【鬼滅の刃】しのぶとカナヲの関係は!?カナヲの壮絶な過去や二人の現在について説明!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで連載され、アニメ化からの続編として制作された「無限列車編」が空前の大ヒットを記録した「鬼滅の刃」。

主人公である炭治郎は炭を売りに家を出ている最中に家族を殺され、唯一の生き残りである妹・禰豆子も鬼に姿に変えられました。

炭治郎は禰豆子を人間に戻すべく政府非公認の組織「鬼殺隊」に入隊し、全ての鬼の始まりと言われる鬼無辻無惨を目指します。

この炭治郎が入隊した「鬼殺隊」では頂点に立つ柱という剣士が存在します。

その柱の1人である蟲柱・胡蝶しのぶと継子となる栗花落カナヲを見てみいきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】しのぶとは?

「鬼殺隊」に9人いる柱の中で2人しかいない女性の柱の1人が蟲柱・胡蝶しのぶです。

胡蝶しのぶは2月1日生まれの18歳で身長151cm、体重37kgと非常に華奢な体格をしています。

この華奢な体から「鬼殺隊」の柱で唯一、鬼の首を落とす事は出来ませんが、藤の花から抽出した「鬼を殺す毒」を作り出す事が出来る薬学の知識を持っています

しのぶの蟲の呼吸は水の呼吸から派生した花の呼吸のそのまた派生と言われていますがその攻撃速度は水の呼吸の中で最速の突き技「雫波紋突き」よりも速いと言われています

使用する日輪刀も特殊な形状をしており、刃が存在せず先端の鉤爪に毒が仕組まれています。

この刀は鞘に収めることで毒の配合を調節できるという仕組みにもなっています。

また、しのぶは医学にも精通しており自身の館である蝶屋敷を治療所として開放し、負傷した炭治郎や伊之助、善逸の治療を行ったりもしています。

最愛の姉・胡蝶カナエを「上弦」の弍「童磨」に殺されており、この「童磨」を討つ為に自身の身体に「鬼を殺す毒」を注入しています

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲとは?

蟲柱・胡蝶しのぶの継子である栗花落カナヲはしのぶの姉であるカナエと同じく花の呼吸の使い手になります。

カナヲは感情に乏しくしのぶに心配されており、「考える必要はない 言われた通りに鬼を斬るだけ」という通りに迷わずに鬼の首を斬るように言い聞かせてられています。

しのぶには内緒で「鬼殺隊」の最終選別に参加しており、これを無傷で突破する才能を見せています。 

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲには壮絶な過去があった?

「鬼殺隊」蟲柱・胡蝶しのぶの継子の栗花落カナヲですが、幼少期の頃から親に虐待されており、その苦しみから逃れる為に心を閉ざしてしまいます

カナヲ曰く「ある日ぷつんと音がして 何も辛くなくなった」と言い、これ以降は自分で考え行動が出来なくなります。

この後、親から人買いに売られたカナヲは橋の上で胡蝶姉妹と出会い、保護されました。

保護された後も何も自分で決める事が出来ず、

カナエの提案により貰った「表」「裏」と書かれた銅貨を投げて決めています

また、保護された時は名前すら与えられておらず、カナヲとつけた後の苗字「栗花落」はカナヲ本人が決めています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】カナヲはしのぶを何と呼ぶ?

胡蝶カナエとしのぶに保護されたカナヲは蝶屋敷で暮らす事になります。

過去の事があり、選ぶ事が出来ないカナヲは本来は勝ち気な性格のしのぶに心配されます。

カナエは「カナヲは可愛いから」と気に求めませんがこれからの出会いで変わるとも言います。

カナヲは2人に可愛いがられ、カナエが亡くなった後はカナエがしていた蝶の髪飾りはカナヲがつけます。

胡蝶姉妹にとっては血のつながりはなくともカナヲは妹であり、カナヲをしのぶの事は「しのぶ姉さん」と言っています

カナエ、しのぶ、カナヲには目には見えない姉妹愛があり、残されたしのぶはカナヲを義妹よりも深い愛情で接しています。

また、しのぶは「鬼殺隊」の柱である為にカナヲは「師範」と呼ぶ事もあります

「上弦」の弍「童磨」には「胡蝶カナエとしのぶと妹」と名乗り、「私の肉親を」とも発言しています。

3人は正に血縁以上の繋がりを持っているのが分かります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】しのぶとカナヲの心暖まるシーン!

鬼無辻無惨との最終決戦に向け、「鬼殺隊」柱を中心にした合同訓練を行う事になった際、訓練には参加しないと言うしのぶにカナヲはモジモジしながら「あの、、私はもっと師範と稽古したいです」と意思表示をします

それを聞いたしのぶは優しい笑顔を浮かべ、カナヲの成長を喜びます。

そして、「上弦」の弍「童磨」との戦いの前には勝つ為には食べられなければいけないという自分の事より、その呼吸を使えば失明してしまうかもしれないとカナヲの事を心配します。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】しのぶを殺した童磨vsカナヲ!

最終決戦で「上弦」の弍「童磨」と対峙したしのぶでしたが、童磨の圧倒的な強さの前に敗れてしまいます。

カナヲが駆けつけた時は強くて美しい女性なら必ず食べるといやらしい奴と言う童磨に食べられてしまいました。

肉親を殺され怒りに震えるカナヲは「胡蝶カナエと胡蝶しのぶの妹だ」と名乗り、童磨と対峙します。

カナヲの攻撃を受けた童磨は「今、食べた柱より上かも知れない」と感じながらもまたしても力の差を見せつけます

童磨はカナヲの刀を一瞬で奪い、頼っている目を潰そうとしました。

その時、雄叫びと共に伊之助が登場します。

傷だらけのカナヲを見て「しのぶに怒られるぞ」と言う伊之助にカナヲは何も言わずに震えています。

殺されたのか」と気づく伊之助。

噛み殺してやる、屑が」とカナヲと共闘して童磨に挑みます。

2人がかりでも強さを見せていた童磨でしたが突然、ドロっと身体が溶け始めます。

カナヲは「効いてきた」と叫び、伊之助と猛攻撃を仕掛けます。

童磨はしのぶを食べた事でしのぶが体に巡らしていた「鬼を殺す薬」が効いてきたのです。

体が溶けながらも大技を出して抵抗する童磨でしたがその首元へ遂にカナヲを日輪刀が届きます。

それでも抵抗し、首を斬らせない童磨でしたが伊之助の「獣の呼吸」を使った無茶苦茶に投げた日輪刀がカナヲを刀を後押しし、童磨の首をを斬り落とします

 

スポンサーリンク

まとめ

人買いに買われ連れられていたカナヲを保護した胡蝶カナエとしのぶ。

名前すらついていなかったカナヲを名前を付け実の妹のように可愛がります。

両親からの虐待で自分で物事を決められなくなっていたカナヲにカナエは銅貨を渡し、「裏表」で決めるように言います。

そんなカナヲを心配しているしのぶでしたが鬼無辻無惨との戦いを前に柱稽古に参加しないと言ったしのぶに「私はもっと師範と稽古したいです」と意思表示したカナヲに喜んだような優しい笑顔を浮かべます。

そして、しのぶは姉カナエの仇である「上弦」の弍「童磨」を倒す為に自身の身体に「鬼を殺す薬」を巡らせていると言います。

そして、カナヲにトドメを討ってほしい、その変わりに失明してしまうかもしれないと自分の事以上にカナヲを心配します。

何て優しく尊い人だろうと思うカナヲでしたが、童磨と戦ったしのぶは敗れ童磨に食べられてしまいました。

怒りに震えるカナヲでしたが、童磨の圧倒的な力の前におされてしまいます。

ですが駆けつけた仲間である伊之助と共闘し、しのぶを食べた事で毒の効き始めた童磨を倒す事に成功します。

姉である胡蝶カナエとしのぶの仇を取る事ができたカナヲはしのぶのつけていた蝶の髪飾りを見つけ、自身がつけていたカナエの形見である髪飾りと共に胸に抱きしめます

壮絶な過去を持つ栗花落カナヲと胡蝶姉妹。

第2期でも登場するのでアニメが始まるのを楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です