郎と因縁のありそうな薙切えりなの父親、薊により遠月学園は今までと違う場所になろうとしていました。

本誌での連載では決着したクーデター編で要となってくるのが今回のテーマです。

遠月学園の制度を振り返り、現状を説明していきます!

 

スポンサーリンク

遠月十傑評議会(とおげつじゅっけつひょうぎかい)とは?

遠月茶寮料理學園において、料理の腕を磨き上げた全生徒の中から10名がその座に就くことができる委員で「十傑」という略称で呼ばれています。

十傑は学園の最高決定機関であり、学園の持つ財力と権力を行使できる存在であり、彼らの発言は絶対的で教師ですら例外ではありません。

行使できる財力は例えば、希少な食材を求めて国外に行くための経費全て、数世紀前のレシピにも簡単にアクセス可能、高級食材や高価な調理器具なども十傑であれば自由に入手できてしまう権限を持ちます。

その外にも、学園の運営方針や、学園長を交代させる事も十傑メンバーの過半数が賛成すれば可能となる等、その十傑は学園に属する者にとって、かなりの影響力があり、遠月学園で頂点に立とうとするなら、避けては通れない存在です。

 

クーデター前の十傑メンバーは?

※現在、新10傑が最新話(264話)では5人まで公表されていて、まだ全員は公表されていません。

今回のクーデターの事もあり、入れ替わりもこれからありますが、このメンバーがこれまでの十傑になります。

第一席・司瑛士、第二席・小林竜胆、第三席・茜ケ久保もも、第四席・斎藤綜明、第五席・鏑木祥子、第六席・紀ノ國寧々、第七席・叡山枝津也、第八席・白津樹利夫との8人で、第九席・葉山アキラ、第十席・薙切えりなの二人は薊政権に反旗を翻した時点で十席の権利を無くしました。

薙切えりなと葉山アキラの他、薊の考える学園の思想に従えないという事で第三席・女木島冬輔、第七席・一色慧、第八席・久我照紀もその座を剥奪されています。

 

さらに過去の十傑メンバーは?

さらに過去のメンバーは今や、世界で名の知れた料理人ばかりです。

創真の父、城一郎(69期・第二席)や堂島銀(第69期・第一席)、えりなの父である薊(第69期・第三席だが69期の時点では1年生)。

第79期は四宮小次郎(第一席)、水原冬美(第二席)、第80期に乾日向子(第二席)。

第88期に角崎タキ(第二席)、第89期に木久知園果(第二席)。

そして現在の90期メンバーに続きます。

 

スポンサーリンク

遠月十傑評議会には派閥がある?

薙切薊が自分の理想を掲げた料理界を作る為に遠月学園を乗っ取ろうとたくらみました。

その際に薊は学園の学習カリキュラムも組み換え、学園を自分の理想に近づけようとするのですが、理想を実現させる為にいらない、と判断された十傑メンバーがいます。

それが第三席・女木島冬輔、第七席・一色慧、第八席・久我照紀の三人でした。

残りのメンバーは薊の理想に従い、ここで十傑が二分されます。

えりなも薊の理想には賛成できず、十傑の地位を捨てて創真達に協力する事になりました。

 

中枢美食機関(セントラル)とは?

遠月学園内の新しい方針を運営していくにあたり、薊が作った十傑を中心とする組織です。

全ての料理人を才能のあるもの、ない者に振り分けて才能のない者もカリキュラム通りにすれば一流になれるという方針に納得して薊に従っていました。

設立後は薊の手足となり、学園の方針に従えない者、ついて行く事ができない生徒たちを徹底的に食戟で排除しにかかりました。

十傑とまでは行かずとも、十傑に次いで料理の腕がある生徒を選出している様子でしたが、創真達との食戟ではあっけなく敗退していたメンバーもいます。

 

中枢美食機関のメンバーは?

90期十傑メンバー、第一席・司瑛士、第二席・小林竜胆、第三席・茜ケ久保もも、第四席・斎藤綜明、第五席・鏑木祥子、第六席・紀ノ國寧々、第七席・叡山枝津也、第八席・白津樹利夫に加え、一瞬で負けてしまった2人のいわゆるモブキャラが出てきました。

名前の挙がっている鏑木祥子も連隊食戟の最中に女木島冬輔に何の皿を出したかもわからない内に負けています。

その他にも数人、顔だけ登場しましたが活躍の場はなく、セントラルにどれだけの生徒が属しているなどの細かい設定は結局、最後まで出てきませんでした。

 

まとめ

十傑の存在は早い段階で出てきていましたが、十傑にどんなメリットがあるのかはあまり明言されていませんでした。

こんなに沢山の権力と財力を活用して作られる一流料理人の必殺料理(スペシャリテ)とはどんな味なのか想像もできません。

数あるグルメ漫画の中でも、食戟のソーマは画力の高さもあり本当に料理が美味しそうに見えます。

世界に名だたる料理人達がその座についていたことで知られる十傑。

このメンバーたちが生み出す一皿は一体どんな味がするんでしょうね!

創真達の世代の十傑が誰になるのか、予想するのも楽しそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください