【鬼滅の刃】不死川兄弟にできた深い溝!仲が悪いのはなぜ?実弥と玄弥を引き裂いた悲しい過去とは?

スポンサーリンク

不死川兄弟、兄不死川実弥弟不死川玄弥は仲の良い兄弟でしたが、母が鬼になってしまいってなくなってしまったことが、実弥のせいではないかというところから大きな溝ができてしまいました。

しかし以前ならまだしも今なら誤解も解けていることと思います。

母親の事件以外にも何か鬼を憎む過去や、和解できないわけがあるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】不死川実弥は鬼殺隊の風柱

不死川実弥は風柱で、風の呼吸の使い手です。

そして炭治郎の同期の不死川玄弥の実の兄です。

気性も荒く、口も悪い、しかも見た目の通りに好戦的です。

体中に傷跡があります。

鬼滅隊の隊員の中でも特に鬼を嫌っているため、禰豆子を連れた炭治郎を許さず、禰豆子の事も殺そうとしていました

親方様が間に入っても止まらず、禰豆子を刺し、さらに血が滴る腕を見せつけて本性を暴こうとしました。

禰豆子は血を拒絶して害のないとこが明らかにされましたが、それでも禰豆子を認めていません。

禰豆子を刺したことがあったため、炭治郎は実弥の事を嫌っています

 

【鬼滅の刃】不死川玄弥は炭治郎の同期

不死川玄弥は炭治郎と同期の鬼殺隊士です。

そして風柱の不死川実弥が実の兄です。

粗暴な性格をしていますが、初期の頃は特に暴力的で、女童を殴って日輪刀を催促していました。

そのことを炭治郎に咎められ、腕の骨を折られています。

それから炭治郎との仲は良くはありません

鬼を喰って体を鬼化させ、鬼のように強しい筋力と再生力を発揮することが出来ます

しかしその時は、体が鬼化しているため禰豆子の血鬼術でダメージを受けます

刀鍛冶の里で炭治郎・禰豆子と共に上弦の肆である半天狗と戦いました。

呼吸を使うことは出来ませんが、銃と特異体質を発揮して活躍しました。

 

【鬼滅の刃】どうしようもない父親

父親はろくでなしで、家庭内暴力を振るっていました。

父親は誰かの恨みを買い、刺されて死亡しています。

 

【鬼滅の刃】襲ってきた鬼の正体は?

ある晩、鬼に襲われ、5人の兄弟を殺害されてしまいます。

玄弥を守って鬼と戦いますが、その鬼は母親だったのです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】忘れられない玄弥の言葉

ある晩、鬼の強襲に会い、5人の兄弟を殺害されてしまいます。

玄弥を守って鬼と戦いますが、その鬼は母親だったのです。

朝になると、最愛の母親や兄妹を失った事に呆然とします。

そこへ玄弥が現れ、兄妹の死と、横たわる母親を見て気が動転して、実弥は「人殺し」という言葉を玄弥から浴びせられてしまいます

【鬼滅の刃】玄弥に対する実弥の容赦ない行動とは?

なれなれしく話しかけるんじゃない、何の才覚もないから鬼殺隊やめろなど、実弥は玄弥に厳しい言葉を投げつけます。

呼吸も使えないやつが剣士を名乗るんじゃないとも言います。

鬼を喰らってまで戦ってきたと玄弥が言った時には、顔色を変えて玄弥に襲い掛かってきました

張り詰める空気の中、目つぶしを繰り出してきます。

実弥は再起不能にしてやる、しかし鬼兵隊をやめるなら許してやると言いました。

玄弥を殺すのは簡単だけれど、隊律違反になってしまうため、痛い思いをさせてやめさせようとします

 

【鬼滅の刃】玄弥は兄に謝りたい?

ひどい言葉を浴びせられながらも、兄貴に謝りたいと言う玄弥に、心底どうでもいいと実也は言い捨てます。

 

【鬼滅の刃】不死川兄弟が仲良くなれる日は来る?

不死川兄弟はもともとは仲が良く、暴力をふるう父が亡くなった後はふたりで家族を守っていこうと誓ったほどでした。

母が鬼になってしまい、家を襲撃された時、実弥が家族を守ろうと無我夢中で戦いました。

玄弥はその時留守だったので、実弥が母を殺したと勘違いして、人殺しだと罵倒されてしまいます

でも母の体は太陽の光を受けたことによって崩れかけており、実弥の手にしていた鉈には血の一滴もついていなかったのです。

そのことで玄弥と実弥の間に深い溝ができてしまっていたのです。

しかしその時は、気が動転したとしてきっと今なら理解しているはずです。

もしかしたら、呼吸を使うことができない玄弥を心配して鬼殺隊から遠ざけたいと思っているのではないでしょうか。

鬼を食べたという事で怒った時も、そんなことをしてまで戦っては欲しくないと言う気持ちが来ているのではないでしょうか。

本当は仲直りしたいけれど、なかなか言い出せないのではないのでしょうか

 

まとめ

不死川兄弟は、兄弟なので適正や戦い方などよく似ているのではないかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。

全集中の呼吸も不死川玄弥は使うことができません。

呼吸が使えないので型の剣技も使うことができないのです。

不死川兄弟は、もう5人いましたが、全員鬼に殺されています。

その鬼というのは母だったのです。

実弥はその鬼と戦っているうちに母であることに気づきました。

しかし母の事は傷つけないようにし、太陽の光で母を旅立たせたのです。

その証拠に鉈には血はついていませんでした。

今なら原因はわかりますが、その頃は違っていて兄にひどい言葉を言ってしまい心の中で何ども兄に語り掛けています。

二人はいまだに仲直りはしていませんが、心の中ではお互いを大切に思っているのではないでしょうか

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です