【鬼滅の刃】優等生の栗花落カナヲ!自分で意思決定できなくなった理由とは?師範であるしのぶとの関係は?

スポンサーリンク

カナヲは炭治郎たちと同期の鬼殺隊士です。

隊服はプリーツスカートで足元は白い編み上げブーツ、頭のサイドで髪を束ねて蝶の髪飾りを身に付けた、清楚で可憐な少女です。

いつも静かに微笑んでいてつかみどころのない雰囲気ですが、戦闘能力はかなりのもの!

蟲柱である胡蝶しのぶの亡き姉、カナエと同じ花の呼吸の使い手です。

カナヲとは一体どんな人物なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】胡蝶しのぶの「継子」

カナヲは胡蝶しのぶの「継子」であり、しのぶと一緒に蝶屋敷に住んでいます。

継子というのは柱の直弟子のようなもので、鬼殺隊の中でも継子になれるのは力や能力を認められた隊士のみです。

カナヲはしのぶから直接指導をうけてきたため、鬼を倒すための高度な技である「全集中の呼吸・常中」を早くからマスターしていました

 

【鬼滅の刃】余裕で最終選別を突破

カナヲは炭治郎らと同じ時に藤襲山の最終選別に臨んでいます。

藤襲山には鬼殺隊が捕らえた鬼たちが閉じ込められており、7日7晩生き延びられれば鬼殺隊の隊士となれるという過酷な選別試験です。

20人以上が臨んだ最終選別で生き残ったのはわずか5名でした。

最終日、炭治郎らが満身創痍で体じゅう傷だらけだったにもかかわらずカナヲはほぼ無傷で涼しい顔をしていました

実際に闘っているところは描かれていませんが、余裕の突破だったと思われます。

 

【鬼滅の刃】鬼滅隊士としては優秀?

那田蜘蛛山編でカナヲは事後処理部隊である「隠」の指揮を任されています

また、鬼である禰豆子を見つけた際はすかさず倒そうとするなど鬼殺隊としての役割もきっちりこなしています。

さらに、しのぶの蝶屋敷で行われた機能回復訓練では、炭治郎は初めのうちは全くカナヲに歯がたちませんでした。

これは全集中の呼吸が四六時中できる「常中」が身に着いているかどうかがその差となっていたのでした。

その後の訓練で炭治郎たちは常中を身に付け、カナヲと同等レベルに追いついています。

 

【鬼滅の刃】指示がなければ行動できない?

何事もそつなくこなす優等生のカナヲですが、一つ弱点(?)があります。

それは、感情を表に出すことが苦手で何事も一人で決断できないことです。

指示されたこと以外は何もできません。

自分の感情もうまく表に出せないのです。

しのぶの姉カナエが鬼に殺されて亡くなったときも、悲しいという気持ちを感じながらもそれを表現できず、涙を流すことができなかったのでした。

 

【鬼滅の刃】カナヲの辛い過去

カナヲが感情を表に出せなくなってしまったのは辛く悲しい過去が原因でした。

カナヲの両親は子供たちに殴る蹴る、引きずり回すというひどい虐待を行っていました。

子供が泣くとそれがさらにエスカレートして、亡くなった兄弟もいました。

泣くと殴られるから泣くのを我慢して自分の感情を抑え続けた結果、心を自由に表現できなくなってしまったのです。

 

【鬼滅の刃】胡蝶姉妹との関係は?

カナヲとカナエ、しのぶ姉妹との出会いは、カナヲが人買いに縄で縛られ売られそうになっていたところを二人が助けたことでした。

二人はカナヲを本当の妹のように育て、無口なカナヲを優しく見守ります。

カナヲは鬼殺隊として活動している時はしのぶを「師範」と呼んでいますが、それ以外の時は家族のように過ごしていて「しのぶ姉さん」と呼んでいたようです。

温かい家族を知らなかったカナヲにとって、カナエとしのぶは恩人であり、家族でもあったのですね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炭治郎と出会ってからの変化とは?

炭治郎はカナヲが指示されたこと以外は銅貨を投げて決めていることを知り、どうして自分で決めないのか尋ねます。

カナヲは「全部どうでもいいから、自分で決められないの」と答えます。

炭治郎は、この世にどうでもいいことなんてないから自分の心の声をよく聞いて欲しいと励まします。

頑張れ!!人は心が原動力だから 心はどこまでも強くなれる!!

カナヲは炭治郎の優しく爽やかな励ましをきっかけに、少しずつ自分の心を表に出せるようになっていきました

そしてカナヲは、密かに炭治郎に恋心を抱くようになりました

でも炭治郎のほうはカナヲの気持ちには全く気づいていないようですね。

今後の二人の展開もとっても気になるところです!

 

【鬼滅の刃】しのぶから明かされた衝撃の事実

しのぶは姉カナエを殺した鬼である上弦の弐の童磨を倒したいという思いを心に秘めており、密かに準備をしていました。

そしてついにカナヲに童磨の倒しかたについて伝えます

しのぶは鬼にとっての毒である、高濃度の藤の花の毒を1年かけて摂取しつづけていて、自分自身が鬼にとっての猛毒になっていました。

そして自分が童磨に喰われ、その後童磨が弱ったところをカナヲにとどめを刺してほしいと伝えます。

カナヲはそんなやり方ではなく二人で協力して倒したいと必死で訴えますが、しのぶの決意は固くそんな甘い考えでは倒せないと一蹴されてしまいました。

 

【鬼滅の刃】失明覚悟で挑んだカナヲの結末は?

カナヲにも、炭治郎の嗅覚や善逸の聴覚のように五感の中で優れたものがあります。

それは「視覚」です。

肩、肘、膝、視線などのわずかな傾きで相手の次の動作を先読みすることができる優れた目の持ち主なのです。

しのぶは童磨に闘いを挑みましたが、上弦の弐の前に苦戦し、最後には体を吸収されてしまいました。

カナヲはしのぶがまさに吸収されているところに駆けつけます。

しのぶを殺された怒りで感情が爆発し、童磨に闘いを挑むカナヲ。

途中伊之助も加わりましたが圧倒的な力の差で形成は不利な状態が続きます。

しかし、やがてしのぶの毒が童磨の体を回りはじめ、ついに反撃のチャンスが訪れます。

そしてカナヲは「花の呼吸 終の型 彼岸朱眼」という技を繰り出しました。

動体視力を極限まで上げて敵の動きをとらえる大技ですが、失明の恐れがある危険な技でもあります。

そしてついに、しのぶの毒で弱っていた童磨の首を切り落とすことに成功したのです!

しかしその技の反動で、カナヲの右目はほとんど見えなくなってしまいました

 

まとめ

カナエとしのぶの仇である童磨と相対した際、カナヲは自分を二人の妹だと言い切り闘いに挑みます

心の中で「よくも殺したな私の肉親を!!」と叫びます。

肉親という言葉は親兄弟など濃い血縁関係をさす言葉です。

カナヲはカナエとしのぶと本当の血のつながりはありませんが、本当の肉親のように大切に思っていたのでそんな言葉が出たのですね。

炭治郎の言葉がきっかけで閉じていた心が少しずつ開いてきたカナヲ。

長い時間をかけてカナエとしのぶが温かく見守ってきたからこそ、そのきっかけをつかむことができたのではないでしょうか?

そして皮肉にもしのぶの死によってその感情がついに爆発し、大粒の涙をこぼして泣き崩れます。

心を開放することができたカナヲが、これから先は悲しみだけではなく、嬉しい気持ちや楽しい気持ちもたくさん感じられる人生を歩んでほしいと思います!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です