【鬼滅の刃】宇髄天元と我妻善逸はどんな関係?我妻善逸が宇髄天元の跡継ぎとなるのか!?

スポンサーリンク

2016年に週刊少年ジャンプで連載が開始された「鬼滅の刃」。

その後、始まったアニメもヒットし映画「無限列車編」は空前のヒットを記録し社会現象を巻き起こしました。

「鬼滅の刃」は主人公である竈門炭治郎は家族を鬼に殺され、唯一の生き残りである妹・禰豆子は鬼になってしまいます。

その禰豆子を人間に戻す為に、鬼狩りである「鬼殺隊」に入隊し活躍する物語です。

「鬼殺隊」には数多くの隊員が属していますが炭治郎と同期で行動を共にしている派手な金色の髪が我妻善逸です。

そして、この善逸が後継ぎではないかと噂されているのが「鬼殺隊」の柱の1人である宇髄天元です。

もうすぐ始まるアニメ第2期「遊郭編」の中心人物である宇髄天元と後継ぎと言われている我妻善逸を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】宇髄天元の概要!

「鬼殺隊」の頂点に立つ剣士である「音柱」の二刀流の剣士が宇髄天元です。

180を超える大柄な体躯で筋骨隆々、そして派手な化粧が特徴になります。

派手好きな性格をしているようで「派手を司る神」を自称しています

炭治郎や善逸には「俺は神でお前らは塵だ」「俺の機嫌を常に伺い全身全霊でへつらえ」と言って憚らず、傲岸不遜な体育会系の性格も持ち合わせています。

なお本人は不本意ながら化粧を落とした地味な姿は遊郭のやり手ババアも思わず頬を赤らめるほどの色男です。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】宇髄天元は元忍者の頭領!?

「鬼殺隊」の柱である宇髄天元ですが、元々は忍者の家系出身で次代のリーダーとして育てられていました

ですが父親から課される訓練や顔を隠して兄弟で殺し合う事など疑問に感じていました。

そして、2人の兄弟を殺し生き残った弟が父親にそっくりな様子を見て、宇髄天元は抜け忍になる道を選びます

またこの時、一緒に抜け忍した3人のくノ一は須磨、まきを、雛鶴で宇髄天元の妻になります

この後、「幼少期に植え込まれた価値観を否定しつつも、戦いの場に身を置き続ける」という、矛盾や葛藤を持った自分達の生き方を肯定してくれた、「鬼殺隊」当主の産屋敷耀哉には心底からの敬意と共に忠誠を誓っており、「鬼殺隊」柱として身を寄せています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸の概要!

炭治郎の同期の鬼殺の剣士で目立つ金髪が特徴なのが我妻善逸です。

炭治郎らが赴いた鬼殺隊士の最終選別でたった五人生き残った精鋭隊士になります。

相当なヘタレですが真っ直ぐで優しい性格だという様子が分かりますが大の女の子好きが災いしています

炭治郎の妹である禰豆子に一目惚れしており、無意識下でも身を挺して彼女を庇うなどしています。

その想いは本物である事が分かります。

また、隊士としてはビビり過ぎて気絶した後ながら目にも見えない速さで相手を倒すなどかなりの本来の実力は高いようです

炭治郎と同じように善逸は聴覚が優れており、音で色々な事を聞き分ける事が出来ます

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸の腰抜けっぷり!

炭治郎や伊之助と同期の我妻善逸ですがその実力は高いと言われています。

ですが通常時の善逸のヘタレっぷりは常識を逸しているといっても過言ではなく、異常なまでにネガティブなうえ、底抜けに小心で臆病者です.

この為に常に挙動不審であり、ところかまわず涙と鼻水を撒き散らして「鬼が怖い」「死にたくない」と泣き喚きます。

また、善逸の口癖は「死ぬ」でありことある事に口にします。

鬼を前にすれば全速力で逃げ出すのは当たり前で、恐怖のあまり立って歩くのも困難な様子になり時に気絶してしまいます

更には民間人の子供にすら「俺を守ってくれ」と泣きつく始末で常識人である炭治郎どころか野生育ちの伊之助でさえも呆れさせています。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】宇髄天元と我妻善逸の関係性!?

「鬼殺隊」の柱である宇髄天元は遊郭に自身の妻3人を潜入させましたが連絡が途絶えた事から新たな女隊士を探しに同じく柱である胡蝶しのぶ宅を訪れた際に炭治郎や善逸と遭遇します。

無理矢理連れて行こうとしていたカナオ達の代わりに炭治郎、善逸、伊之助は自分達が行くと言い、宇髄天元と行動を共にする事になります。

この時が初対面である善逸でしたが音柱・宇髄天元の事を信じられないでいます

それは宇髄天元の「派手を司る神」だと豪語する姿のズレや、連絡のとれなくなった嫁を探せと言われた際も嫁探しだと勘違いし「何故、あなた個人的な」と食ってかかります。

その後わ探すのが宇髄天元の本当の嫁だとわかった時は、いつものように発狂しています。

更に女装させられた上に変装した宇髄天元の素顔が美形で男前だと知った善逸は「俺アナタとは口利かないんで」とキレていました。

あくまで宇髄天元と我妻善逸は任務の為だけの関係だというのが分かります。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】我妻善逸は宇髄天元の跡継ぎとなるのか!?

宇髄天元の継子と噂されている善逸ですが、まずその噂になっている1つが2人とも「耳がいい」というのが挙げられます。

また宇髄天元の「音の呼吸」は元々「雷の呼吸」の派生呼吸と言われているのも大きな要因の1つになります。

もう1つが作中で勢いで吐いた炭治郎、善逸、伊之助を「俺の継子だ」と言った事です。

本心かどうかは分かりませんが、この言葉も上手の要因の1つになります。

 

スポンサーリンク

まとめ

元々は忍の頭領である宇髄天元は抜け忍した後は「鬼殺隊」を音柱として支えています。

自身を「派手を司る神」と称した体育会系の性格が特徴です。

自身の3人の嫁を大事にしており、一に嫁、二に一般人、3に自分と伝えています。

一方の善逸は「鬼殺隊」きってのヘタレっぷりを見せている雷の呼吸を使う隊士です。

全く違う2人ですが共通点もあり、お互い耳がいいという事、そして宇髄天元が使う「音の呼吸」は善逸が使う「雷の呼吸」の派生呼吸という事から実は宇髄天元の継子ではないかと噂されています

今、現在はそんな話はありませんが、続きがあるならもしかしたらその可能性もあるかも知れません。

もうすぐ、第2期の始まる「鬼滅の刃」遊郭編という事で派手に大暴れする宇髄天元を楽しみに待ちたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です