【鬼滅の刃】実弥の不器用な愛情表現!本当は弟思いだった!?黒死牟との対決で分かった実弥の本心とは?

スポンサーリンク

不死川実弥は見た目も怖く気性も荒そうですが、本当はそんなことはありません。

鬼殺隊に入ったのも弟の幸せを守るためでした。

でも素直に自分の気持ちを表すことができないので、弟といわないまま黒死牟との戦いになってしまいました。

実弥は玄弥に本当の気持ちを伝えることができるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】不死川実弥のプロフィール

プロフィール
  • 風柱・不死川実弥
  • 生年月日:11月29日生まれ 
  • 年齢:21才
  • 身長:179㎝ 
  • 体重:75㎏
  • 出身:東京府京橋
  • 趣味:カブト虫を育てる
  • 好きなもの:おはぎ
  • 不死川玄弥の兄

 

【鬼滅の刃】気性は荒いが常識人

傷だらけの見た目に、炭治郎たちに対する態度から、とても気性が荒く攻撃的な印象を受けます。

しかしお館様に対しては、炭治郎が驚くほどの敬意や忠誠心・礼節をわきまえた行動をしています。

感情的な発言もしますが、要所要所で筋の通った発言をしているので、実は冷静で知的な人物であることがわかります。

 

【鬼滅の刃】家族に亀裂が入った悲しい過去とは?

不死川実弥は7人兄弟の長男として育ちました。

父親が妻子に暴力を振るうような人で結局人から恨みを買い殺されてしまいます。

不死川実弥と玄弥は父の死をうけとめて今後は二人でか力を合わせて母や兄弟を守っていこうと誓いあいました。

そんな時鬼化した母が、弟妹達を殺してしまいます

生きて残っていたのは玄弥だけでした。

弟を守るために必死で鬼化した母に抵抗したため、実弥は母を討つことになってしまいました。

弟は守ることができたのですが、弟・玄弥から人殺しという言葉を浴びせられます

弟は弟妹を殺されてしまったこともあり、混乱していて実弥が犯人だと思ってしまっていたのです。

鬼化していたとはいえ、母に弟妹を殺され、残ったただ一人の弟を一生懸命守ったというのに、玄弥に浴びせられた言葉は実弥に深い傷を負わせたのです。

 

【鬼滅の刃】玄弥の発言が許せなかった?

実弥は玄弥を守って鬼と戦いますが、弟妹を襲い、殺した鬼は母だったのです。

朝になり、大好きな母や弟妹を失ったことを知り実弥が呆然としていると、玄弥が現れて亡くなっている母を見つけて気が動転してしまいます。

そして実弥に向かって人殺しと言ってしまいました

 

【鬼滅の刃】実弥は稀血で鬼を倒す!

鬼の主食は人間の肉や血液のことを言います。

人肉にも栄養価の違いがあり、栄養価の高い人間の血を「稀血」と呼びます。

実弥の稀血は、血の匂いを嗅いだ鬼を酔わせるという、稀血の中でもさらに希少な血です。

上弦の壱でも千鳥足になっていたので、本当にとてもよく効く血なのです。

 

【鬼滅の刃】粂野匡近との出会い

鬼となってしまった母親を殺害してしまった後、実也は呼吸のことも日輪刀のことも何も知らないままたくさんの武器を装備して、鬼を日の光で焼き殺していました。

そんな時に鬼殺隊に所属していた粂野匡近と出会います。

そして粂野から育手を紹介してもらい実弥も鬼殺隊に入隊することができました。

 

スポンサーリンク

【鬼滅の刃】上弦の壱・黒死牟と衝突

黒死牟に追い詰められた霞柱・時透無一郎を救おうと玄弥が登場しましたが一瞬で両腕を切断され、胴体も両断されてしまいます。

そこに実也が現れてはじめてどうしようもない弟だといいました。

何のために俺が母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる

玄弥は驚いて固まっていますが、炭治郎との会話を思い出します。

炭治郎は玄弥に「風柱のお兄さんのことなんだけれど、あの人は玄弥が鬼殺隊に入ったことをすごく怒ってはいたけれど、憎しみの匂いは少しもしなかった。

だから怯えなくていい、伝えたいことがあったら言っても大丈夫。

玄弥のことがずっと変わらず大好きだからと炭治郎は嬉しそうに伝えてくれました。

炭治郎の言葉通り、実弥はずっと玄弥のことを心配していたのです。

鬼狩りになんてならずに、自分の家族をもって幸せにすればよかったんだ。

そこには俺が鬼なんかこさせないから・・・兄の言葉に玄弥は涙がこぼれました。

その様子を見ていた黒死牟は、兄弟で鬼狩りとは・・・懐かしいと言っています。

実弥はおれの弟を切り刻みやがってと激高して黒死牟に斬りかかっていきました

 

【鬼滅の刃】弟に対する切なる願いとは?

玄弥に対してはいつも弟じゃねぇと言い張っていた実弥。

それには訳があったのです。

黒死牟に頸を斬られそうになって玄弥が這って逃げようとしていると、実弥が現れました。

玄弥に向かって実也は「テメェは本当にどうしようもない弟だぜぇ。何のために俺が母親を殺してまでお前を守ったと思ってやがる」と言いました。

玄弥にはどこかで所帯を持って家族を増やして幸せになって欲しい、そこには鬼なんてこさせないからといいました。

実弥は玄弥に鬼狩りになって欲しくなかったし、玄弥には幸せになって欲しかった

玄弥の幸せを守るために実弥は鬼殺隊に入ったのです。

 

【鬼滅の刃】本当は優しい性格で仲間思い

口は悪いのですが、仲間意識が強く情に厚いため、特に粂野からは弟のように思われていたこともあってなのか強く信頼していたようです。

そのため風柱になったばかりの頃は、安全な場所にいて命がけで戦っている隊士に命令するだけのお館様に対して、強い敵愾心を持っていました

粂野とともに下弦の壱の鬼を討伐した時に、粂野だけが戦死したこともあり、対面するなり暴言を吐いて他の柱から顰蹙を買いました。

その後お館様自分自身が病気で戦えないけれども、戦死したものや隊士一人一人のことを覚えていて忘れずに心にとめていることを知り敬服するようになりました。

 

【鬼滅の刃】黒死牟との戦いの結末は!?

不死川兄弟・悲鳴嶼・無一郎の総力戦で戦った上弦の壱・黒死牟戦。

今までで最大の敵ということもあり総力戦でした。

実弥は気を失ってもまだ動き続けていたため、悲鳴嶼に止められたくらいでした。

体を真っ二つにされた玄弥はまだなんとか話ができる状態だったので、悲鳴嶼に問いかけました。

悲鳴嶼は自分が生きていることは伝えました手が、無一郎に視線は向けたものの、言葉に詰まってしまいました。

玄弥はそれでも自分ではよくわからないので、自分の手当てよりも無一郎の方を優先してほしいと悲鳴嶼に告げました。

悲鳴嶼は玄弥の様子を見て、体が真っ二つでも話すことができるのは、やはり鬼を喰らったからではないかと推測しました。

しかし今の様子では、もうその効力もなくなってきているようなので、稀血の持ち主の実弥を近づけても大丈夫だと判断して、玄弥のところに気を失ったままの実弥を連れてきました。

意識は失っていますが、兄・実弥が生きているのを玄弥は確認します。

目を覚ました実弥は絶叫しました。

目の前で玄弥の身体が崩れ始めていたからです。

必死に玄弥の身体に触れ、実也は声を張り上げます。

大丈夫だなんとかしてやる、兄ちゃんがどうにかしてやると呼びかける声を聞いて玄弥は涙を流し、兄に謝ります。

兄ちゃんが俺を守ろうとしてくれたように、俺も兄ちゃんを守りたかった、俺の兄ちゃんはこの世で一番優しい人だから

そう言い残し、玄弥の身体は崩れてなくなってしまいました

泣き叫ぶ実也に悲鳴嶼は、無惨を倒すまでは終わりではないと告げました。

 

まとめ

兄を助けるため兄を追って鬼殺隊に入隊した不死川玄弥。

しかし兄は弟ではないと言います。

兄弟ともに鬼化した母と争ったために顔にキズがあり、強面に見えてしまいます。

家に入ってきて弟妹を殺したものが、朝になりようやく母だとわかった時、弟には人殺しと言われてしまいました。

その言葉のためにお互いの気持ちを素直に伝えることができないまま、黒死牟戦に突入してしまいました。

しかし兄も弟を守るために鬼殺隊に入隊したのでした。

お互いがお互いを守るために鬼と戦っていたのです。

実弥は弟の死を悲しむ間もなく無惨と戦いに行かなくてはいけません。

玄弥のためにも、生きて無惨を倒して鬼のいない世界を作って欲しいと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です