【鬼滅の刃】功績を示す階級一覧!各階級の読み方は?柱になるためには条件がある?

スポンサーリンク

選別試験を突破した者たちは、鬼殺隊の証として、手の甲に階級が記されます。

作中でも何度か語られている、鬼殺隊の階級制度

少し複雑で覚えにくいですよね。

そこで今回の記事では、階級の種類や、階級が上がる条件、炭治郎達の階級などについて、詳しくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】手の甲に記された階級とは?

最終選別試験を見事突破し、鬼殺隊として認められた者に、階級は与えられます

どの隊士も、「癸(みずのと)」という階級から始まり、一定の条件を満たすことで徐々に上がっていきます

階級が上がっても、特別に連絡があるわけではなく、現在自分がどの階級であるかは、その都度確認する必要があるようです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】特殊技術「藤花彫り」とは?

隊士達は、選別試験を突破してすぐに、「藤花(とうか)彫り」と呼ばれる特殊な技術により、手の甲に鬼殺隊の階級が刻まれます

「彫り」と言っても、刺青のように痛みを伴うものではありません

伊之助たちは「手ェコチョコチョされた」と表現していました。

藤花彫りを施された者は、いつでも手の甲にて、自分の階級が確認できるようになります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】階級を浮かび上がらせる方法は?

階級は、「階級を示せ」と唱えた後に、力いっぱい拳を握り締めることで手の甲に出現します

詳しい説明はなされていませんが、言葉と筋肉の膨張を感知し、階級が現れる仕組みになっているようです。

作中、炭治郎は、選別試験後の疲労により、藤花彫りの説明を受けたことを完全に忘れていました。

そのため、遊郭編にて伊之助に教えてもらうまで、炭治郎は自分の現在の階級を誤って認識していました

普段から人の話を聞かない伊之助が、藤花彫りについてしっかり覚えていて、炭治郎が忘れていたのは意外です。

最終選別後、伊之助は炭治郎達とは別に、単独で説明を受けているので、炭治郎達より詳しく教えてもらうことができたのかもしれません。

なんにせよ、かっこいい物好きの伊之助のことなので、藤花彫りの特殊技術を目の前にして、大興奮だったのは想像に難くありません。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】十段階ある階級の種類と読み方は?

一般隊士の階級は、十段階あります。

階級が低い順から、癸(みずのと)壬(みずのえ)辛(かのと)庚(かのえ)己(つちのと)戊(つちのえ)丁(ひのと)丙(ひのえ)乙(きのと)甲(きのえ)となっています。

これは、十干と同じです。

十干とは、中国で生まれ、日本に伝えられた暦の表示などに用いられる数詞です。

昔ながらのカレンダーに、これと同じ言葉が印刷されているのを見たことがある方もいるかと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】階級によって給料の額も変わる?

功績により、階級が上がっていく鬼殺隊。

もちろん、その階級によって支給される給料の額も変わっていきます

炭治郎達は、一番下の階級、癸だった時、現在の価格で言う20万円の給料をもらっていました

あれだけ命を懸けて戦い、20万というのはあまりに安すぎる気がしますが、隊士達は鬼への恨みを晴らすため、戦いに身を置いた者が多いため、気にならないのかもしれませんね。

鬼殺隊は、藤の家で衣食住も保証されていますし、怪我をした際も蝶屋敷で面倒を見てもらえるので、困ることはないのでしょう。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】階級を上げる方法は?

どのようにすれば階級が上がるのか、その細かな条件については、作中で語られていません

しかし、上弦の鬼とも対峙していた炭治郎達が、丙までしか階級を上げていないことから、かなり基準は厳しいと言えそうです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】柱になるための条件とは?

柱になるための条件は、二つあります。

一つは、一番上の階級、甲まで上り詰めること

もう一つは、鬼を五十体倒すか、十二鬼月を倒すこと

柱は、九人までと決められています

柱が不在となった場合、階級が甲となっている隊士の中から次の柱が選ばれますが、二つの条件を満たしたものがいなければ、そのまま柱の座は空席となるようです。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】柱になると柱名が刻まれる?

上記で説明した手の甲の藤花彫りですが、柱になった者は一般隊士とは違った階級の現れ方をします

炎柱なら「炎」、恋柱なら「恋」という風に、柱名の頭文字が示されるようです。

作中で、柱たちの手の甲に階級が示されるシーンはありませんでした。

柱まで上り詰めてしまえば、階級を確認することはないため、当然なのですが、一度見てみたかったですね。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】炭治郎たちの階級は?

一番下の階級、「癸」から任務を始めた炭治郎達。

那田蜘蛛山での任務の際、栗花落カナヲはすでに「己」まで階級を上げていました

短期間で四つも階級を上げたことになります。

炭治郎は、初任務から那田蜘蛛山までの間に、沼鬼、矢琶羽、朱紗丸、響凱と、四体の鬼を倒しています。

この四体の中には、無惨から血を分けてもらったばかりの手強い鬼や、元十二鬼月も含まれています。

しかし炭治郎は、那田蜘蛛山で村田に会った際に、「階級・癸、竈門炭治郎です。」と自己紹介していました。

一体、カナヲはどれほどの勢いで任務をこなしていたのでしょう…。

ただ、炭治郎は、この時点で自分の階級を確かめる術を知らなかったため、本当は癸ではなく、もう少し階級が上がっていた可能性もあります

しかし、癸を馬鹿にするような発言をした村田を、伊之助が殴っていることから、伊之助が癸であったことは間違いなさそうです。

遊郭編での炭治郎達の階級は、「」でした。

癸から、階級が三つ上がっています

その間炭治郎達は、十二鬼月の累と魘夢、猗窩座と対峙しています。

十二鬼月と対峙して生き残った炭治郎達ですが、思ったより階級が上がっていません。

どちらの戦いでも柱が一緒だった為、炭治郎達の功績だと認められなかったようです。

今わかっている炭治郎達の階級は、丙です。

これは、公式ファンブックにより明かされたもので、どの段階で丙に変わったのかまではわかっていません。

しかし、善逸と伊之助は上弦の肆、伍と戦っていないにも関わらず、炭治郎と同じ丙の階級になっていることから、上弦の陸、堕姫&妓夫太郎を倒した時点で、三人の階級は丙になったと推測できます。

ちなみに、同時期の栗花落カナヲと不死川玄弥の階級は丁で、炭治郎の階級より一つ下となっています。

最終的に、炭治郎達の階級はどこまで上がったのでしょうか?

これは推測になりますが、無限城に突入していた時点で、炭治郎達の階級は甲になっていたのではないでしょうか。

伊之助は、無限城で上弦の弐、童磨と対峙したとき、「テメェを倒せば俺は柱だ!!」と発言していました。

主人公の炭治郎が、階級にあまり興味がないのに対し、伊之助は強くなる事、階級が上がることに強い関心があります。

おそらく、今まで何度も細かに階級を確認していたのではないでしょうか。

伊之助が、柱になるための条件を勘違いしている可能性も捨てきれませんが…。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の記事では、鬼殺隊の階級についてお伝えしました。

鬼殺隊員が階級を上げるには、並々ならぬ努力が必要なようです

無惨が討ち取られたことにより、鬼殺隊も解散となりました。

最終戦で、柱になるための条件を満たしたと思われる炭治郎達ですが、最後の柱合会議の様子を見る限り、柱になることはなかったようです。

炭治郎達が柱になった姿も、見てみたかったですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です