【鬼滅の刃】冨岡義勇の姉「冨岡蔦子」はどんな人物!?鬼に襲われた冨岡義勇の代わりに犠牲になった?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプ2016年11号より連載が始まり映画化さるた「無限列車編」が空前のヒットを記録した漫画「鬼滅の刃」。

主人公・竈門炭治郎は家族を鬼に殺された上、唯一生き残った妹・禰豆子は鬼の姿に変えられてしまいました。

炭治郎は鬼になってしまった禰豆子を人間に戻すため「鬼殺隊」に入隊し鬼との闘いに挑みます。

この炭治郎が「鬼殺隊」に入るキッカケを作り、深く関わっていく事になるのが「鬼殺隊」水柱・冨岡義勇です。

炭治郎を何かと気にかけ、手を貸す義勇ですがこの義勇にも辛い過去がありました

一体何があったのか、義勇の姉・冨岡蔦子とともに見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡蔦子のプロフィール!

「鬼殺隊」の頂点の剣士である冨岡義勇の姉・蔦子は義勇と歳の離れた姉弟になります

作中で登場する蔦子は優しいような印象を受け、歳の離れた義勇にとっては姉であり母でもあるような印象を受けます。

冨岡義勇が唯一、口にする家族は姉の蔦子だけであり特別な存在だというのが分かります

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡義勇と蔦子の暮らし!

冨岡蔦子は歳の離れた義勇の面倒を一手に見ている様子があります

2人は病死した両親が残した遺産で生活していました

天然で空気の読めない義勇に突っ込みながら楽しく暮らしていたのではないかと想像できます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡蔦子はどんな性格!?

義勇と歳の離れた姉の蔦子ですが、作中から想像できるのはかなり優しい性格だというのが分かります。

義勇にとっては唯一の優しい姉であり、小さい頃からずっと面倒を見てくれる大好きな姉だったと思われます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】祝言前日に訪れた悲劇!?

両親はいないながらしっかりした優しい姉・蔦子と2人で暮らしていた義勇。

義勇とは歳の離れている蔦子は祝言が決まりました。

寂しいながらも嬉しく喜びを見せる義勇でしたがその祝言を上げる前日に悲劇が起こります

その悲劇とは何と鬼に襲われてしまうのです。

鬼に襲われてしまった蔦子と義勇ですが、まだ小さく幼かった義勇を匿い必死に守ります。

そして、義勇を命懸けで鬼から守った蔦子は死んでしまいます

義勇はこの事を大変悔やみ「姉ではなく、自分が死ねばよかった」というほど、心に深い傷を負ってしまいます。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】冨岡義勇が着ている羽織は蔦子と関係が!?

祝言を前日に控えた義勇の姉・蔦子は鬼に襲われまだ幼かった義勇を庇い、死んでしまいます。

この事を悔やむ義勇の心には大きな傷を残してしまいます。

義勇はこの時に、蔦子が身につけていた着物を形見として羽織っています

義勇の気難しい性格もこういった出来事が影響しているかもしれませを。

また、鬼を倒す為に「鬼殺隊」の最終試験の時に出会った大事な友人である錆兎も義勇のミスから鬼を錆兎1人で追わせてしまい、凄まじい実力を持っていたとされる錆兎も命を落としてしまいます。

結果的に蔦子、錆兎の2人の命を犠牲に助かった義勇は「二人の命をかけて繋いでくれた命を 、託された未来を」という想いから、義勇は錆兎と蔦子の形見と決意の表れのように半々羽織にして背中に背負っています

この後、相当な努力を積み「水柱」になった冨岡義勇ですが、この二つの出来事がトラウマのように心に影を残している様子です。

 

スポンサーリンク

まとめ

炭治郎にとっては人生の転機をあたえてくれた恩人である冨岡義勇ですがその難のある性格も納得出来るような壮絶な過去がありました。

冨岡義勇にはおよそ6〜7歳離れた蔦子という姉がいました。

蔦子と義勇の両親は病死しており、残してくれた遺産で2人で生活しています。

姉・蔦子は良く出来た姉だった様子で義勇の面倒をよく見ており義勇も頼りにしていたのが推測されます。

姉・蔦子は義勇の空気の読めなさにも優しく突っ込みを入れるような優しい性格だったようです。

その歳の離れている姉・蔦子でしたが祝言を挙げる事になります。

義勇は複雑ながらも喜びますが、その蔦子は祝言を挙げる前日に悲劇に見舞われます。

急に現れた鬼に襲われてしまうのです。

蔦子は自分の事よりまだ幼かった義勇を匿い、鬼に手から逃します。

結果、蔦子のおかげで助かった義勇でしたが、蔦子は命を落とします。

その後、鬼狩りになる為に「鬼殺隊」の入隊試験に挑んだ義勇でしたが、この時も親友の錆兎をまたしても義勇のミスから失くしてしまいます。

「姉ではなく、自分が死ねばよかった」と言う義勇をそんなつもりで蔦子は助けたわけではないと言い怒ってくれた錆兎。

その後、義勇は「二人の命をかけて繋いでくれた命を 、託された未来を」という想いから、この蔦子と錆兎が着ていた物を半々羽織にし羽織っています

「鬼滅の刃」ではかなり重要なキャラクターである冨岡義勇にも家族や親友を殺された過去がありました。

もうすぐアニメ第2期が始まる「鬼滅の刃」。

もう一度、読み返してみるのもいいかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です